一瞬の素描 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


一瞬の素描    

夕方の草原を蛇行する河。鈍色に光る北極の海。 飛行機に乗って地球の形を眺めていると、僕たちは決まってあの世界に引き戻される。 心地よくて、少し恐ろしい宙吊りの世界。 大きな月が沈んだあとの蒼い砂漠に、一人放り出された気分。濃い草と土の匂いに塗れて、 輝く夜空を眺めているような気分。世界の何もかもが不思議で仕方ない。 どうしてこの川はこんな形なのか。この氷海はなぜこんな模様をしているのか。 あの星座は? あの丘は? あの森は? その形象には、世界についてのどんな手掛かりが隠されているのか。 竜の卵のように柔らかく強靭な問いの前で、僕たちは息をひそめ、じっと立ち尽くすばかりだ。 世界には無数の色がある。無数の形と匂いがあり、音がある。 いつどのようにしてそれが生まれてきたのか、そこにどのような意味があるのか、 皆目分からないけれど、世界は時おり気まぐれに、太古の問いに対する答えを、 言い換えれば「裸の意味」を垣間見せてくれる。 凍結した呪符のような絵画。夢の地平で震えるサスペンス。最小限の音でつくられた 奇跡的に透明な旋律。そして束の間に消え去る鋭い愛の言葉。 蒼い砂漠をいくつも越え、ひび割れた鏡の海を渡り、時間の濾紙を使い切ったある日、 人類はきっと宇宙の謎を考えながら消滅していくに違いない。 街も森も風化し、やがてこの水の惑星もすっかり干上がってしまうだろう。 流砂に埋もれた都市の廃墟、そのずっと奥まったあたりに一枚の紙片が落ちている。 遠い昔、だれかが残したメモ。数字と記号を組み合わせた、わずか数行の走り書き。 人が消え去っても、刻印や記号は残るだろうか。それは、消えゆく風紋のように 精妙で気高い痕跡。世界の秘密についての一瞬の素描──。


作成日時 2019-04-20
コメント日時 2019-05-19

一瞬の素描 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 787.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 26
#テキスト
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性1111
前衛性00
可読性1010
エンタメ55
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント2626
 平均値  中央値 
叙情性3.72
前衛性00
可読性3.30
 エンタメ1.70
技巧00
音韻00
構成00
総合8.72
閲覧指数:787.8
2020/04/02 15時45分26秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

一瞬の素描 コメントセクション


コメント数(4)
かるべまさひろ (2019-05-18):

agathさんの作品は、いつも完成していると感じていて、尊敬しています。 なんで完成していると感じるのかなと、少し読み込んでみたのですが、実は用いられる語の意味をそのまま100%のまま書かれているのが特徴だからだと読みました。 何を言っているかわからない、という現象がほぼ起きないつくりなんです。 言っていることはわかるので、わからない部分や想像や読解で補完する部分は、語の外側に配置されているので、スマートで奥が深いなと感じます。 ありがとうございます。

0
agath (2019-05-18):

かるべまさひろさん、コメントありがとうございます。過分な評価をいただき恐縮です。 実はそれほど考えて書いているわけでもないのです。表現や言葉を考えているというより、言葉の周辺を手探りしながら、まあこんな感じかなあ、よし、これで行ってみよう、エイヤッという感じです。 でも読んでいただけて、すごく嬉しいです。ありがとうございます。

0
哀愁亭 (2019-05-18):

ジョディ・フォスター主演の「コンタクト」という映画の中で、主人公の宇宙飛行士が宇宙に行ったときに言うのです。「私は科学者である自分こそが宇宙に行くべきだと思ってた。でも、それは間違っていた。私には、この美しさを言葉にすることはできないから。宇宙に行くべきだったのは私じゃなく、詩人だ」と。 僕はこの映画のこのセリフがとても好きで、この作品を拝読して、そのことを思い出しました。詩人は、詩は、やはり美しさを語るものなんじゃないかと僕は思います。詩はそれだけのものではないとしても、それでもやっぱり。 この作品のような美しい詩を僕も書きたいです。

0
stereotype2085 (2019-05-19):

詩書きの物思いをそのまま誠実に描写したような出来映え。まさに一瞬の素描。読者にこのやや長い思索が、本当に一瞬のうちになされたのだと思わせる表現があれば、もっと良かったかもと個人的には思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1