作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

鬱の治療   

作成日時 2018-12-01
コメント日時 2018-12-06

鬱には陽の光が良いそうです。 だから僕は毎朝大きな愛犬と森へ出かけます。 鬱は冬枯れにタナトスを見かけます。 けれど貴方の病と娘への深い愛を知り、貴方の前向きな心が僕に灰色の枝にこびり付いた藻や苔が脇芽を撫っている事を知らせ、愛犬は枯れたシダの跡に狐の気配を見つけ、丘に上がって楢の大木を抱いて鈍色の空を見上げ、生命を想い、もう一日よりもっと一日、花のように咲いていく貴方が愛に同化してみんなに勇気を与えていることに感謝し、心の中の樹冠の間を走る僕を探し当てて、お日様の暖かさを体に包んで、希望の焚き木が弾け そして 僕の鬱のつくる虚空をオレンジ色に染めるんです 少し赤く染まった貴方の胸の涙色の希望に指を翳しゆびさきにキスして風を嗅いで耳をそば立てて


項目全期間(2019/11/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:149.0
2019/11/22 20時17分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(3)
渡辺八畳@祝儀敷 (2018-12-05):

この詩がまったくコメント付いていない理由は、題名が陰気臭いのと、詩の最初のほうも特にキャッチーでないので読み進めようと思わせないからかなと。あとshoさん自体がコメント書き全然してないってのもあるよね。それが良いとは言わないが、作品だけポンと出す人ってはやっぱコメントももらえない傾向はある。

蛾兆ボルカ (2018-12-05):

>けれど貴方の病と娘への深い愛を知り、 この文の意味がわかりませんでした。 貴方というのは、楢の樹なのかな、と思ったのですが、 「貴方の病」への愛と「貴方の娘」への愛、その2つを僕が知った なのかそうではないのか。 順列組み合わせみたいに、いく通りか受け取れますが、どうとっても今一つしっくりこないように思います。

環希 帆乃未 (2018-12-06):

とある方のお言葉で精神疾患者さんを回復者さんと私は呼ぶように成りました。回復を心から応援しています。病気の回復ですが、好きな事があれば好きな事をしてください。好きな事が無い場合は好きな事を探してください。好きな事は楽しめることです。行かなくても良いので旅行に行ったつもりで、旅行計画を建てるのも回復者さんだけではなく、人に良いです。美味しいモノを食べてください。ペットか植物を育てるのも良いですよ。後は、好きな服装、好きなモノに囲まれて生きてください。そして、一番大事な事を書きます。ノートに自分を苦しめて縛っているモノを、ゆっくり丁寧に書きだしてください。そして、考える余裕ができたら考えていきます。余裕がない時は書きだすだけです。何故ゆっくり丁寧に書くかというと、脳が休まり冷静に成れるからです。考えて揺るがない答えが出たら。問題を受け止める状態にいます。解決方法を考える方向に繋がります。解決できないと思っているのは自分です。決めているのは自分です。人が違えば答え、解決が違いますね。環境を変える事が必要な場合もあります。植物には相性が有って、相性が悪いと片方が死にます。土には中性、アルカリ性、酸性、泥の栄養状態で、植物に適した土があります。育ち方、生きる長さも変わるんです。環境と同じですよー。

投稿作品数: 1