遠き火をみつめて - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

遠き火をみつめて    

あそこを目指していたはずなのだ 臍の下あたりで、眼球のうしろで わたしのいつ果てるかわからない 火が求めている、高くも低くもない わたしの先に常にあり 水の中にも夢の中にも泥の中にも 遠い火はたしかにあるのだ ある時は触れ合う穂先とゆび先に ある時は喉もとの汗の震えるしたたり ある時は水平線にふいに消える漁り火 そして父であったり母であったり 兄であったりする、時に憎しみさえ 抱くというのに愛して止まないのだ 病床に伏してみる天井の先の先の空を 飛ぶ鳥の羽根の一枚に宿る火をみつめ 身の内にある火が燃え盛る夜に熱い息を 吐き出す、火が逆巻く、痛みが、泣いて いる、死に向かっていく細胞の燃焼が 遠い火を求めている、灰になっていく 遠い火をみつめて のばした手は静かに震えて まだ灰にならない爪先が 夜明けを指差していた

scroll


作成日時 2020-03-08
コメント日時 2020-04-12

遠き火をみつめて ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 1372.6
お気に入り数: 4
投票数   : 0
ポイント数 : 50
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/01/20現在)投稿後10日間
叙情性1818
前衛性00
可読性87
エンタメ20
技巧65
音韻88
構成88
総合ポイント5046
 平均値  中央値 
叙情性2.62
前衛性00
可読性1.11
 エンタメ0.30
技巧0.91
音韻1.10
構成1.10
総合7.14
閲覧指数:1372.6
2021/01/20 06時16分17秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

遠き火をみつめて コメントセクション

コメント数(17)
トビラ
作品へ
(2020-03-08)

この作品、すごくいいですね。 個人的には、今、プロで活躍されている作家さんのものより、ずっと好きです。もっとも、プロの作家さんの作品をあまり知らないのですが。 書かれている言葉に、人肌の熱や信念を感じますよ。

0
夜野 群青
作品へ
(2020-03-08)

この詩を読めてよかったな、というのが正直な感想です。 ワインとチーズの詩も好きで痺れたんですが(既成のモノに被せて良いのか躊躇しますがJOJOっぽくて気持ちよかった)この詩はしみじみと染みました。 ただひとつの感情のみについて語られ、それが生きる糧であり生と死に繋がっていく感覚が心地よかったです。 何一つ難しい語句はなくシンプルなのに、人の根源的な部分を突いてきて、壮大な詩ができあがっている、と思います。

0
黒髪
作品へ
(2020-03-08)

良い時間を持てました。火の美しさ、火の静かさを、感じました。この詩は、とても好きです。技巧も感情も良くて、 イメージが透明で癒されるような詩だと思います。雑事を忘れさせ、現世界と可能性について思いめぐらされるような、 精神性の高い詩だと思います。言葉の使い方も、イメージの使い方も、叙述の安らかさな感じも、みんな素晴らしいです。 単なる言葉以上の内容における効果があります。

0
アキラ
作品へ
(2020-03-08)

人様の詩に対しての感想を書くのは初めてなので少し不安ですが、思ったことをそのまま書かせて頂きます。 どこかもう、のばす手の先の火には届くことはないという観念があるような感じもしますが、 まだ諦めきれない気持ちも滲み出ていて、だけど自分の火はいつ消えるかも分からないというのが何とも切なく感じられて… 具体的に書き手の状況を表している、『病床』というワードが出てきたところで、何だか情景というか、イメージが湧き上がってきて、私の場合はそこで一気に詩の世界観に引き込まれました。 とても好きな詩です。 良い作品をありがとうございました。

0
石村利勝
作品へ
(2020-03-09)

大変、姿のいい作品ですね。目で追ってみて感じる形式感だけでなく、黙読して感じる、フレーズの呼吸や音の照応(行末の「~のだ」「ない」の押韻、第三連を「i」音の韻でまとめる等いくつもありますが)が非常にしっかりとした姿を感じさせてくれ、意識を行から行へと快く運んでくれます。作者の筆力の確かさと「耳」の良さがよくわかります。これも倦まず弛まず朗読を続けておられる成果でしょうか。全体の端正な造形があるゆえに五連の転調と破調がよく効いていて、緊張感のポイントがつくられているのも巧い。最終連のイメージも大変鮮やかです。優れた工芸品を見るような品格と存在感を感じさせる作だと思いました。

0
帆場 蔵人@⚰
トビラさんへ
(2020-03-10)

僕もプロとかよくわからないですね。ただ丁寧に丁寧に積み上げて書いていくしかないので、常に未完成なんですが今の時点で書けるものを推敲しながらかけたかと思います。

0
帆場 蔵人@⚰
夜野 群青さんへ
(2020-03-10)

この詩を読めて良かった、というのは最高に嬉しい言葉です。難解なものも書けない詩、今の時代とかよくわからないですが足掻いて書いてるので。なんか手を伸ばして掴めたら本望です。 ちなみにJOJOは大好きです。タイトルて誰か言ってくれるだろうか、と待ってました。あ、他作品だから語るわけにいかないですね。

0
帆場 蔵人@⚰
黒髪さんへ
(2020-03-10)

貴重な時間を詩に割いてもらい良い時間であったなら僥倖です。精神性についてはいつも考えています。自分や他者が生きることには意味などないのだけど、そこに意味を見出すのが文学なんでしょうか。遠い火を求めるのはきっと永遠を求めることで、その火がどこにあるのか。届かなくとも見つめ続けて生きられたら何か残せるかもしれないですね。

0
帆場 蔵人@⚰
アキラさんへ
(2020-03-10)

はじめまして。 そう諦めてはまた手を伸ばしての繰り返しで生きています。僕らはいつ死ぬかもわかんないし、それでも無意識に諦めきれないのが人間ですね。悟るほどにもできた人間やないので。 病床てのはいつだったか転げ落ちるように歯止めなく下へ向かっていたときの記憶が生み出したのかもしれない。或いは村上昭夫という詩人の雁の声を読み触発されたものかもしれません。

0
帆場 蔵人@⚰
石村利勝さんへ
(2020-03-10)

優れた工芸品となっていたなら嬉しいものです。最初、職人的なという意味だろうかと考えていました。かつてある珈琲館のマスターから職人と芸術家は違って自分の一杯の珈琲には思想があるなんて事を言われました。だから自分は芸術としての詩は書けんのかな、と自身が職人的であるという意識は昔からあったので。しかし、用の美という言葉もあるようにさらに用の美を越えて美の用な何処かの部族の民芸品についてある方から示唆を受けてこだわりを突き詰めてそのような詩を描いていくしかないのだと考えています。耳な良さや筆力については好意的に書いてくださりありがたい限りです。

0
作品へ
(2020-03-10)

そして父であったり母であったり 兄であったりする、時に憎しみさえ 抱くというのに愛して止まないのだ この部分が急ぎすぎなのでは?と思いました。

0
帆場 蔵人@⚰
黎さんへ
(2020-03-11)

さて何が急ぎ過ぎなのかはわからないが、黒羽さんにはそのように感じられたのだろう。時に端的で歯切れの良いコメントは好ましいものです。 しかし、このコメントは根拠が語られないために意味がわからない。私はコメントまで読解する気はないので根拠を書き添えていただけないだろうか。

0
ベイトマン(レッドカードにより凍結)
ベイトマン(レッドカードにより凍結)
作品へ
(2020-03-11)

ヽ(・◇・)ノ飛ぶ鳥の羽の一枚の正体は芋虫のディックだったのです! ヽ( ・◇・)ノそして細胞はモヒカンの火炎放射器に燃やされます。 ヽ(・◇・)ノお酒を飲みたいなら支払いをしないといけません。 ヽ(・◇・ )ノですがどんなに酒を飲もうと必ず最後は酔いがさめます。 ヽ(・◇・)ノ永遠なんてありません。それが永遠に続くのです。

0
帆場 蔵人@⚰
ベイトマン(レッドカードにより凍結)さんへ
(2020-03-12)

永遠なんてありません。それが永遠に続くのです。ま、それはわかりますが少々、おふざけが過ぎませんか。

0
n
作品へ
(2020-03-12)

しみじみといい詩です。火が水のように使われていて、渇望する気持ちが静かに伝わってきました。 コメントもありがとうございました。

0
帆場 蔵人@⚰
nさんへ
(2020-03-13)

火が水のように。それは血の流れかもしれない。繋がってきた血脈、或いは人の営みの火。そういえば火も欠かせないが水も人体に欠かせないものですね。

0
伊丹真
伊丹真
作品へ
(2020-04-12)

「火」というエレメントを通じて訴えられる、懸命に手を伸ばす感覚が美しいと思いました。 体の中にも火(「細胞を燃やす」)があるけれど、「遠い火」とは異なるものだという事を「高さ」で表現する技法は、非常に勉強になります。言葉の術を感じました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2