元祖詩畜いかいか - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

元祖詩畜いかいか    

こんなことはないだろうか 深夜に首筋のあたりがびくっと震えて 背中に戦慄が走る 夢をみたわけではない 嵐の夜だというわけでもない 冷たい驟雨が屋根を叩いているわけでもない たぶん 元祖詩畜いかいかの影が 窓辺をよぎったような錯覚にとらわれて 漠然とした不安が去来したのだ 急いで手元のライターを弾くと 舗道に張り付いている噛みすぎたガムのような 黒くひらべったい影が 天井から窓へゆらっと走る 詩畜に怯えるわたしの手が震えているのだ 思えばすべてはあの詩畜がことのはじまりだった 思えばすべてはあの詩畜がぜんぶ台無しにしたのだ 思えばすべてはあの詩畜が暗黒の発端だった ああ 元祖詩畜いかいか いつまでまとわりつくのだ ふっと炎を消すと 戸締まりの部屋に、あるはずもない隙間風が 顎を撫でて通り過ぎる ゼンメツだ くわばらくわばら 南無妙法蓮華経なむみょうほうれんげきょ南無八幡 大菩薩お札(さつ)は好きだがお芋は嫌いだ おならがでるから南無八幡 成仏せよ元祖詩畜いかいかっ! 喝 布団をかぶって 8月31日の小学生のように 眠りについた 元祖詩畜いかいかの由来について話そうか あいつは 今では元祖詩畜を気取っているが 子どもの頃はいじめられっ子だった いつも公衆便所にこもって給食を食べ 公衆便所にこもってうとうと舟をこぎ もっぱら 左カーブ右カーブ真ん中通って ストライクという落書きを暗唱して 孤独な時間をつぶした これが詩畜のはじまりである 公衆便所の壁に愚痴を書くことが日課になった 元祖詩畜いかいかは おまんこだのちんこだのと書かれた 便所の仕切り板に ある日、こう書いた うんこより先に詩がある ちんこより先にことばがある まんこの前に歌わなければならない ただいま出発します 元祖詩畜いかいかとしてより大きな たくさんのうんこが集まる トイレの海に漕いでいく 小さな公衆便所よさらば わが故郷 わが肉親 わが柩 わが愛 おかあさんといってもいい 田舎の公衆便所よごめん ぼくはいかなければならないのさ これからは詩畜として生きる 恥がなんだ 糾弾がなんだ 後ろ指がなんだ まずはネットのお人好しどもを殺すのだ 愉しく詩を語らう者たち 殺すのだ 美しく言葉を紡ぐ者たち 蹴散らすのだ おれを賛美しない者は許さない このネットという大きな公衆便所の唯一者はおれだ 詩畜の中の詩畜として生きるのだ がーーーーーん! 天井が堕ちてきた 詩畜の妄想世界が吹き飛んだ 粗末な仕切り板が倒れ 爆風が元祖詩畜いかいかの尻をまくりあげた なんだなんだどうした イスラエル空軍の白リン弾やあ もうゼンメツやで ぴゅ~っ ぼ~ん いかいかは吹っ飛んだ 濃い紫色の夜の空に雪吹雪のような 筋がひとつふたつ ああ、きれいやなあ あれが白リン弾かあ、考えたこともなかった ひゅ~っ ぼぉ~ん また詩畜いかいかは吹き飛んだ その後の消息はいくらなんでもわたしは知らない


元祖詩畜いかいか ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 1295.5
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 615

作成日時 2023-11-01
コメント日時 2023-11-02
#現代詩
項目全期間(2024/06/18現在)投稿後10日間
叙情性503503
前衛性33
可読性9696
エンタメ1313
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント615615
 平均値  中央値 
叙情性503503
前衛性33
可読性9696
 エンタメ1313
技巧00
音韻00
構成00
総合615615
閲覧指数:1295.5
2024/06/18 01時30分22秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

元祖詩畜いかいか コメントセクション

コメント数(4)
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-11-01)

こんばんは。 そのフォーラム経由で、その他者のハンドルネームを使用した詩はいけない、ので その、私がそれを放置して、作品投稿したのは良くない、というので、仔細、この作品に 向きあったわけですけれど その、高次なコミューケーションではある。実際takoyoさんが誰であるのか、私は憶測の情報しか 知らないので、そうして、実際に誰であったとしても構わない、というのが私個人にあって問題であれば、これは今後、再思考、反省して、運営の議題の俎上に乗せますね、と、作者へリマイダーしておきます。 だって、読んだのだけれども、その、ちょこちょこ描写にそれは、他者を指してるならばともかく 反転した愛情に溢れているとしか読めないのは僕だけですか。 いかいか氏の思索なりはこれはもう飛行していて、追いつけないのですけれど そういったいかいか氏を指して、まあ確かに詩畜、というのはどうかと思うけれども まるで伝記上の怪異になぞらえて描写されること、そのされたことは誉れに値すると思うんですけれど。 だから何か、何度読んでも、それは反転した愛であって、フォーラムでの指摘 その、この作品に「限っていえば」他者のハンドルネームを使用して それは駄目なことでしょう、とは思えないんですね。でも謝ります。駄目でご免。

0
takoyo
takoyo
作品へ
(2023-11-02)

芸のない堅苦しい釈明になりますが、えー まず「いかいか」というハンドルについてですがこのハンドルは確かに5年ほど前にCeremony氏がこのサイトで使っている。しかしその後は「Ceremony」やほかの名で投稿しているので「いかいか」というハンドルは目下ないと考えます。まさか幾つものハンドルが同時有効とも思われない。またハンドルを離れた「いかいか」がネット上で登録商標されているとも思えない。だってこの「いかいか」は子どもを意味することばとして辞書にもあるからです。 https://www.google.com/search?q=%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%8B+%E6%84%8F%E5%91%B3&rlz=1C1TKQJ_jaJP1068JP1068&oq=%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%84%E3%81%8B%E3%80%80%E6%84%8F%E5%91%B3&gs_lcrp=EgZjaHJvbWUyCAgAEEUYHhg5MgsIARAAGAQYJRiABDIICAIQABgEGB4yCggDEAAYBBgPGB4yCggEEAAYBBgFGB4yCggFEAAYBBgFGB4yBggGEEUYPNIBCDMzODlqMGo3qAIAsAIA&sourceid=chrome&ie=UTF-8 デジタル大辞泉 「いかいか」の意味・読み・例文・類語 [副]《「いがいが」とも》赤ん坊が泣くさま。 また、その声。 おぎゃあおぎゃあ。 わたしは最初この詩を「元祖詩畜いがいが」にするつもりだった。分かる人は分かっていると思うがこれは人気マンガ『社畜!修羅コーサク』のパロディである。そしてこの『社畜!修羅コーサク』は人気マンガ『島耕作』のパロディである。『島耕作』の作者弘兼憲史は苦笑いしてこのマンガを黙認しているという。 辞書を引けばわかるが「いがいが」とは子どものことである。 わたしは「社畜」があるのなら「詩畜」もあると思いそして詩に埋没する子どものように純な存在「社畜いがいが」が大人の世界とどう関わるのかを書こうと思った。そこで「いがいが」が出てきた。「いがいが」とは「こども」のことで優先的には「いかいか」という表記でもある。「いがいが」ではちょっと語呂が悪い。そこで「いかいか」にした。人のハンドルを使っただのなんだのといわれてもわたしはそんなことは斟酌しない。「いかいか」氏のハンドルは「異化」から出ているのだろうがこちらは「子ども」である。そして「いかいか」ではなく「元祖詩畜いかいか」全部でひとつのタイトルなのです。ほんとうは投稿作品の裏話などしたくなかった。だれかのいうとおりそれはせっかくの作り話の世界をしらけさせる。しかし運営の「あやめ」さんを煽って「荒らし」よばわりしたユーザー?がそれが完膚なきまでに論破されて通じないとなると「いかいか」という語彙が入っているからと難癖をつけてこちらまで攻撃をはじめた。仕方なく説明をしておく。

0
田中恭平 new
田中恭平 new
さんへ
(2023-11-02)

おはようございます。 はい。その先のコメントの文意に裏打ちされた価値観を読んで下されば 確かに常識の問題であって、節度を持って投稿して下さい、というのもこれは僕の中にあることが 透けてみえると思います。 銀杏BOYZだったけ?ゴーイングステディだった頃か、峯田和伸さんが 歌詞の中に、「実名」を挿入して、非常に問題になった、ということがあります。 これは常識的に考えて、私はそうすべきじゃなかった、と思います。 確かに。 しかし、今回のケースでいえば、それは「ハンドルネーム」なのですね。 この差をどう、考えるか、扱うか。 確かに Ceremony氏の仰るとおり、もう、僕の判断基準が既に変にいびつになっているとすれば ちょっと冷静にさせて下さいということが言えます。 そのいびつさが何かと言われれば、そのなんでも常識に帰してしまって、それで表現は、いいの? ってことですね。 まあ、諸々のこと含め、ごめんなさい、と書いたのですけれど 作者・註も入ったことですし、注視しつつ、私は席を一旦立とうと思います。 失礼ながら。また戻ってくるかもしれませんが。 あえて重ねて書いておけば、─さんの価値観はそれはしっくり来ますね。

0
takoyo
takoyo
作品へ
(2023-11-02)

改めて読んでみたのですがCeremony氏の発言は憶測と勘ぐりだけを もとにする発言ですね。どこにも何の根拠も証拠もない。 あ、それぜんぜんきみの間違いだよといいたいところが一杯ある。 それより、そういう憶測と妄想と勘ぐりにもとづいてわたしについて の処分を話し合っているあなたがた。それも人の投稿作品の場所で。 どういう権利や資格のもとにやってるの? 「-」氏もね、ここを辞めようが何しようがわたしの投稿の場所で 発言してどうしたいの? わたしが知らなければならないことでしょうか? 辞めたければかってに辞めればいいのに人さまの投稿した作品コメント欄で 宣言することでしょうか。 わたしの処分は運営でまだ決まっていないのに、三人とも自らここの規則を破って わたしに一言の断りもなく土足で入り込んで作品をそっちのけで処分を話し合って お邪魔しましたもいわず去っていった。何様のつもりですか? この一事からしてもあなた方がここでわたしを裁く権利なんかない。 田中氏はCeremony氏や「ー」氏にフォーラムに移動するよう注意もできなかった。 いまだに唖然としています。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1