Out Of This World - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


Out Of This World    

水面に写る花束の死骸 水面に映る大空の火葬 茜と赤に染まる世界は 不治の熱病に侵されてしまった 影絵と化した僕ら 匿名に浸る彼ら 暗い暗い痛い イタイ? 焼ける肌 焦げた心 揺らぐ蜃気楼 104 20× 304 40× 在るはずのない病室が視えた 504 60× 704 80× 誰かの両目と両手が零れ 誰もいなくなったベッド 空っぽの生気 充満する邪気 点滴を浸す藍色の不穏 錆びたメスがもたらす破傷風 屋上の潔癖なシーツを チェーンソーで切り裂く警官 救難信号を雑音と断定し 黙止する天使気取りの制服 墜落する凧の無垢と希望 ブラックボックスに閉ざされた祈り 救いのない僕らを救済するのは 神ではなくミサイルだと 枯れ果てたリリィの嘆き もう訪れることのない澄んだ季節 もう見ることのできない淡い色彩 海岸線 溺死する浮輪 水平線 燃え上がる蒼 境界線 赤蟻と黒蟻が交わり 酩酊を極める世界 海水は原油へと変わり 水道水はリキュールへと替わる 人々は赤い眼をしたまま 流れる黒い血を凝視し続ける ――こうして潔白を清廉を素面を白を正常を喪って僕は僕らは 何処へ行けばいいのだろうか 応えもなく 答えも無く 不協和音の鐘に揺れる鼓膜 モザイクに犯された網膜 痙攣に濡れたまま乾かぬ爪先 それでも?だからこそ! 絶望という名の十字架を背負い 漠然と彷徨い続ける この世界を


作成日時 2017-10-28
コメント日時 2017-11-12

Out Of This World ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 194.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/04/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:194.9
2020/04/09 09時20分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

Out Of This World コメントセクション


コメント数(4)
カオティクルConverge!!貴音さん (2017-10-30):

徹底的にバイオレンス。まるで貧困地域の内戦になげとばされて居るかのようであり、跳ね除ける強さを持てずに屈してしまう様なこの世界は、私の居る世界の外れには確かにあって、生き地獄を私に想像させます。

0
まりも (2017-11-01):

まさに極彩色の世界、ですね・・・ 赤々と燃え盛るような水面に、匿名のシルエットとして並ぶ〈影絵と化した僕ら/匿名に浸る彼ら〉 鮮明に立ち上がるイメージ。〈在るはずのない病室が視えた〉あたりから始まる幻視、〈空っぽの生気 充満する邪気〉といった脚韻的な音の響き、リズムで進行していく詩行。〈錆びたメスがもたらす破傷風〉このフレーズからは、野戦病院のようなイメージも浮かびますが、チェーンソー、ブラックボックス、ミサイルと投げ込まれる言葉の強さが鮮烈で・・・(最近刊行された『ブラックボックス』も連想しました)ネットサーフィンしながら、高揚感の中に取り込まれていく心境を重ねながら読みました。 イメージの立ち上がりから、ノンストップでハイテンションのまま最後まで突っ走るような感じの作品、なのですが、リーディングをイメージして書かれている、のでしょうか。 黙読で読む、時には、少し余白を用意した方がよい、ような気もしました。冒頭のように、鮮やかな映像が「見える」部分と、言葉のイメージや強度、勢いで押していく部分、そのメリハリが、もっとあった方がよい、ような・・・途中に、イメージが明白に「見える」ような部分をつくると、階段の踊り場で小休止をするような感じになって、いいかもしれないな、という(個人的好み、でもあるので、スルーしていただいて構いませんが)そんな印象を受けました。

0
北村灰色 (2017-11-12):

カオティクルConverge!!貴音さん コメントありがとうございます。死ねない、或は死なないから、狂った世界を漂いさ迷い続ける、まさに生き地獄の光景であるので、そう感じて頂けて嬉しいです。

0
北村灰色 (2017-11-12):

まりもさん コメントありがとうございます。最近刊行されたとおっしゃった『ブラックボックス』、気になります。 リーディングは特に意識はしていないのですが、確かに強弱や余白があまりないというか、イメージを隙間なく突っ込んでいる感じが、改めて読み返して思いました。作品の世界観の中で、そうしたメリハリをつけるのは中々難しいなぁとも実感します。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1