作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

不明   

作成日時 2018-08-07
コメント日時 2018-08-19

水の落ちる音がして 不明な時を刻む 夢の入り口で 聞いている水の音が シンクの上で 飛び跳ねたまま 朝までひとり ポタポタと 踊り明かした 寂しくはないのか 楽しくはないのか 閉め忘れた蛇口からの 怨念 放置しながら眠る 罪悪 抱きしめて 抱きしめて


項目全期間(2019/10/23現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:103.2
2019/10/23 19時39分11秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(8)
かるべまさひろ (2018-08-11):

「怨念」に対して「罪悪」で返答することに、強い罪悪感を本当に覚えました。 それは多分、逆にいびつな対比でいいなと思いました。

ミナト螢 (2018-08-12):

かるべまさひろ様 コメント頂きありがとうございます。あまり深く考えずにできた作品ですが、後半の怨念と罪悪の掛け合い部分で、詩が引き締まったような気がしました。

stereotype2085 (2018-08-12):

蛇口から落ちる水の音が「閉め忘れた蛇口からの怨念 放置しながら眠る罪悪」と表現されているところに新鮮さを感じました。この表現は都市生活、特に一人暮らしの方の心証をとてもうまく表していると思います。また難解な語彙から離れたミナトさんの作品はこのようなものでもあるのか、と興味深く拝見しました。

ミナト螢 (2018-08-12):

stereotype2085さま 丁寧にコメント下さりありがとうございます。 難しい言葉の使い方が解らないのと、背伸びをするよりも目線や視点を工夫する所に重点を置いています。

fiorina (2018-08-12):

たとえば起きていって蛇口をさっさと閉めることもできるが、放置する。 軽いつみ意識が、自分を放置(見殺し)にしてきたような来し方への怨念と罪悪と重なって、 その自分を生きていくんだという「踊り」終連の「抱きしめて」に強い自省と生命力を感じました。 タイトルはそのものずばりですが、私は何故か「未明」としたいように思いました。

ヤエ (2018-08-12):

fiorinaさんがおっしゃる通り、わかっていても対処せず放置した水滴に、見捨てた自身が浮かんできました。怠惰を唄っているようでもあるし、もう少し 別の防衛反応を唄っているようでもありました。世界観が好きです。

ミナト螢 (2018-08-12):

fiorinaさま コメントありがとうございます。もしからしたら、未明の方が良いタイトルかも知れませんね。マネしたくなりました汗 ヤエさま コメントありがとうございます。短い詩ならではの、アップテンポな展開になりました。あまり、長い詩を書くのが得意ではなくて苦戦しています。

まりも (2018-08-19):

寂しくはないのか 楽しくはないのか ストレートな問いかけですが、落ちていく水音に、自身の「時間」がぽたぽたと垂れ落ちているのを感じ取るような感覚、その時間を丸ごと写生しようとするような感覚に惹かれました。

投稿作品数: 1