高校一年生 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

高校一年生    

大嫌いな数学のテスト。ほとんどの問題がわからなくて、いつも適当に消去法で答えていたよ。大嫌いな人間の前では不機嫌な表情でいたよ。 学校なんてサイテーだ。体がこわばって、身動きも取れないじゃないか。いじめ以上いじめ未満は、いじめに相当すると思いますか?私はそうだと思うんです。 ひとのこころを、よわいところを、罵ったり笑ったりして楽しむのならば。 センセは気づいていた。だけど センセは私の名前しか知らなかった。 半透明なわたし ここは いったい どこ 過敏性腸症候群になりました 起立性調節障害は悪化する一方です それでも休みながらも通います 『行かないとだめ』だから ほんとうは サイテーなあの子たちと喋って笑ってみたかった ほんとうは サイテーなセンセに舌打ちしてやりたかった ばかみたいばかみたいっていうか私はばか。勉強に縋るのも親に愚痴を一切言わないのも一人でいるのも陰口に耐え続けるのもぜんぶぜんぶぜんぶ ばか 高校一年生の三学期 私は学校に 行くことを やめた 透明に なった


作成日時 2017-05-25
コメント日時 2017-09-01

高校一年生 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 450.8
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:450.8
2021/04/17 22時36分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

高校一年生 コメントセクション

コメント数(12)
クヮン・アイ・ユウ
(2017-05-25)

実はとうめいにも線があって 色があって 先端から末端 末端から先端 どちらが先か後か、今となってはわからない とにかく、線が伸びていて 切れかけだったり てんせんだったり 太かったり細かったり 色もあって なんでって それでも色があって 「それはなんの色?」って それはいたいときの色 イタイイタイの色 このとうめいは見つかるべきだ そんな色 ちゃんとみえる色 ----- 突然失礼いたしました。 amagasasasiteさま、はじめまして。 なぜかあのような言葉を書かせていただきたくなりました。失礼いたしました。 >>「ほんとうは サイテーなあの子たちと喋って笑ってみたかった」 この箇所がいちばん好きだなぁと思いました。生きる強さを感じたからです。 素敵な詩をありがとうございました。

0
夏生
(2017-05-25)

はじめまして、amagasasasiteさま! 御作にコメントさせて頂きます。高校生の頃の自分と重なる心情がいくつかあり、何も越えられないままの当時の自分が今も心の中にいることを思い出しました。四連目は本当によく思ったことで。内に内にと心が引きこもっていました。共感できる、に留まらず、見てよ!と叫んでいるような 強さを感じました。

0
朝顔
(2017-05-26)

はじめまして。 とても気持ちを揺さぶられる詩でした。 こういう経験って何度も何度も私はあって、なかなか出口に到達しませんでした。 >ばかみたいばかみたいっていうか私はばか。勉強に縋るのも親に愚痴を一切言わないのも一人でいるのも陰口に耐え続けるのもぜんぶぜんぶぜんぶ/ばか この二行が一番詩的です。 たぶん、もっともっと本当の自分のありのままの気持ちを出していいんだろうなぁと、 最近は自分は感じています。夜明け前が一番暗いんだと思います。

0
花緒
(2017-05-26)

学園物で、透明とくると、どうしても私は酒鬼薔薇聖斗の犯行声明文をイメージしてしまうのですよね。一般的に、やはりそこをイメージしてしまうのではないだろうか。今の所、そのような指摘は一切ないので、私の勘違いかもしれないけれど。犯行声明文に共感を示すにせよ、差異を打ち出すにせよ、このテーマ・題材ならば、もう一段、パンチが欲しいぜ!とも思いました。読みやすい一作ですが、であるがゆえに。

0
鳩村
(2017-05-27)

数学の、試験において、消去法で、答える、という状況が、わからないのですが・・単に白紙、なのでは・・?

0
エイクピア
(2017-05-27)

矢張り 「ほんとうは サイテーなあの子たちと喋って笑ってみたかった ほんとうは サイテーなセンセに舌打ちしてやりたかった」 こられの詩行ですね。「~したかった」想い、思いが詩に成って居ると思いました。

0
雨粒あめ子
(2017-09-01)

>クァン・アイ・ユウさんへ お久しぶりです。返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。 わたしのこの詩から、わたしが想像し得ないイメージをくみ取っていただけた事がとても嬉しく思います。 この詩は実体験なのですが、今更遅いけれど本当は賑やかで意地悪な子とも仲良くしてみたかったんですよね…。

0
雨粒あめ子
(2017-09-01)

>夏生さんへ 初めまして。 返信が遅くなってしまい、申し訳ありません。 あの頃は心の内に秘めていただけで、半透明で中途半端なままで。 せめて学校を休学する前に、一度でいいからいじめっ子と戯れてみても良かったんじゃないかと振り返って未練がましく思うのです。 読んでいただき、ありがとうございます。

0
雨粒あめ子
(2017-09-01)

>朝顔さんへ 初めまして。これからどうぞ、よろしくお願いいたします。 返信がとても遅れてしまい申し訳ありません。 思春期ならではのなんというか、心を塞いでしまう時期は誰しも経験しますね。 「ばかみたいーーー」は、当時の気持ちと現在の気持ちを表現してみました。 夜明け前が一番暗いですね…。朝が訪れたら楽になるのか、わたしには今でもそうでない日もあります。

0
雨粒あめ子
(2017-09-01)

>花緒さんへ お久しぶりです。返信が遅くなってしまい申し訳ありません。 そうですね…。 わたしは彼のことを一切想像せずに、当時の自分の実体験をもとに描いたので、花緒さんの指摘にはとても驚いてしまいました。 ここではいつも、もう一捻りほしいと批評してくださる方が多いので、その言葉を励みにこれからもっと身につけられるよう邁進していきたいです。

0
雨粒あめ子
(2017-09-01)

>鳩村さんへ 初めまして。 数学の試験で消去法で答える、というのは、鳩村さんがどこか誤解をしているとおもわれます。 具体的に言うと、問題用紙の問題にいくつかの選択肢があるとして、苦手且つまったく分からないものに対して、選択肢を消去法を使って選んで解答用紙に答えた、ということです。

0
雨粒あめ子
(2017-09-01)

>エイクピアさんへ 初めまして。返信がとても遅れてしまい、申し訳ありません。 「〜したかった」という気持ちは、当時を振り返ると常に心にありました。それがこの詩につよく全面に押し出されているのかと思います。 批評していただき、ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1