雨に溶ける - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

雨に溶ける    

 雨が降っている。ぼやけた景色から、潮の匂いが、むわっときた。霧吹きで汗を掛けられている気分になった。立ち眩む。デジャヴという言葉が、ブラウン管のノイズのようだ。アニメで見た、液状になった人類の交合。魂の限りない平衡を、主人公は拒んだのだっけ。  空いっぱいの暗さが、目に映っていたものたちに伝う。雨が色を流す。いや、色が雨に流れていくのか。シンナーを吸っていた同級生がいたな。あの子の化粧はピエロのようだった。わたしのあげた香水、付けてたのかな。  透明に黒ずんだフィルムが、まわる。幾筋もの影が交錯している。安物のピンク映画のように思えた。父の部屋は暗かった。窮屈だった。これ、いつの靴だっけ。こらえられなくなって、蹴とばすように脱いだ。実際、転がっていった。母もあんな風に倒れた。すぐに、くつ、という綴りだけになって、色や形なんて跡形もない。ほんとうに見えなかったんだ、蒸気は。  香りがする。痺れるような甘い香り。頭の奥に稲光がはしる。どこに落ちたかな。 〈いいえ、あなたが、かえったの〉  懐かしい声がする。背にしたドアが冷たい。あの子がなおも囁く。 〈あの香水、覚えてる?〉  白い花が揺れている。水仙。ああ、甘い香り。鼻をつけて、大きく呼吸を繰りかえした。もげてもいいと思った。脳が熟れた果物だっただなんて、知らなかったな。 〈あなたのお父さんだって、咲き誇っているわ〉  雨が降っている。摘みに行かなきゃ。いやだ。一歩でも踏み出せば、どうなるの。土に還るの? 〈ちがうわ、あなたはまだ知らないだけなの〉 〈そうだ、お前はあいかわらず馬鹿なんだな〉 〈お母さんもそう思うわ、さぁいらっしゃい〉 雌しべと雄しべから、数え切れない水仙が咲いた。鼻が痒いと思えば、目が弾け飛び、発酵しすぎた脳が飛び散った。水仙は、けれど白いままだった。極彩色! 狂女がわたしの体へ放尿する。蛆を勃起させた父が、青白の母と交わる。骨と皮が擦れて喧しい。わたしは茎を膣に突っ込んで、処女膜をなぐさめた。(そゆなものがあったっけ!) 仰け反って頭は天を仰いだ。静かに、雲が蟠っていた。稲光がわたしへ抱きついてきた。  色が褪せていく。雨は止んだ。灰色。ただの灰色。灰色だけの空。頭を横にたおす。花が落ちていた。いや、泥まみれの靴だった。笑ってしまった。土はすこし苦かった。起き上がろうと手をついて、水仙を握っていたことに気がついた。もう、ぐちゃぐちゃだ。これじゃあ、もう嗅げないなあ。どうしようか。また取りに行けばいいか。きっと父の上に咲いているんだもの。一、二本でも手折って、母さんのところに行こう。きっと喜ぶだろうな。  空が晴れてきた。起き上がって靴を履く。そういえばこれ、香水のお礼だったっけ。人肌の泥は気持ち悪かった。潮の匂いがして、わたしはよろめき、足を挫いた。無性に悲しくなって、水仙を食んだ。やはり香りはしなかった。ただ、口いっぱいに不快感がひろがっただけ。  でるだけの唾を吐き捨てた。苦い、臭い! こびりついている。  空が青い。当分、雨は降りそうにもなかった。


作成日時 2017-11-21
コメント日時 2018-02-08

雨に溶ける ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 722.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:722.5
2022/09/28 13時09分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

雨に溶ける コメントセクション

コメント数(7)
花緒
(2017-11-21)

興味深く拝読しました。この手の散文詩なのか小説なのか、ジャンル横断的な作品は興味を引きます。文の流れが良い感じがしました。他方で、だっけ、とか、かな、とかいう語尾が、作品を不必要に甘ったるく見せているような気がする。初読の印象です。もうちょっと何度か読みたい感じがしましたが、取り急ぎ。

0
新染因循
(2017-11-22)

花緒さん ご指摘の部分は、わたしの内面の混乱を独白調によって表す、という目的があった箇所です。しかしそこが浮いているということも事実であります。 ありがとうございます。

0
右肩ヒサシ
(2017-11-23)

新染因循さん、こんにちは。 >わたしは茎を膣に突っ込んで、処女膜をなぐさめた。(そゆなものがあったっけ!) 仰け反って頭は天を仰いだ。静かに、雲が蟠っていた。 ここの部分がとても好きです。あとの部分はどこか定型的で、整いすぎているように読めてしまいました。

0
新染因循
(2017-11-23)

Migikataさん こんにちは。整いすぎ、ですか。もしかしたら陶酔、とするには理論的な語の力に頼りすぎているから、そう感じるのでしょうか……。 ありがとうございます。

0
5or6.(ゴロ)
(2017-11-23)

ビート詩ですね。時代背景は今の感じはしなかったのですが、シンナーのあたりとか、しかしながら雨の中のモワッとした感じは伝わりました。 良かったです。

0
まりも
(2017-11-25)

暗さから灰色へ。 香・・・というよりは、匂い、臭いが喚起する官能、身体的な表現を多用することによる迫真性。 意欲的な作品だと思いました。 純白のものを汚していくというイメージ、靴が醸し出すフェティッシュなエロスをかなぐり捨てつつとらわれている(とらわれにいく)ような能動性。 作者が男性か女性か不明なのですが、男性視点で、女性に顕著と言われる身体感覚や生理感覚を縦横に駆使して、死(あるいは死に至る官能)に犯される母、未だ死に侵入されていない自身を、あえて死にさらしていくような能動性。 実際の死を望むということではない、死に匹敵するような官能を激しく望みながら、どこか醒めた視点で見つめている(見定めている)精神の有り様を感じました。 陶酔と混乱の世界に「行ったっきり」にならず、現世に帰還してくる筆力にバイタリティーを感じます。

0
新染因循
(2018-02-08)

5or6(ゴロちゃん。)さん ビート詩、たしかに陶酔によるからそうでしょうか。シンナーはわたしもあってないなぁと思ったのですが、以前天王寺でコンビニの袋をすーはーしてる人を見かけて、あ、まだ有機溶媒は現役なんだなぁと思ったので用いました。もっとも時代背景はあまり関係ないのですが。レスありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1