distance - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

distance    

distance   かれは先月免許を取った 死んだらごめんね、と 冗談めかした笑顔でわたしを助手席に乗せ 2000年代のJ-POPを流しながら 海沿いを走らせていく かれは10代のころ小説を書いていた 詩も読んでいたらしい 自殺するくらいなら詩でも書いたら、と 16歳も年上のわたしに 勧めてくれたのもかれ かれは小説を悪く言う 詩のことは、もっと悪く罵る やりたいことがあるんです そう言って彼は大学に入り直した 友達はできた? いいや、あんまり どこに行くつもりなの? さあ エーッ、ちょっと怖いんだけど はははは もー ねえわたしを どこに連れていくの、 鴎かな 鴎だと思いますよ 海沿いを走っている けど、ここは 目的地じゃないから 先日『ヒカルの碁』を読んだんです 良かったですよ ぼくもあんな風に青春を生きたかったなあ 好きなこと見つけて 切磋琢磨して…… 小説は好きじゃなかったの? どうだったんでしょうね 当時の感情はもう思い出せなくて…… かれは10代のころ小説を書いていた 詩も読んでいたらしい 小説の世界から足を洗って 詩も読まなくなって、やっと J-POPの歌詞を良いと 思えるようになったんです ずっと生きやすくなりましたよ わたしは わたしは、39歳になった わたしは、 何をしているのだろう 何を、したいのだろう ……これいつの曲? 多分、ちょうど10年前ですね、2007年 10年前の自分はもう見えない かの女もわたしのことは見えていないだろう それでもかの女よりなお若いかれと 結局どこに行くの?と、笑い合いながら わたしは 新しい詩を 想像しはじめていた


distance ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 803.6
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2017-10-01
コメント日時 2017-10-22
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:803.6
2024/07/21 01時04分07秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

distance コメントセクション

コメント数(4)
完備
(2017-10-01)

本文冒頭の「distance」はミスです。すみません。本文は「かれは先月免許を取った」から始まります。

0
眠莉
(2017-10-01)

何だかとても素敵に感じました。ライトなことしか書けないですが、以下に感想を書きます。 まず、タイトルが素敵だなと思いました。一つの英単語なんですが、それ故に色々広がると言うか。 distanceは色々な距離を意味しているのではないかと感じました。 私の想像ですが、例えば走行距離、運転免許から、走っている、その距離。過去の自分との差、その距離。 勝手に私が抱いたイメージですが、この詩からは、倦怠と綺麗さを感じました。

0
完備
(2017-10-03)

眠莉さん、コメントありがとうございます。 「倦怠と綺麗さ」を感じてもらえたようで嬉しいです。

0
なかたつ
(2017-10-22)

 distanceと言えば、空間的な世界を想像させるが、この作品で描かれているのは、時間的な隔たり、距離。それでも、第一連はおそらく現在から始まっており、その現在が中心にあって、ところどころ挿入される回想。現在と回想とのdistance  「かれ」は、小説を悪く言い、詩のことはもっと悪く罵るのに、「わたし」に対して「自殺するくらいなら詩でも書いたら」と決定的なことを述べている。「もー/ねえわたしを/どこに連れていくの、」と聞きながらも、現在から回想してみて気づくのは、「かれ」が悪く罵っていた詩を書くというところへ連れてこられてしまったのだろう。  ヒカルの碁を読んだ話もおそらく現在における会話。その中で「当時の感情はもう思い出せなくて」という「かれ」の言葉。現在と当時のdistance  そこで挿入される回想で、「かれ」がJ-POPの歌詞を良いと思えるようになって生きやすくなったという他愛のない会話。それでも、語り手がこの会話を回想したということは、現在における語り手にとって、価値があるとまでは言わないが、何かしら心に引っかかるフレーズだったのだろう。  「かれ」が当時の感情を思い出せないように、「わたし」もまた「10年前の自分はもう見えない」でいる。「結局どこ行くの?」と聞きながらも、「わたし」は当時「かれ」が罵っていた詩の世界を生きようとする。詩の世界を想像している。いわば「かれ」によって運命づけられてしまった詩を書くということがあり、このことが当時も現在も「わたし」にとって変わらないこと、つまり、「わたし」と「かれ」の関係性に他ならないのではないだろうか。それが「わたし」と「かれ」のdistance

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1