作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

みょ   

作成日時 2019-07-03
コメント日時 2019-07-03

八月の真夏。知らない間に恨まれることを忘れて、幽霊のことはいなくなったように振る舞う君だ。強い日差しはそれらを掻き消して、見えなくしているようだけど、そのなかで事態は悪化するあなたはのろわれる。 つまりね、 君は、    のことさようならしたことを思い出さなきゃいけないんだ。絶対に。絶対に。


項目全期間(2020/01/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:547.8
2020/01/26 22時08分06秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(2)
じゅう (2019-07-03):

久しぶりに訪れたらふりがな振れるようになってたので、勢いで試してみた次第ですが、なんか、、、うん、、、 特に最初。八月の真夏ってなんやねん。恥ずかしいです。

ふじりゅう (2019-07-03):

じゅうさん、お久しぶりです! これは面白い。単純にふりがなを振るのでなく、それを詩として意味のあるものにするという意味では理想的なひとつの形と感じます。 八月の真夏、はまぁ、どちらか消しても良いですが、真夏日を強調する意味としてはいいんじゃないでしょうか。特に違和感はなかったです。

投稿作品数: 1