お知らせ

Line   

作成日時 2019-05-06
コメント日時 2019-05-25

今日は 楽しかった みんな またね って言って 僕は 終電に走る なんとか 間に合って 来ていた LINEを 返す みんな ありがとう 出会えて よかった そしてスマホを カバンにしまって 地下鉄の 白い壁を 見守る 隣では アジア系の 英語の声 まもなく 最終列車の 到着でございます お乗り遅れの ないように ご注意ください 電車がきます。 が灯って 1番到着しました 最終列車の到着でございます この 電車に 僕は 間に合ってよかった 相変わらずの アジア系の 英語の会話 door on the right side will open 光が いくつもの光が 流れていき 中野坂上 中野坂上 一番線お待たせしました 都庁前 最終列車でございます エスカレーターは 緊急停止することが ございます ご注意ください ご注意ください みんな ありがとう お降りの際は 足元にご注意ください エスカレーターは緊急停止することが ございますし 丸ノ内線は 終了いたしましたが Marunouchi Line wasn't finished Yes It is finished for today But 僕たちは まだ どこかに 続いている


項目全期間(2019/09/17現在)投稿後10日間
叙情性4441
前衛性00
可読性1411
エンタメ4242
技巧00
音韻65
構成52
総合ポイント111101
 平均値  中央値 
叙情性6.32
前衛性00
可読性22
 エンタメ61
技巧00
音韻0.90
構成0.70
総合15.910
閲覧指数:643.8
2019/09/17 23時58分26秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(4)
tOiLeT (2019-05-06):

昔ガラケーで詩?ポエム?のようなものを打ち込んでいたんですが、改行を多くせざるを得ないんですよね。 でもそれはそれで独自なリズムを生み出したり、 文体もなんとなく舌ったらずみたいな感じになって、それもちょっと可愛いかったり。 スマホになってそうでもなくなっちゃったかもしれませんが、 LINE画面だと確かに狭い感じはあるかもしれませんね。 そんな画面を除き込んでるような雰囲気が出ているかと思いました。 車内の案内と『僕たち』をリンクさせるとこなんかいいですね。

鈴木 海飛 (2019-05-06):

線路のラインと アプリのラインと エスカレーターの列から 様々なラインをイメージして 最終的に行間を読む 言葉にされなかったものごとを読む そういうおしゃれな意味を込めて Lineなんだろうなぁと読んでいます。 僕たちは まだどこかに つづいている 仲間たちと離れ離れだけど 仲間のひとりひとりが駅(ターミナル)ならば、レール見えなくてもは繋がっているからね。 え、そんなこと文章にするなって? 行間を読んで人それぞれのことを思えばいいのでしょうね。 ごめんねー。おじさんだから思ったことをついくちにだしたくて,うふ。

的盧的盧 (2019-05-07):

詩も良いですが名前が好きです。 ユーモアあると思います。 今度は短い詩も読んでみたいです。

ふじりゅう (2019-05-25):

ハンドルネームに詩を感じました。 まさにLINEのような、どんどん時間が更新されていく感じがよかったです。

投稿作品数: 1