作品 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

作品    

※この作品は犯罪や暴力、いじめ、性的嫌がらせなどを推奨するものではありません。この作品での行為をご家庭や学校、職場で真似することは絶対にしないでください。また、この作品での行為を仮想空間で行うことは法律で禁止されていますので絶対行わないでください。 ※この作品は人種差別、障害者差別、性的少数者への差別、女性差別、男性差別、宗教差別、階級差別、個人の思想に対する差別、人工知能および人工生命に対する差別、容姿や体型に対する差別を推奨するものではありません。また、特定の思想や信条、容姿、行動やそれらの主体の優位性を主張する作品ではありません。 ※この作品に登場する人物は全て架空の人物です。また21歳未満の登場人物は存在していません。この作品の登場人物は全て証明書付き人工子宮が出産しました。証明書を確認される場合は作品ウェブサイトにアクセスしてください。 ※この作品は食べられません。お子様やペットに与えるのは大変危険です。妊娠中の女性や高齢者の方の健康を害する危険性もあります。ご利用いただく際には延髄からゆっくり注入し、呼吸を続けながら息を止めず、作品への集中を切らさないでください。 ※この作品内に、小説や戯曲、評論、エッセイなどの言語表現のような論理性、整合性を見出すのは大変危険です。また、音声、画像などのメディア情報や、触覚、嗅覚、味覚などの官能情報に変換することは推奨しておりません。文字情報で構成されている作品がすべて人物や感覚を表現しているという先入観は、作品の解釈を見誤る恐れがあります。


作成日時 2017-12-19
コメント日時 2017-12-26

作品 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 225.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 4
項目全期間(2020/06/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ10
技巧20
音韻10
構成00
総合ポイント40
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ11
技巧22
音韻11
構成00
総合44
閲覧指数:225.7
2020/06/02 06時44分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

作品 コメントセクション


コメント数(7)
蛾兆ボルカ (2017-12-19):

今日は。 昨日、うちの子供が「有名人の顔を描く」と、いう美術の課題で、誰を書くかという話をしていて、美男か美女で、しかもアイドル歌手は外したいと言うので、私はフランスの新大統領とかどう?とか、ドストエフスキーか夏目漱石は立派で良いのではないか、どう?とか勧めたのですが、やはり若く、しかも個性的な顔の人が良ろしかろう、という話の流れになりました。 僕はジェームス・ディーンやアル・パチーノを勧めたのですが、子供はそんなやつ駄目だと言う。もっとカッコイイやつがいい、と。 そしたらすかさず、妻が映画「時計仕掛けのオレンジ」の主人公の青年を勧めました。あの三角形のポスターのやつです。それで困ってしまって、皆でビックリしたり、確かにあの目つきヤバイよね、とか話したり、それなら草間彌生さんの若い頃とかどう?と、団欒しました。 で、この作品のなかの「この作品」ですが、文字作品ですよね。でも映画に喩えたら、僕はなんか「時計仕掛けのオレンジ」を思い出しました。 あれ、うちの夫婦間では傑作扱いなんですが、家庭教育には向かないよなあ。一般向けにあれの愉しみかた注意事項を書くとしても難しいけど、この作品みたいな感じになるかもしれない。 作品としては、食べられないので延髄から入れてください、と、いうところで、作中の「この作品」の謎感が増して、その後も途切れずラストまで連れて行かれた感がありました。

0
李沙英 (2017-12-19):

こんばんはよろしくお願いします ものすごい劇物のような作品ですね、何度も何度も注意書きされ こういう形態の詩をはじめて目の当たりにしたもんですからびっくりしました しかし読めばただの注意書きに非ず更に深みへと誘うので こちらは戦々恐々です。

0
カオティクルConverge!!貴音さん (2017-12-19):

昔、テレビを見るときは~って説明が詩になると思い ヅラヅラと書いた事思い出しました。 とっても微妙な詩だったので この詩の様に書き直したいと思いました。 変な感想ですみません。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-12-21):

>※この作品は犯罪や暴力、いじめ、性的嫌がらせなどを推奨するものではありません。この作品での行為をご家庭や学校、職場で真似することは絶対にしないでください。また、この作品での行為を仮想空間で行うことは法律で禁止されていますので絶対行わないでください。 よくありそうなフレーズに仮想空間が加わっているのはジャブで、 >※この作品に登場する人物は全て架空の人物です。また21歳未満の登場人物は存在していません。この作品の登場人物は全て証明書付き人工子宮が出産しました。証明書を確認される場合は作品ウェブサイトにアクセスしてください。 ここら辺が面白いですね。単純なメディアの配慮みたいな物だとよゐこの濱口とかがテレビでショートドラマにしてたりとか前例は一杯あるとおもうんですが、この作品は結構先の事をやっていて、人工子宮持ち出してきている所が面白い。用はレプリカントみたいな存在がいて、それらは人に作られた生き物であって、物語の為に作られた人間みたいで、逆に怖い。自分たちの作ったキャラクターに殺されそうな気もしますが、ともかく。倫理的であるかのように見せかけて、色々な逃げ道を塞ぎながらきっちりとはけ口も作っているという感じがします。 >※この作品内に、小説や戯曲、評論、エッセイなどの言語表現のような論理性、整合性を見出すのは大変危険です。また、音声、画像などのメディア情報や、触覚、嗅覚、味覚などの官能情報に変換することは推奨しておりません。文字情報で構成されている作品がすべて人物や感覚を表現しているという先入観は、作品の解釈を見誤る恐れがあります。 ここら辺も面白いですね。じゃぁなんの為にこれは存在しているのか、みたいな所を付いている。まぁ、こういったアプローチは既に色々な所で為されている感じもしなくないのですが、ビーレビューで面と向かってやったという意味では初めてじゃないのかなぁと思いました。レスを書くという行為は、この詩が抱いている「恐れ」に対して飛び込んでいく事に他ならないし、それでもやっていくだけみたいな回答は一応置いておこうと思います。

0
アラメルモ (2017-12-21):

はじめからこのような注釈が加えられていれば作品への解釈は容易です。 感想で何を言われてもそれは違うと返答もできる。 読み手が主観的にものを語れば、書き手は客観的な返答で頷くこともできる。結局答えなんて存在しないのが作品でもあるわけです。なのでここには作品も存在しない。批評に対する皮肉のようなものですね。鋭いです。

0
渡辺八畳 (2017-12-21):

漫画家の和月伸宏が逮捕された時、私も    児童ポルノに対しての論考 ※この詩はその内容から筆者が児童ポルノを所持していると判断されたため当局により非公開処置がとられました。 という詩を思いついた。先に公開しときゃよかったな。 ただなぜ公開しなかったかといえば、恐らく詩の轢死の中でこういった手法は既に行われているであろうことが予測できたからだ。 アイデア勝負系の詩はそれが怖いよね。この詩も似たようなのがネットをほじくれば出てきそうな気はする。 でも三連目とかはオリジナリティあると思う。過剰な注意書き。そして、そもそもオリジナリティってなくちゃいけないの? という問いにもぶつかる。

0
花緒 (2017-12-26):

詩形がトリッキーであるがゆえに、読者の注意を引くことに成功していると思いました。その一方で、ハードルも上がってしまうと思うので、読者の期待の斜め上には行っていないなというのが、わたしの率直な感想です。発想の飛躍が十分ではない気がしました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1