虫送り - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

虫送り    

花瓶にいれた白い花が 慈愛のように蜜をしたたらせる日 わたしは罪とともに 杉の小枝を焼く 風に衣服は洗われ 沈黙は煙となって消えさる ユリの花が咲く 農民は太鼓を打ち鳴らし 虫を追う 水と血にみちびかれ わたしが死の国に行けば 死の影には神がすわる 履きなれた運動靴にも灰色の夜があり 木も草も花は咲かない暗い海へ たいまつの炎をかかげ 髪を指でとかし  ありのままで向かう 死者を言葉の力で呼びだし 火に酔い 言葉のない者の声と 燃える太陽を待つ わたしは追う者であり追われる者 こころのなかで空にむかってさけぶ 迫害する者から 魂が卑しめられませんように いのちに感謝することができますように   

scroll


作成日時 2022-07-12
コメント日時 2022-07-16

虫送り ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 884.3
お気に入り数: 2
投票数   : 8
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き #受賞作 #受賞作
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:884.3
2022/09/28 12時51分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

虫送り コメントセクション

コメント数(19)
九ノ調  モモ
九ノ調 モモ
作品へ
(2022-07-12)

特に、第三連が、表現が1つ1つに力があって好きです。 始まりの >履きなれた運動靴にも灰色の夜があり など、ハッとさせられる魅力がありました。

1
福まる
福まる
作品へ
(2022-07-12)

とても幻想的でこの世とあの世を繋ぐ道を見送られながら進み転生していく姿が現実と重なって悲しくなりました

1
いすき
作品へ
(2022-07-13)

強い神、美しい神、死の神をイメージすることは難しくないが、影にすわる神はイメージも説明も難しい。つまり妖怪で、死を司るというほどゴージャスではない。しかし、それでも神だということ。そういう人生を歩んだ人にしか見えない。

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-13)

読ませて頂きました。 う~ん。率直な感想ですが、それが作者さまを不快にさせるようでしたら先にあやまっておきます。 どうせろくな詩も書けないこのわたしの個人的な感想なので歯牙にもかけないでほしいのですが、 まず、タイトルの語呂がちょっと悪いような気がしました。「むしおくり」.....せっかく格調高い詩なのに ちょっともったいないなとおもいました。 おそらく作者さまもこのタイトルですこし思案をめぐらされたのではないか。そうでないなら謝ります。 次に本文ですが たしかに巧く彫刻されているが、たましいは入っていない。信仰心のない仏師が見よう見まねで荘厳な仏像を彫ったような そんな気がしました。すべてなんらかの経典の一節のようで、うつくしい文言が散りばめれられているのですが なぜだろうか、まったくこち側に届いてこない。 おそらく作者さまはこういう詩の文言は目をつむっていてもさらさらと書けるのではないでしょうか。うらやましい。 わたしにはとても書けないことばですが、でも、仮に書けたとしてもわたしは書くことに躊躇する。 なぜかというとあまりにもうつくしくて倫理的だからわたしには書けない。書けばウソになる。    わたしは追う者であり追われる者 まるで聖書の一節のようなうつくしい言葉です。でも、ほんとうにそう思っているのでしょうか。 ほんとうに追われる者とはどんな者であるかわかっているのでしょうか。あるいは 追う者とはどんな者であるか。ドラマや小説で想像できるイメージではあるけど、なにかしら あまりにもわたしには出来合いのうつくしい倫理のことばのようにおもえてなりませんでした。 これはわたしの想像ですが何か感動するような本か映画を最近見られたのではないでしょうか。 その高揚した気持ちを、手慣れた手腕で書かれたのではないかと愚考しました。間違っていたら今のうちにあやまっておきます。 辛口というか無能者のかってな放言、失礼しました。どうかお許しください。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-07-13)

内容は好きで共感するテーマですがリアリティが欠けているように感じました。もうちょっと詳細に踏み込んだ部分があるとよかったような気がします。きれいだけれどすこし大味になってしまっていると思います。一連が好きです。さらっと書かれたのかな。基本はお上手です。

1
AB 脂喰坊主
作品へ
(2022-07-13)

虫送りの情景、音、においを感じながら、魂のこめ方が丁寧で、私は文学っていうのがよくわからないのですが、文学的に高められているのはこういうことなのかなと感じます。最終連とても好きです。無粋ながら、私の住んでた場所の虫送りの(あまあまの)過去作を投稿しました。

1
ほば
作品へ
(2022-07-13)

履きなれた運動靴にも灰色の夜があり この一行は誠に語り手の実在性を感じました。全体的に非常に熟れた手つきである事が窺える端正な作文ですね。 虫送りは一般的に害のあるものを外に追い出す呪いであり、駆除された虫の霊を鎮魂する、地域によってはさねもりさんなどと呼ばれて歴史上の人物の慰霊も兼ねていると読んだ記憶があります。この作品はそうしたイメージをなぞっているようですが、そこにこの書き手固有のものがあまりに感じられず端正だけどふわふわと現実から浮き上がっているように思えました。幻想的にみえて空想で終わっていないでしょうか。コメント冒頭の運動靴の一行は本当に良かった。更なる掘り下げがこの書き手には望めると思い否定的な面も含めてコメントさせて頂きました。

2
河上類
河上類
作品へ
(2022-07-14)

素晴らしい作品だと思いました。第一連はフランス象徴詩のような趣きがあり、美しい風景が描かれています。第二連と第三連では第一連とは打って変わって死者のイメージや火のイメージが現われます。お盆など祖霊信仰の儀式と関連しているのでしょうか。第四連では魂の安寧を祈ると同時に、翻って自分の生き方を見つめ直していると読めました。 全体を通してモチーフが一貫していて、描写が丁寧で、良い作品だと思います。調べてみると、「虫送り」という豊作祈願の行事があるのですね。

1
ふかお
九ノ調 モモさんへ
(2022-07-16)

気にいってくださった表現があったようで嬉しく思います。 お読みくださりありがとうございます。

0
ふかお
福まるさんへ
(2022-07-16)

この世とあの世を行き来することは、昼と夜を行き来することと似ているかも知れませんね。 お読みくださりありがとうございます。

0
ふかお
いすきさんへ
(2022-07-16)

影に座る神は妖怪なのでしょうか、鬼なのでしょうか。日本では人知の及ばない力を、神とも呼ぶらしいです。 お読みくださりありがとうございます。

0
ふかお
室町礼さんへ
(2022-07-16)

モチーフは虫送りという行事ですが、遠い国で続いている戦争のことを思って書きました。 お読みくださりありがとうございます。

0
ふかお
湖湖さんへ
(2022-07-16)

視点にクローズアップを加えてもよかったかも知れません。 お読みくださりありがとうございます。

0
ふかお
AB 脂喰坊主さんへ
(2022-07-16)

ABさんの作品も素晴らしく、リスペクトします。情景が素敵でした。 お読みくださりありがとうございます。

0
ふかお
ほばさんへ
(2022-07-16)

たしかに空想ですね。僕は戦争とは関係のない生活をおくっています。それでも、人と人にまつわるゴタゴタは、おっさんなので結構、実感しています。 お読みくださりありがとうございます。

0
ふかお
河上類さんへ
(2022-07-16)

褒めていだだき、正直、嬉しいです。理解者がいてくれてホッとします。河上類さんの書かれる詩も良い

1
ふかお
河上類さんへ
(2022-07-16)

文章が途中で切れてしまいました。失礼しました。 お読みくださりありがとうございます。

1
エイクピア
作品へ
(2022-08-01)

朝顔氏の評を読んでからこの詩を読んだのですが、 「わたしは追う者であり追われる者 こころのなかで空にむかってさけぶ」 この二行が印象的です。祈りなのかもしれません。

0
エイクピア
作品へ
(2022-08-06)

ふと一連目の行為は、お盆の送り火や迎え火と関連が有るのかと思いました。2連目で百合の花が咲き農民が太鼓を打ち鳴らし、虫を追い死の国まで行ってしまう。3連綿と4連目からは祈りが感じられます。命に対する感謝。命賛歌。死者の国で、何か恐ろしい事が有ったことを示唆して居るのかもしれません。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 4