お知らせ

吐息に赤が混じって終わった   

作成日時 2018-02-01
コメント日時 2018-03-06

  雨がひどいね 置いて帰るね の 酷さの中を 歩いていた 口の中が渇いて 才能の枯渇は目に見えていた 元々 そんなもの 無かったのかも知れないのにね 見たことがない 植物を捜して あたたかい あたたかい地へ 行った日もあったが 結局は焼け爛れた 腹の底から 血を吐くに帰し にやにや笑って終わります 今日という日も徒労に終わる 物が腐った匂いがする 冷凍と 冷蔵を 間違えてしまえば 置いたのは心臓 山羊の頭蓋 歌が聞こえます 聞きたい 歌が聞こえますか? 装填して 裸の 下半身は 雨に濡れています という 想像、 どういうことか 休めということか 昨日は休みすぎた 一昨日は歌いすぎて酔っぱらっちまった 前頭葉、 を 損傷しているかも知れないと 己に知らされて六年 筆を休めたことがないことを 密かな誇りにしています (ほんとだよ) こんなことは言いたくなかった こんなことは書きたくなかった 雪がふって 楽しいだなんて 生活主義者として 言いたくはなかった 雪をのぞんでいることさえ この谷では罪になるのか と おもうと 否 断固真実の言葉を書け 俺の財布を盗ったのはどこのどいつだ 呪い なぜ俺が汚くなっていかなくちゃいけないんだ いいや愛している みんな愛してる ほんとだよ ほんとだよ あったかい月 眠るに勝る楽はないこと 皿に、雨 本当に参ったことがあったとして その原因は捨て去った たださびしいこころがあるだけだ 花の名前を一つ覚えた 嗚呼、血を吐くようにうつくしい でも、花は強い わたくしは弱い 手紙を下さい この孤独なわたくしに あなたの言葉をください 簡単な言葉の方が届くとして ただ愛してるみんな愛してると大書して下さい 馬鹿者よ と書いて下さい 僕はボクサーパンツ一枚で震えている 最近は 文字だってうるさくなっている 血を吐けば 血を吐けば 血を吐けば 忘れている また読んでしまう 余りにとおくへ それはあなたの近くへ 来たものだが 今日は帰ってきた 雨の中を 雨の中を 僕はボクサーパンツ一枚で震えている


項目全期間(2019/09/16現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:68.1
2019/09/16 05時33分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(4)
み う ら (2018-02-01):

恭平さん毎度投稿ありがとうございます。 Twitterで冒頭をチラ見して、おおっキテるって感じがして、読みました。 歌が聞こえますか? これですね。久しぶりに恭平さんのフレーズにやられた感がありました。 頭で歌が鳴りましたよ。

田中恭平 (2018-02-15):

三浦⌘∂admin∂⌘果実様へ お読みくださりありがとうございました。 最近は私生活で消耗戦を強いられています。 しかし今月二作投稿できて良かった。 歌を歌いながら寝室掃除します。

百均@B-REVIEW ON/ (2018-03-06):

あまり、評を、書きたくない作品で、こんな事言ってしまうとあれなのですが、わかるなぁという感じです。

いかいか (2018-03-06):

こんな改行の仕方と単語の切り方だったけ

投稿作品数: 1