作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一



詳細設定を開く

アフリカの人、置き去り計画(エチオピアVer)

 neue Ära records
 4   412.1   0   0 

結婚していることだけでなかった 相手が不法入国者だとか 成田空港から先の出来事は 日本に戻った亜咲美から訊いた話で そのはじまりはダニーの悪知恵 でもそれは悲しい気持ち 従うことを約束したダニエル 強制退去命令に うんざりしたダニエル・タデ......


作成日時 2017-05-02

希望灯

 田中恭平
 4   320.2   0   0 

頭の辺りに僕の血が帰る、 飛散、していた血が帰り 冷静となり 耳に冷たい花をつける 二人は口づける 鳥の嘴のようにカチリ、と 憂鬱と、怒りと 種は蒔かれる、 僕は哀しくなる。 生きているのが許せなくなる。 自分のことだ、、、 ......


作成日時 2017-05-01

リボン

 ゴロ(ちゃん。)
 5   328.9   0   0 

あらためてあなたたちのあいだに歪ませながら移動するだけなのです スカートを螺旋上にさせながら プリオンの少女達が公園のベンチに座る すべての瞳は マネキンの瞳のように 何かを諦めながら リボンを結ぶ中指に委ねている 恥じらいの色にも見えた身近な印......


作成日時 2017-05-17

外灯

 塚本一期
 11   415.5   0   0 

あさの四時に ごみ捨てにいって そのかえりに ひろばに立って 芝生をみていた 芝生は夜の青色とか もってうまれた緑色とか それと外灯のあかりと混じって ふしぎにひかって 立っていると こどもになっているというか 生まれると おもって ......


作成日時 2017-05-14

距離

 tatsuhikoKAWABE
 3   349.6   1   0 

天国の残りは青かった。高い塔の先は星の形をしていて黒い影は見渡す街を眺めている。空は群青色で星は遠くにある。月は横顔に笑顔を浮かべて白亜紀の夕暮れに思いを馳せて、大きな橋は小さな川の上にかけられて街の灯りがグラスのスコッチに揺れている。差し出された手は二つで、......


作成日時 2017-05-23

落ちていく

 tatsuhikoKAWABE
 7   317.6   0   0 

夜のカーテンのように、深夜のゴルフセンターがその巨大な姿を寝静まった街に立ち上がらせ、そしてゆっくりと視界の背後に消えていく。国道のセンターラインは映写機の秒読みを続ける。3 3…  …3 22   ………。法廷規則限界の直向さでサイレンは前方を走り続ける。や......


作成日時 2017-05-23

ラストダンス

 武田地球
 20   413.8   0   0 

音楽は流れていない、人の気配もない さっきまで、かみさまの慰める声がしていた 最早、届かない さいきんブラックコーヒーが飲めるようになったんだったと どうでもいいこと、ポツリとした 得体の知れない綺麗なものたちは、 とっくに死んだか、 は......


作成日時 2017-05-22

救いようのないバカの缶詰

 タムラアスカ
 10   330.5   0   0 

目障りなダイナマイトを補給するミラクル 流布した君のうわさあれこれ 劣等感を捏ねて丸めてフロントドア あこがれのあの人は住む世界が違うんだって 手練手管の限りを尽くしてもダメ 目障りなスタンガンを保存するミネラル 類義語で我々は説明されるようだ......


作成日時 2017-05-22
投稿作品数: 100