海老と七夕 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

海老と七夕    

ベランダからチュンチュン、とすずめの声が聞こえる。室外機の陰にいるのだろうけど、部屋の中からだとよく見えない。糞でもされたら困ると思いカーテンを勢いよく開けると、すずめは軽やかに飛び立っていった。きっと巣に帰るのだろう。旅行をするとやっぱり自分の家がいちばんだと気がつくように。今いる場所を去るときにぼくらは必ず背を向ける。それは人間もすずめも一緒だった。きょうは七月七日。ちょうど来年の今日、ぼくらは別れることになっている。どうでもいいことだけれど空はとても曇っていて今にも雨が降り出しそうだった。ご飯よ、と彼女が呼ぶ。ぼくはていねいに手を洗う。 お昼の塩焼きそばは、海老、ピーマン、エリンギ、エノキが入っていて、南蛮人が踊っている絵皿に盛られていた。ニンニクがほどよく効いている。向かい合って食べると新型ウイルスに感染するリスクが高まるようなので、ぼくらは最近横に並んで座っている。テレビでは東京で新たに100人以上の新型ウイルスの感染が確認されたと伝えている。まばたきした瞬間なぜか三時のヒロインがつけ麺を食べていた。彼女がチャンネルを変えたのかもしれない。今日もぼくらはどこにも外出しなかった。この部屋に外の空気を運んでくるのは、室外機だけであった。 ぼくは海老があまり好きじゃない。それでもなんとか食べられるのではないかと口に入れてみたけれど海老の体内にあった何か固いもの、それが奥歯にジャリっと当たった瞬間、冷や汗がブワッと噴き出してきた。額から首元まで血の気が一気に引いていく。口のなかで酸っぱい唾液が充満し、指先はどんどん冷えていった。大丈夫だよ、と彼女が言う。大丈夫ではないのだ。だってぼくらは別れてしまうのだから。元気になりますように。病気になりませんように。無事でありますように。誰かに殺されませんように。平和でありますように。みんな幸せでありますように。彼女と別れる運命から逃れられますように。もうこれ以上、誰も死にませんように。奥歯で噛まれて死にませんように。僕も彼女も楽に死にますように。まっしろな便器を見つめながら彦星と織姫にお願いをしていた。 目をつぶりながら、焼きそばに入っていた海老が胃をさかのぼって口から飛び出してくることを想像していた。口腔から外の世界に戻れば、海老はちゃんと元の海老のかたちに復元されていく。ぼくは海老に「たましい」という名前をつけた。サラダ用に売られていた冷凍の「たましい」は、近所の狛江にあるスーパーに並んでいた。スーパーから出発したトラックはぐんぐん羽田線をバックしたまま走り、神奈川県厚木市の工場に吸い込まれていく。さらにホーチミン発羽田着のバンブーエアウェイズ903便に乗り、ホーチミンよりもっと南にある、薄汚れたゴミだらけの沖合へ運ばれていった。「たましい」は養殖育ちだった。ふるさとの茶色の沖合に投げ込まれ、多くの兄弟に囲まれた「たましい」は、自分がどうやって生き返ったのか分からない様子で困っていた。同じく彼女もまた困った顔で、たましいを吐き出して背を向けているぼくを見つめていた。 少し休んだらだいぶ気分が良くなった。それでももう限界だった。ていねいに手を洗ったあと、ぼくはベランダの室外機の上に乗った。バランスが悪くすこしぐらぐらしているから、それは踊っているようにも見えた。ぼくはこの部屋から飛び出し、ぼくがぼくになる前のことを想像した。ここに住む前は大船に住んでいて、その前は千里中央だった。それ以前はどこにいたのだろうか? 社会人、学生、幼児、そうしていずれ母の子宮に綺麗に収まるのだろう。そしてぼくがぼくではない、名前のない何かの一部になることはとても美しいことだと思った。それは春に降り注ぐ太陽の光と似ていた。そして、もう手を洗わなくていいのだ。まばたきをすると、曇っていたはずの空に星が見え始めた。彼女がチャンネルを変えたのかもしれない。ふと見ると足元にすずめがいて、チュンチュンと鳴きながら糞をしていた。


海老と七夕 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 1398.7
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 19

作成日時 2020-07-07
コメント日時 2020-07-21
#現代詩
項目全期間(2024/04/15現在)投稿後10日間
叙情性40
前衛性10
可読性40
エンタメ20
技巧40
音韻00
構成40
総合ポイント190
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性0.50.5
可読性22
 エンタメ11
技巧22
音韻00
構成22
総合9.59.5
閲覧指数:1398.7
2024/04/15 13時28分25秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

海老と七夕 コメントセクション

コメント数(2)
ほば
作品へ
(2020-07-20)

海老のなかの硬い物を噛んだ瞬間から不安が爆発する様子がなんとも響いてきて、なぜかぞくりとしました。何故、ぞくりとしたのだろうか。海老に「たましい」となづける四連目の語りはとても引き込まれました。海老も生物であって魂があってもいいのかもしれないが魂は人間だけにあるのかもしれないし、それは傲慢かもしれないし……いい詩だなぁ、と思う反面でチュンチュンという雀の鳴き声の擬音が少し引っかかりました。確かによく言われる擬音なんですが口語のなかでチュンチュンとあんまり言わないからですかね。何度か読み上げるなじむのですが。もう少し読み込んでもう一回コメントしたいと思います。

0
パワフルぽっぽ
ほばさんへ
(2020-07-21)

帆場さん、こんにちは。 コメントどうもありがとうございました。 すずめの鳴き声が気になったということですね。 何度も読み上げてくださったということで、 帆場さんはとても親切な読み手ですね。 改めて読み返してみて、ていねいに読むような作品ではないのが申し訳ないです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1