dead end - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


dead end    

轟々と息を吐く父親の貌をした雨雲への羨望が機械人形を自壊させた。スローモーションで四散する彼の電脳に蔓延る球形の渇望と欠落とを最も安易なニンゲンの名で認識しかつ祭祀する極東の鄙びた漁村、錆のような因習のエントロピーは可逆かつ可塑であり、亡霊の抜殻を埋葬した醜い傴僂男の右腕の杭が物語る、そして突き刺す、陳腐な恐怖映画の陳腐な大群が、それらを色褪せた襖の色褪せたスクリーンに容赦無く表象する、容赦無い結末。感傷的な画家による白い灯台の贋作の下、一対の少女が幽霊船を見送り、黄色い手巾を振りながら黄色い悲鳴を上げている。 「ア、蛇が啼いている!!」 「ア、胴体を亡くした腕が水底で踠いている!!」 遺された赤い水兵服だけが波間で鸚鵡貝の無数の仔を孕んだ。アンドロイドは電気羊の夢を見ず、現実に聳える廃墟の山を乾いた双眸で凝視している。矛先を失った青い放浪者の前衛、例えば記号で埋め尽くされた怪文書を散布する犯人を外套の群衆は賛美せよ。やがて粘膜を食い破り、生まれ来る大量の自殺者のために。


作成日時 2017-03-03
コメント日時 2017-03-06

dead end ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 204.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:204.7
2020/04/02 16時10分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

dead end コメントセクション


コメント数(7)
花緒 (2017-03-03):

はじめまして。書き慣れた手つきを感じさせる散文詩です。色々な要素を継ぎ接ぎして作ったようなジャンクな文体が印象的です。父親への羨望が機械人形を自壊させたと。球形の渇望と欠落と。大文字の「父」不在の時代においては、セカイを語ろうとすると、散文的に、ジャンクにならざるを得ない。そんなセカイ/散文のあわい、SF/サブカルっぽいセンテンスとともに描かれているように思います。どこまで深く潜って、考えられた上で編まれた作品なのか、いまいち私には読みきれませんが、気になる作品です。取り急ぎ、初レスまで。

0
もとこ (2017-03-03):

パーツとしての単語も構成された文章も紡がれた物語も、斬新さを目指しながらすでにどこかで見たようなものばかりな気がします。「轟々と息を吐く父親の貌をした雨雲」とか「遺された赤い水兵服だけが波間で鸚鵡貝の無数の仔を孕んだ」という部分はハッとさせられました。このテンションを最初から最後まで維持できなかったのが残念です。また、この長さくらいの作品を、言葉のスタミナを蓄えて一気に書き上げてみてほしいと思います。

0
繰原秀平 (2017-03-03):

コメントありがとうございます。 >斬新さを目指しながらすでにどこかで見たようなものばかり 肝に銘じます。自身の裡にある何か曖昧模糊としたものを認識できてはいるつもりなので、先人の劣悪な模倣に甘んじぬよう、これからも書き続けていきます。テンションを維持しきれなかったのはひとえに私の集中力不足です……。気を付けます。 >大文字の「父」不在の時代においては、セカイを語ろうとすると、散文的に、ジャンクにならざるを得ない 私自身があまり父親に対して好い印象を抱いていないせいもあるかもしれません。そういったものを描く際にジャンクな言葉の羅列に「妥協」してしまう癖があるようなので、ある種の観察眼を磨かねば、と思います。

0
三浦果実 (2017-03-04):

サイバーパンクはジャパニーズカルチャーのお家芸であらなねばならない。 これは有名な思想家三浦果実の言葉ですが、いよいよ当掲示板にも本格派サイバーパンク作家が登場! というところで、止めます。 繰原秀平様、投稿有難う御座います。 サイバー詩人集合体『芽部』の皆さん、繰原さんに引き続き、どうぞ、当掲示板を占領してください!

0
kaz. (2017-03-05):

とっ散らかった印象を受けたが、20でこれが書けるのはある意味才能かもしれない。宮内悠介みたいな成長の仕方をするといいんだけど、なんとなくもっと読者量を増やせば文章も端正になり磨かれると思った。

0
繰原秀平 (2017-03-05):

コメントありがとうございます。 >とっ散らかった印象を受けたが、20でこれが書けるのはある意味才能かもしれない 思えば、一貫したテーマをハッキリと決めて書く、ということをしたことがありませんでした。小説ではないので文脈の整合性はともかくとして、そもそも読者が付かなければ元も子もないので、しばらくはbreviewさんで批評していただく所存です。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-03-06):

結局の所読み方がわからなかった。ので愉しみ方が分らない。が、語の組み合わせとかも楽しい。幾つか元ネタがす婚であるのが分かるが読んだり見たことがないのでわからん。しかし、文章は流れているし、そういう意味で滑っている感じがない。そういう意味で、アクションとテンションの釣り合いが取れている感じがするが、にしてもチンプンカンプンと言えばチンプンカンプン。そういう意味でで一人歩きした文章でもあるけど、ここから何か汲み出す事が出来たら面白いかもしれない、という予感は感じる。というのが感想です。つまり可能性の種のとしての価値はあるのかなと思いました。僕にはこういった趣向の文章が書けないから、読み手としては不相応な反応しか返せなくて申し訳ないのですが。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1