語り得ぬこと ※ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

語り得ぬこと ※    

語り得ぬことがある 何かから何かをまもるように黙し 反ってまもり得ないものを生じさせる 語ることでどれほど憂いが軽くなるか 時には 層雲がすっと拓けることが見通せても 語らぬことでしか語ることができないと言うように 世の人には屈託もなく語り得ることが 語り得ぬのだとさえ語り得ぬ心の影のような懐かしさよ ふいに語るべき時がきて 心ゆくまで語る人の語り得ぬことが響いてくる その声と私自身の語り得ぬことが 涙ぐんだり笑ったり語り合ってる (2004作)       ※bレビュウ杯不参加作品です


作成日時 2018-04-06
コメント日時 2018-04-18

語り得ぬこと ※ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 569.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:569.0
2022/07/07 19時59分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

語り得ぬこと ※ コメントセクション

コメント数(15)
fiorina
(2018-04-06)

twitterれんけい、しっぱいしたので再度。

0
fiorina
(2018-04-07)

自註 今日は短い旅をしてきた。 湖西線には、そのまま降りて住みつきたいような いくつもの小さい集落が、 層をなす山々に抱かれている。 雨で今宵はよく見えないけれど、今頃は 無数の星星がみな独自の時間を持って 静かにあの村のうえを運行しているだろう。 ひとも花もちいさな星。 互いの惹きあう力を感じながら、 他の星の時間と軌道をゆるしあっている。

0
田中修子
(2018-04-14)

こんばんは。 こんなこと書くと運営さんに怒られてしまうかもしれませんが、fiorinaさんの作品をビーレビで拝見するととてもほっとします。 15歳のころはじめてインターネットにふれてから、たくさんの詩のサイトを見てきました。 私は詩は抒情詩からはいりまして、熱意を抱いた大学生という年上の人たちが、「既存の詩や文学にとらわれない作品を」とわあわあやっていて、ものすごく感動していくつか投稿したんですけれども、私にはあまり合わなかったし、いま思えば大学生というモラトリアムの時期を過ぎたたくさんの人たちが、詩から去ってゆかれ、詩のサイトもまた閉鎖されました。 そして、けっきょく、いま思えば、そういったサイトでは、「またぜひ読みたい」という作品に出会うことがありませんでした。 そう、一つだけ覚えています。 「生命のアルペジオ 鼓動の〇〇リズム」 〇〇内は忘れてしまいました。 この二行を、心臓のかたちに作られた作品でした。 (どなたか作者あるいは全文を覚えていらっしゃる方がいらしたら、教えてください) 彼ら彼女らの言葉は、けっきょく、そうですね、ペプシの奇をてらった季節ものの味だったのかもしれないな、なんて思います。 「そうそう、あの梅シソ味、なんかキョーレツな味だったよね」 という記憶なのかもしれません。 ビーレビはいつまで残るでしょうか。記憶のかなたに去ってしまうサイトになるでしょうか。頑張ってほしいな。 さてさて長くなりました。 fiorinaさんの作品は丁寧な御馳走です。 「語り得ぬことが 涙ぐんだり笑ったり語り合ってる」 すごいな、と思いました。 作品も、そして自註もとても、うまく書けないけれど、すごいな。 あえて炭酸飲料にたとえたら、ウィルキンソンの瓶のジンジャーエール味、という感じかな。辛いほうです。 瓶もきれい、味もおいしい、長く愛されてきる。 fiorinaさんご自身は、ウィルキンソンの炭酸でも、時代によってあまり瓶という形にとらわれず、あら、面白そうだから、今度はペットボトルになっていろんなところに出かけてみようかしら? なんて方なのかなと、ふっと思いました。 批評をこえて長くなってしまいました。笑って下さい!

0
田中修子
(2018-04-14)

「長く愛されてきてる。」でした。ほかに誤字脱字ないかしら。ごめんなさ~い!!

0
社町 迅
(2018-04-14)

私の記憶にもあるような気がして、深い共感があります。 深くて深くて、落ち着いてます。 とても落ち着いている雰囲気に涙をながしたくなります。

0
fiorina
(2018-04-15)

修子さん、ありがとうございます~ 沈黙をしていたひとがふいに溢れるように語り出すのをみると、 語りたくて語れなかったその人の時間を想像します。 ネットはとくにそういうものを画面の向こう側にありありと見せてくれますね。 私は、pc内詩をリアルでないからと忌避する傾向がありますが、 これは、まぎれもなくpc内詩です。 機械のくせに、リアル以上にため息させ涙を流させる、 人間が生み出す機会は人間的だなーと思う今日この頃。 我ながら色彩に乏しく観念的な詩ですが、 修子さんに渋いところを美味しく召し上がっていただけて嬉しいです! >「生命のアルペジオ 鼓動の〇〇リズム」 幻の詩、見つかるといいですね。 私にも、油断をしていてログさえ取らなかった幻の詩がいくつかあります。 詩の一行も思い出せないのに、作者そのもののような鮮烈なイメージが、 波間の岩礁のように確かに存在しています。 ネット詩という場所も、沢山の星が流れては消える夜空のよう。 あなたのあの詩、記憶してますよー、 という、声が行き交う無音の宝庫ですね。

0
fiorina
(2018-04-15)

社町 迅さん、ありがとうございます! >落ち着いている雰囲気に涙をながしたくなります 失われた過去、と思うと涙を禁じえませんが、 私は、時間を矢のようにでなく、空間とともに偏在するものと考えています。 碁盤に黒白の石を打つように、自在に過去も未来も共有できる場所と手段を、 私たちは今与えられているので、たとえ宇宙の果にゆきたいとしても、 なんにも急ぐことはないんだな~、というのが 最近の実感です。 あれ、意味、逸れましたかも!?

0
fiorina
(2018-04-15)

twitterれんけいしました。

0
fiorina
(2018-04-15)

訂正します。 空間とともに偏在→空間とともに遍在

0
ほば
(2018-04-16)

言葉のうねりがすごく響きました。語らないが故に、語られないが故に、存在する数多の詩情や出来事、それを詩があらわすとしたら?問いかけが、無数に溢れました。印刷して、時折、読み返したい。そんな気持ちを抱きました。ありがとうございます。

0
るるりら
(2018-04-16)

おはようございます。 人は だれしも語らないことがあります。自身の心をまもるために黙していることもあるかもしれません。人は喋るのではなく聴きたいときにも人にも黙します。読書の時も、人は黙します。そうではなく、相手との信頼関係が失するときにも、人は黙します。   ≫ふいに語るべき時がきて 心ゆくまで語る人の語り得ぬことが響いてくる その声と私自身の語り得ぬことが 涙ぐんだり笑ったり語り合ってる ≫ 私は、ある方の詩を拝読しているときの私自身の感動を思い出しました。 その詩を読んだ私は、ああ これこそが 私の語りたかった事柄だと涙しました。顔は涙臭くて もうぐちゃぐちゃでした。一編の人様の詩の中に、私自身には語れない表現できずにいた事柄が人様の詩の中には、あるのを発見したのです。私の心の中の なんだか分からない思いは言語化可能されているという事実に感動しました。わたし自身が黙していた多くの時間の昇華されました。わたしの心が、人様の詩の中に あったのです。  さて、話は飛びますが、わたしは あなたに るるりらの心は舌足らずであるという お褒めの言葉をいただいたことがあります。その時のわたしには 反感しかありませんでした。人様に なにか足らないと言われる場合のほとんどが、揶揄です。(足の長さが足らない。知恵が足らない etc)  私は語彙も乏しく、表現もありませんので、私が舌足らずなのは図星です。しかし、私の詩に現れている表層的な部分が足りていないと言われたのではなく、【心が】舌足らずといわれたことが、嫌でした。わたしにとっての心とは、人様の詩の中に私の心があっても すこしも おかしくないのです。心とは限りのないものだと 私は思っています。  本作品は素晴らしいです。詩は ほかの芸術である音楽とも絵画とも劇でも表現できないことを表現する芸術であるという思いに、至りました。つまり詩は語り得ぬことを語り、読者のおひとりおひとりに 味わいの時間経過を まかせることできるのが詩だと感じることがができました。 。拝読できて、よかったです。ありがとうございました。

0
まりも
(2018-04-17)

あんしんして、あのとき、実はこう思ったんだよとか、あの時の私には、このように受け止めるしかなかった、とか、逆に、そんな想いをさせてしまったのか、と後から気づいたリ、とか・・・そのつど、沈黙が生じる。心地よい沈黙、気まずい沈黙、御馳走を頂いた後の、ああ、もう何も言いたくない、というような沈黙・・・ 黙って、ああ、そうだったか、そうだったね、と思いを手渡しあえるような、そんな沈黙って、素敵だなあ、と思いました。

0
fiorina
(2018-04-18)

KURA_HITOさん、ありがとうございます。 皆さん、語りえない思いをさまざま抱いていらっしゃるのだな、と あらためて。 この詩は短いのに、私自身は妙に饒舌感があって困ったなと思っていましたが、 気に入ってくださって嬉しいです。

0
fiorina
(2018-04-18)

るるりらさん、ありがとうございます。 >わたし自身が黙していた多くの時間の昇華されました。わたしの心が、人様の詩の中に あったのです。 本当にこういうことがありますね。 詩を読み、書くことが徒労に感じられることがありますが、 皆でこういう経験をしあっているのだとすると、どんなに報われているか…。 >るるりらの心は舌足らずであるという お褒めの言葉 るるりらさんは、作品もコメントも饒舌な方だと思いますが、 なぜかそう感じるのですね。 そして、詩は余白の文学、とも言われますので、 なにかその足りなさがるるりらさんが先天的に詩人であるゆえんだと、感じました。 表現がまずかったのなら、一旦お詫びしますが、今でも同じ気持ちです。 それに、私は「いつもいつも一杯の心」があながちいいと思わないのです。 むかし、ドストエフスキーの『白痴』という本を読んで、 主人公の美しい青年が「生まれながらの未経験」と作者によって紹介されていたのが、 忘れられません。。 どこまで行っても未経験の主人公を、愛情を込めて書いているのです。 私自身は、これから、様々なことに、どれだけ足りなくなれるかを目指したいと思っているんですよ。

0
fiorina
(2018-04-18)

まりもさんへ >御馳走を頂いた後の、ああ、もう何も言いたくない、というような沈黙・・・ 最高の沈黙ですね。 ちょっと、最近のことなので、bれび的ジャンル横断レスをしちゃいますが、 まりもさんが鵞鳥ボルカさんの「夜」に書かれた選評を読んだ後、この沈黙に浸っていました。 三浦さん(みうらくんのきもち)がtwitterでつぶやいていたとおりでした! >黙って、ああ、そうだったか、そうだったね、と思いを手渡しあえるような、そんな沈黙って、素敵だなあ、と いつも、示唆に富んだお言葉をありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1