病者の社会的価値について考えさせられる一昨 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



批評対象
作品を読む

病者の社会的価値について考えさせられる一昨    

<批評対象作品>
陰謀大河小説「赤十字conspiracy」衝撃のノンフィクション!


私は人間の価値観として、水準に達しているものがあるとしたら、心が男の子のファンでいることだと思います。 肉体が男性のファンであろうと、女性のファンであろうと、同性愛であろうと、それを問題にする必要はない。 ファンであるということは、尊敬心があるということ。尊敬心があれば、そこへ近づくことが出来る。 心理面で女性のファンでいるということは、即答え、即答えの感情的な世界に生き続けていることを、賛美しているということ。消防車が、火を消しに行くとか、救急車が倒れた人を助けに行くとか、今すぐ答えがいる欲しいという人の話を間に受けると、和を乱すことになる。 火が燃えた時、人が倒れた時、対処療法が優先になる。しかし、価値基準で言えば、そんな時でさえ、長い目で物事を見ているかが問われる。根本的におかしいことに対処で済まし続けると結局誰も救えなくなってしまう。 女性を見る時、価値基準として、心理面で男の子のファンであるかを見ないと、失敗することが多い。 男が男の癖に、心が女の子のファンであることがある。 私が子供の頃、私は同級生たちの、感情的な言葉にとても傷つきました。 しかし、彼らはそれを論理的な言葉であると勘違いしていたのです。 男性的な言葉を持っている人は、非常に少なく、少しだけ思い出せるのは、彼らの中に、自分たちの馬鹿さ加減を見下し、俯瞰している面があることでした。それを楽しんでいるとも言えるけれども、どこかで知的なものへの敬意はあった。敬意がある以上、伸びる可能性がある。 肉体的な価値は資本主義の中で意味を持つもので、1番の優先順位は、福祉であろうと、資本主義であろうと、人間的な価値を持つ人間であることが一番大事なのです。 人間の価値というものが一番発揮出来るのがお芸術の世界です。 文学的な価値がないものが、票を集めている場合、そこに売春的な匂いを感じることは仕方がない。 言葉には喜劇的な面と、悲劇的な面があり、それを感情で捉えれば、論理が抜けた狂気の世界に身を投じることになる。 しかし、論理と感情を切り離して良いものだろうか? 法律に触れるような他者への侵害行為がある。 感情であるとか、身体肉体を守るための論理であり、法律であると考えるといい。男性が知的想像力により、人間を救うために、法の縛りがある。女性が、肉体によって人間を救う。そのために、保身を貫く。それを男がやる時、男の癖にという言葉が出るのです。それが人間の役割分担。 女の卑怯を許せない男は大人ではない。 精神病者の社会的価値について。 「殺人」よりも「強姦行為」を基準にして考えた方がわかりやすい。 殺人をして、精神病院に入院する男性は多い。 「強姦行為」をして、精神病院に入院する人は少ない。それは想像でわかる。 「強姦行為をした後、殺人をした」なら、異常性が確認出来ますが、動物的に 「強姦」というものに、異常性を感じない健常者は多い。 薬漬けにされて身体的精神的に虐待された病者の多くが善人であると考える私の思いはそこにあります。 男性優位で考えて、強姦の合理性を女性が許すでしょうか? 最後には女性の保身が、人間を救う。文明文化を考える時、私はそう思わずに要られないのです。 この詩作品の内容について。 非常にセンセーショナルな作品。 しかし、医療ビジネス被害を訴えていること自体は興味深い。 多くの人間が進んで医療ビジネスに首を突っ込み、そこに被害感情を持つことは少ない。 この方も進んでその道に入ったとは言え、後で騙されていたことに気づいたのだという。 警察と精神病院との癒着の描写もリアルです。 面倒な青少年。罪に問いづらい内容の問題を、警察が医薬品啓蒙のため、利用していることは、内海聡という医師の著書に名高い。 本当に他人に迷惑をかけるような悪漢は、警察は問題にしない。それは私が彼の経営するグループホームを見てわかったことです。夜中に喚き回し、私に暴力行為を働いても、スタッフも含め誰一人注意さえ出来ない。 馬鹿だから仕方ない。相手にするなの一点張りで、自分たちは一切近寄りさえせずに、私に一方的に近い位置を与え続ける。それが福祉の現場で起きている善人パワハラ。善人だと見ると福祉のスタッフはめざとく、悪人を押し付ける。作業中鼻息を荒げて卒倒しそうに話しかけ続ける男もいました。施設長は私にその人物を押し付け、文句を言うと誹謗中傷だと怒る。 むしょ暮らしが、精神病院よりマシなことが社会人にわかると、当然不都合な犯罪が続出することになる。 しかし、それを誰が嫌がるかと言うと警察が仕事が増えて、病院が賑わう。嫌なのは、善人だけです。 強姦だらけの世の中が今後生まれることもあり得る。 この作品の文学的価値を考えるとき、ドキュメンタリーとしての凄まじさを私は見ずにいられません。



病者の社会的価値について考えさせられる一昨 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 0
P V 数 : 304.9
お気に入り数: 1
投票数   : 0


作成日時 2023-11-23
コメント日時 2023-11-23

病者の社会的価値について考えさせられる一昨 コメントセクション

コメント数(0)

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2