夢見る宝石~夏臘祭~  - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


夢見る宝石~夏臘祭~     

雨上がりの金色の午後 対面交尾と締め殺しを引っ提げて 男たちは凄まじく青いカランドリアの風を渡る 時に果てしなく痙攣し 時に蟹を食いながら 道々すれ違うのは 疣と脂肪瘤だらけの牛たち そして臍まで陰裂の捲れ上がった女たち 鋭い陰毛を機械油で左右に撫で付け 小柄な女たちは 剥き出しの粘膜を競い合う やがて岩の上にあぐらをかき 柔らかい裂け目の奥から 乾いた垢を静かにこそげ取るのだ 男たちは中腰で精を垂らしながら赤い襞を探りあて 白い月が上るまでとりとめなく性交を繰り返す 東の森では大きな花々が静かに腐る バケツの水は動かず ともに震える蔓草も見当たらない ああ 蜉蝣が舞い上がる金色の午後 世界はそのようにして硬い石を分泌し そのようにして微かに酸味を蓄えていく 雨期の終わりの白い午後 長々と萎えた陰茎に濃い汗を滲ませながら 男たちは凄まじく透明なミクソリディアの野を渡る 時に腹を打ち 時に甘い草の根を掘り起こし 道々すれ違うのは 舌のない犬たち そして膝まで外性器の垂れ下がった女たち 強い陰毛を短く刈り込み 小柄な女たちは 剥き出しの襞を擦り続ける やがて病気の兎のように丸くなり 乾いた裂け目の奥から 黒い血塊を黙々と掻き出すのだ 男たちはぬるい血溜まりに腰をおろし 白い月が上るまでうっそりと射精を繰り返す 東の森では原色の花々が音をたてて腐り始める ひび割れた岩の上で 女たちは片身だけ裏返しになる ああ 絶え間なく蜉蝣の羽が舞い落ちる白い午後 世界はそのようにして硬い石を溶かし そのようにして豊かに繁茂する 雨上がりの銀色の午後 虫籠の藍染を終えた女たちは 小さな竹笛を吹きながら 淡いミトコンドリアの丘を往く 時に妊婦の乳を絞り 時にドクダミを摘み 道々すれ違うのは 花崗岩に擬態した蜥蜴たち そして赤い目の男たち 目やにと耳だれに悩む 屈強な男たちは 虫除けのタールを全身に塗って 岩陰にくったり身を横たえる 女たちは男の顔を舐め回し 笑いながら二度三度頭を叩き 塩の泉で身体を洗い 白い月が上るまでさめざめと泣く 東の森では腐った花々が果実をつけ 鎖につながれた獣たちが死期を迎える ああ 蜉蝣の羽が舞い踊る銀色の午後 世界はそのようにして硬い石に輝きを与え そのようにしてゆったり混じり合っていく 砂岩を砕く斧 砂丘を渡る筏 鋭い草の匂いから粘膜を守る 骨粉入りの嗅ぎ煙草 刈り入れの道具立てはこれで一揃い 女たちが旅立つその朝 男たちは犬の鳴き声で一斉に目覚め 野火の煙を左手に捉えながら走り続ける 四筋の川を跨ぎ越し 蟻塚を蹴り崩し あとはただ鼻水を啜りながら喚き続ける  この手に悪意を  死者の持久力を  この顎に充足を  熱い癒しを 白い綿毛が舞い降りる収穫の朝 男たちは夜半の闘いで硬直した腕を突き出しながら 牛の舌のような丘陵を幾度も巡る やがて屠られた土地を横切り 静まり返った家並を走り抜ける


作成日時 2019-06-01
コメント日時 2019-06-08

夢見る宝石~夏臘祭~  ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 675.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 31
#テキスト
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性66
前衛性66
可読性00
エンタメ66
技巧77
音韻00
構成66
総合ポイント3131
 平均値  中央値 
叙情性66
前衛性66
可読性00
 エンタメ66
技巧77
音韻00
構成66
総合3131
閲覧指数:675.3
2020/04/02 16時28分50秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

夢見る宝石~夏臘祭~  コメントセクション


コメント数(2)
yamabito (2019-06-08):

私のあこがれる筆致ですね。このような詩を書ける人はうらやましいです。  三連迄、「世界はそのように…」と締めくくられており、ある現象を暗喩したものと取れますが、核心をことごとくデフォルメしており、しかも鋭く抉っている思います。 もちろん、実力のある書き手さんだと思います。逆に柔らかい筆致で書かれたものも読んでみたいと思います。

0
agath (2019-06-08):

静かな視界様、コメントいただき有り難うございます。実はこの作品は、1年前に投稿したものの改作です。当時いただいたコメントを参考にして、舌足らずな部分を補い、新たに第三連を書き足したものです。果たして改良になったのか、改悪か、自分では判断がつきませんが…。多少「女たち」の強さが出て、諧謔味も増したのではないかと感じています。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1