Individuality - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Individuality    

バカじゃねぇの 何聞いてんだよ わたしがあなたを嫌いって言うわけないじゃん 根も葉もない噂が世界中を駆け巡り それが すぐに誰かを傷つけてしまう 今の時代 思ってもないことが拡散されるから 誰かのツイート いつも気にしてる -典型的な現代人- 誰かと違うことがしたくても 誰かに押さえつけられてしまう 果てなき同調圧力 わたしは 夢を捨てなければ… 生きていることすらも許されないんですか!? 愛も捨てろ 夢も捨てろ 自分を捨てろ 理性を捨てろ 想いを捨てろ すべてを捨てろ 社会の歯車として働くことを強要され 個性は死んでいく 「個性を大切に」 「個々の力を」 大人は叫ぶ… だけど わたしたちは とっくに気付いているんだ 「活かす気なんかないんでしょ」 「どうせ、わたしはお前の駒でしょ」 不満ばかりが募り続ける毎日で 変わることを 拒み続ける人たちに 怒りをぶつけることさえも 許されずに 願いを捨てろ 涙を捨てろ 感性を捨てろ 勝手に変えるな 自分を変えるな そのままでいろ 何も求めるな ずっと働け 働き続ければそれでいい 人生のボスは…あなたじゃないのに 強制的に別れさせられて 涙さえも封じられて 別れた恋人たちの顔が思い浮かぶ度に 社会の駒でしかない自分が虚しくなる あの頃の やさしい社会に戻れなんて言わないけど せめて 少しだけでいいから涙を流してもいいですか? わたしがわたしでいることに躊躇いたくないんだ! あなたがあなたでいることに躊躇わないでしょ? それと同じですよね 意志を捨てるな 自分を捨てるな 声を上げてみろ 怒りをぶつけろ 夢をぶつけろ 未来にぶつかれ 嫌われても構わない あなたに好かれても意味がない 惰性を捨てろ ため息を捨てろ 躊躇いを捨てろ 誰かの目を気にしなければ 生きていけない世界なんて そんなの 生きてる価値ないです どうか…自分らしく生きさせてください これがわたしの願い -今日も目の前で、個性が死んでいく-


作成日時 2017-05-25
コメント日時 2017-05-28

Individuality ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 341.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:341.1
2021/05/07 00時48分24秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Individuality コメントセクション

コメント数(3)
花緒
(2017-05-28)

この作者の作品は好きなのがいくつかあるけれど、本作は多分、世代が違ってしまうと通じないタイプのもののような気がします。作者が言いたいことが、表面に出すぎているので、メッセージに共感してくれる読者しか楽しめない、という弱さがあるように思います。わたしは、この作者より、俄然年上だと思うので、わたしには、愚痴にしか聞こえない一作でもあります。もう少し難解な虚構を作ってみてほしい、捻ってみてほしい、という気がしていまいました。無論、通じる奴にだけ、通じりゃいいんだよ!と言う創作態度も、一概に否定されるべきではないと考えます。相手によっては好評にもなると思います。基本的な筆力を感じさせる作でもあるので。

0
まりも
(2017-05-28)

前半部分は、題名の解説のような印象を受けました。 後半は、リズムを取りながらシャウトしていくような感じ、なので、もしかしたら音源と共に聞くと、かなりのインパクトを持って迫って来る作品かもしれません。 〈強制的に別れさせられて〉この連から先、ロミオとジュリエットのような設定が前提となっているのか、あるいは、YUUさんの周囲で、恋人を別れさせるような強制力が働いているのか・・・このあたりは、個性の発揮、といったテーマからは、少しずれるのかな、と感じました。 個性を発揮しなさい、とタテマエを言いながら、規範から外れたり、常識から離れたり、突拍子もないことをしでかしたりする「個性」は、「異常」「迷惑」「協調性がない」と否定されるのは世の常。 どこまでの範囲でなら、自由な個性の発揮は許されるのですか、と逆に問いたくなるかもしれませんね・・・実生活における行為や行動は、社会規範の内においてなされるとしても(他者に迷惑をかけない、というのは、これは自己表現に伴う義務でもあります)、そこで感じている抑圧や同調圧力への反発、抵抗心、そういったものを原動力にして、ぜひ、ぶっ飛んだ作品、を書いてほしいと思います。 YUUさんの今回の作品は、詩論的な詩、個性ってなんだ?ということへの、自分なりの思索の詩、だと思います。それを、エッセイや論文の形で書かずに詩の流れに乗せていく、ためには、説明的な部分をカットして、名詞や動詞で刻んでいくリズムを作りだす、というような(そのような工夫は、もちろん既になされていますが)より一層の工夫が必要になるかもしれません。

0
坂岡ユウ |Yuu Sakaoka
(2017-05-28)

・花緒さん この作品は、もし音楽に例えるとすれば、シングルのB面曲か、単なるアルバムの収録曲という扱いになるでしょう。あまりにも、自分をまっすぐに投影しすぎているから。花緒さんの言われていることは基本的に間違っていなくて、今の自分が置いている環境で周囲を見渡した上で、そこで感じたことを「詩」という形で作品にしたものです。もちろん一部はフィクションだけど、ノンフィクションの割合も限りなく高い。これからどんな趣きの作品を出していくかは決めていないけれど、個人的には「これまで」と「これから」の間に挟まれた、異色作になりそうな気がしています... ・まりもさん ちょっと、これまでのものとはパターンを変えたので、戸惑われたかもしれません。ノンフィクションに限りなく近い、フィクション。わたしは、この作品をこういう位置づけで書きました。欅坂46の「サイレントマジョリティー」に近いかもしれない。現代社会への警鐘というか、それを身近な感じに置き換えたもの。自分は高校生なので、もっとも近い社会は学校。そこに対する感情をフィルターをなるべくかけない形で、ほぼ直球でぶつけた作品...という風に書いておきましょうか。とはいえ、過度期の作品であることは間違いないので、何年後かにもう一度読み返していただければ、少し印象は変わってくるものがあるのかなと思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1