夜間飛行 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

夜間飛行    

夜間飛行 翼は折れ 星へ旅立つ列車は遠のき 見えず 地球儀を抱えたまま 僕は君の面影 探すだけだよ 暗い雲 降り出した雨は 涙さえ濁す 心さえ枯れ果てて 立ち尽くす モノクロの瞳 鳥は翼はためかせて 僕を置き去りにして 舞い落ちた羽根だけが 僕の掌に残る 夜間飛行 揺れる光 行き先告げず 僕は旅立つだけさ 恋心 置き忘れて やがて僕は 夢の虜となるよ 北極星 傾きかけて 僕の視線は 虚ろに未来を見つめて 十字路で 星を仰ぎ そこで 僕は 蝶になり 羽ばたいていくよ  懐中時計 手にしたままで 思い出 ずっと 仕舞いこんでた 母親の名残さえ無くして 今は自由 切なくとも 今を生きる 一瞬の 景色さえ 目に焼き付けたまま それだから 僕は 刹那から 抜け出せないでいるのだろう 横断路 空を飛んで ロマンを求め もう一度 殻の中へと 静けさに 胸を打たれ やがて 僕は 孵化する燕になるよ 内面世界 暗く沈み だけど 奥深く 花咲く場所へと連れ出す コンパスで 描き切った 地球に もう 未練はなくて涙 宇宙の片隅で 瞑想  地球の真ん中で 浄化 宇宙の破片で 傷ついて 地球の林檎 狂おしく 宇宙の最果てで 星は滅し 地球の中央で 人は倒れ また繰り返していく輪廻 もう一度だけ許されるなら 僕はもう一度 麗しい世界へ 


作成日時 2017-06-18
コメント日時 2017-07-02

夜間飛行 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 512.2
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:512.2
2022/07/07 19時43分48秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

夜間飛行 コメントセクション

コメント数(2)
まりも
(2017-06-28)

こんにちは。ステレオタイプ、というハンドルネームは、「夜間飛行」や「夢の虜」といった、カッコイイ決め詞をあえて多用する文体に対して、自ら付けられた名前でしょうか。 体言止めの多様と、息継ぎの速度でつないでいく詩行、呼びかけの文体。 歌詞を強く想起させます。 歌詞の持つ強さを、黙読を主体とした詩の世界に呼び込みたい、という想いを持っているので、歌詞的な文体であることそのものは個性であると考えていますが、読まれる詩、でもある、ということを考える時、もったいないなあ、と思う所が何点かありました。 たとえば、〈涙さえ濁す/心さえ枯れ果てて〉というような部分。 歌として聞くときは、さえ、の連呼が感情を盛り上げていく効果があるかもしれませんが、読むときは・・・近い位置に並んでいるので、かえって感興を削がれてしまうような気がしました。雨が涙を濁してしまう。体は芯まで濡れそぼっていくのに(心まで冷えていくのに)逆に心は潤されることなく、枯れ果てている・・・モノクロの瞳、これは、モノクロ写真のように、心に移る映像が色を失ってしまった、そんな喪失感を表したかったのか、あるいは、語感のカッコよさ(スタイリッシュな感じ?)から選択された言葉、なのか・・・ 逆に、〈鳥は翼はためかせて 僕を置き去りにして〉こうした部分は、脚韻的な効果、余韻が、聴いた場合でも読んだ場合でも残るような気がします。 ~さえ、という限定の言葉の持つ強さが、近い感覚で連なる場合の効果は、いわば濃い色を加筆していく印象。 ~て~て、という、まだつながる予感を残しながら省略する効果は、水彩のぼかしやにじみの効果、といえばよいでしょうか。 僕の翼は折れてしまって、飛び立てない、それなのに君だけは(僕の手のひらに抜け落ちた羽だけを残して)飛び去ってしまった、という冒頭三連の抒情が、持続されないまま今度は僕は蝶になって飛び立つ、と四連目で切り替わっている。〈夜間飛行〉という言葉が目印のように置かれているので、三連と四連との間に、作者の中では切り替わるタイミングがあるのでしょう。もう一行あけるなどすると、見た目にメリハリがつくと思います。 そこから、今度は〈懐中時計〉また、詩情を喚起する言葉を冒頭に置いた連に飛ぶのですね・・・ここは二行アケになっているので、作者の中では区切りがあるのだろうと思います。蝶になる、というイメージが、燕になる、と変容していく。イメージの流れの変化の面白さに惹かれますが、その分、一つの感情を深めていく、その方向性が背後に隠れてしまうような気もします。 一気に宇宙まで飛ぶ詩想も、ダイナミックだけれども、作者一人で飛び立ってしまった、というような印象もあり・・・気持ちを、もう少し丁寧に追っていく方が、読者と並走する作品になるのではないか、と思いました。

0
stereotype2085
(2017-07-02)

まりもさん。 コメントありがとうございます。一つ一つの指摘がとても参考になりました。「さえ」の連呼は僕の気づかなかったミスです。この詩は僕の心のケアのために書いた詩でもあるので、思う所数多くあったと思います。この詩については「そっとしておいてください」という部分も少しあり笑 物足りなくもあったでしょう。筆者の癒しのため、であったととらえていただけると少し助かります。読者と並走する詩。気をつけて書いてみますね。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1