菅田将暉くんへのファンレター - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

菅田将暉くんへのファンレター    

 最近まったく泣けない。それはたぶん泣いている時間がもったいないからで、それほどまでに生活は忙しく、仕事はもちろんのことプライベートでさえもやるべきことで溢れかえっていた。そうしてすぐに月曜日はやってくる。月曜は菅田将暉くんのオールナイトニッポンの日だ。あっという間に一週間はやって来るのだから、おとといぐらいに放送されたんじゃないかと思うぐらいだけど、ちゃんと月曜と月曜の間わたしは存在していて、菅田くんだってどこかで『菅田将暉』として生きているはずだった。そんなのは誰だってそうで、全く連絡を取らなくなってしまったあなただって、あなたという看板を背負ってどこかで生活をしなきゃいけないのだった。たぶん、あなたは泣いてなんかいない。だってわたしでさえ泣いていないのだから。  あなたとお別れしてから眠れない夜が増えた。そんな夜は菅田くんのラジオを聴いてやり過ごしている。すると不思議といつの間にか寝ていて、朝にはぐしゃぐしゃになったヘッドホンが枕の横で添い寝しているのだった。菅田くんは映画やドラマでは標準語を話すけれど、ラジオでは大阪弁をしゃべっていた。調べると菅田くんは大阪出身で、その独特なイントネーションはとても心地の良いものだった。そうして東京弁で育ったわたしを安心させ、ついに夢の世界まで連れていってくれるのだった。それはたぶん、あなたが大阪出身だということとは全く関係ないと思うし、デートの待ち合わせで緊張していたわたしに「こんにちはー!15分遅れそうやわ、ごめんやでー。」って電話してきて、肩の力が一気に抜けたことは、もっともっと関係がない。そもそも菅田くんはきっと彼女を待たせたりなんかしない。だから今は菅田くんのファンだ。  きのう、菅田くんが主演している映画『サレ半島の夢』を観た。菅田くんはADHDと診断された男の子の役で、仕事でたくさんミスしてしまうのだけれど何とか周りの助けを借りて、無事に出世し彼女と結婚するハッピーエンドの映画だった。その役の子は、時間が守れなかったり、すぐに忘れ物してしまったり、段取りが下手で仕事もうまくこなせない。ラジオで菅田くんが「でもねー、僕思うんですけど、その主人公の子、めっちゃええやつなんですよ。めっちゃおもろいし、楽しいやつやねん。だから、僕もADHDのこととかようわからんけど、頭ごなしに怒るとかじゃなくてね、お互いのことを理解してね、一緒に楽しく生活していけたらなって思うんですよ。」それを聞いて全くその通りだと思ったし、菅田くんは本当に心が広くて大人だなと思って、ますます好感が持てた。人はひとりひとり違うし、目の前の相手を一生懸命理解して、共に歩みあっていくべきなんだと思う。それは全然間違ってないし、誰がなんと言おうと、覆されることのない人類のスローガンなんだと思う。  あなたはたぶん、ADHDだったんだと思う。医者じゃないから診断はできないけど、付き合う前の時期に「俺、たぶんそれやねん」って言ってて、わたしの反応をうかがっていたのを覚えている。ふたりでご飯食べようって言ってるのにその前に友達とお酒飲みすぎてベロンベロンになっちゃったことも、優先順位がつけられなくてスケジュールを片端から入れちゃって全然デートできなかったことも、スマホを紛失してしばらく連絡が取れなかったことも、なんだかわたしには何ひとつ理解することができなかった。分かり合おうなんて余裕はなかったし、逆にわたしのことなんか好きじゃないんだろうなと捉えてしまって、あなたのことが嫌いというよりも、あなたと付き合っている自分が嫌いになり始めていた。わたしには何の病名もついていないから、他人より自己肯定感が低いことも、神経症的で不安感が強いことも、あなたは知る由がなかった。     わたしもADHDになりたかった。そうしたら、あなたのアレコレもすぐわかって、上手くコミュニケーションを取れたのかもしれない。色々大変なこともあるのかもしれないけれど、あなたのことが分かるのであれば、きっとそっちの方が全然良かったのだ。だけどそんなことを言ったってもう仕方がなくて、わたしはわたしという看板を背負ってまた明日から生きていかなくちゃいけない。わたしは映画の中の女優みたいに、あなたと結婚するような器の広い女にはなれなかったし、人類が掲げるスローガンさえ守れなかった。結局、理想は理想としてしか思っていなくて、自分の人生はまた別物なのだった。この間、お付き合いしてくださいって言ってくれる人が現れたけど、今は菅田将暉くんが好きだからって言って断ってしまった。そうしてまたすぐ月曜日はやってくる。泣いている暇がないくらい忙しいけど、たまには明日、二度寝でもして寝坊しようかな。そうしたら、ちょっとはあなたのことが分かるのかもしれない。 ※この作品はフィクションです。実在の人物(俳優の菅田将暉さんなど)や団体とは一切関係がありません。


作成日時 2018-06-03
コメント日時 2018-07-17

菅田将暉くんへのファンレター ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 1626.9
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 58
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性88
前衛性88
可読性1111
エンタメ44
技巧2525
音韻11
構成11
総合ポイント5858
 平均値  中央値 
叙情性44
前衛性44
可読性5.55.5
 エンタメ22
技巧12.512.5
音韻0.50.5
構成0.50.5
総合2929
閲覧指数:1626.9
2021/10/28 05時00分08秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

菅田将暉くんへのファンレター コメントセクション

コメント数(3)
花緒
(2018-06-03)

クリエイティブ・ライティング系列の作品ですね。意図されたのかどうかは良くわからないけれど、※以下がすごいオチに感じられる。少なくとも、実在の俳優、菅田将暉をモチーフにしているはずで、菅田将暉に関しては、一切関係がありません、であるわけがない。 自意識を垂れ流してダラダラ書き連ねる系の文章で、リアリティだけはやたら強いわけだけれど、その全てが、最後に不可思議な宙吊りになっている。フィクションとして、書く文章なのか!?という???が読者に残る。ありそうでなかったタイプのオチではないだろうか。

0
柴田蛇行
(2018-06-04)

花緒さん、こんばんは。 コメントどうもありがとうございます。 ※以下がオチと感じられたとのことですね。 確かに菅田くんをモデルにはしているのですが、菅田くんが出演していると書いた映画(実際、サレ半島の夢という映画は存在しません)やラジオでのセリフなどは全くのフィクションですので、このような脚注を書かせていただきました。 ちょこちょこ嘘が混じっているにも関わらず、リアリティを感じていただいたことは喜ばしいことかもしれませんが、 結局脚注に全て奪われてしまったとなると、筆力不足を感じますね。 それか脚注を別の書き方で書けば良かったのか…。 うーん…。 お読みいただきまして、どうもありがとうございました。 しばらくの間、修行させてください。 よろしくお願いします。

0
藤 一紀
(2018-07-17)

こんにちは。こんなふうに「わたし」は何かにつけて架空の「菅田将暉くん」を登場させて、思いを馳せながら、それをダシにしつつ、「あなた」や「あなた」と「わたし」の関係のありかたを思い返して、前にすすんでいくのだろう、と考えてみました。そういうことってあります。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1