作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一



詳細設定を開く

サソリ

 yamabito
 2   374.8   0   0 

私は想像する 時代は、そう、近未来がふさわしいかもしれない すべての物質が流れ去り、純潔の風と一途な思考によって、静かに運ばれた、砂 透明な砂粒が堆積され、それは白く輝いている 遠く、神々は見おろす それは砂丘のようであり、なめらかな曲線と黒く点在す......


現代詩
作成日時 2021-02-17

蝶を食むユディト

 stereotype2085
 13   1122.7   3   4 

沖縄の基地沿いのマクドナルド まだ幼かった僕は母の手を握って離さなかった 店内にはアメリカ兵ばかりがいた 兄は無邪気にはしゃいでいたけれど 僕は臆して母に身をそっと寄せていた いつか僕からその手が離れると知りながら 陽射しが今日は強かった 春......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-02-14

輾転反側させられ

 鳴海幸子
 9   813.7   1   1 

3回待って、 ① メールは「子供服一着」演技して誘拐。の誘は 誘われるの?誘うの? You are my・・・? ② ぐあす床 ナナ、鬼鬼ババ モーモーでは私 倒れる演技して ③ 紅い筆 時の絨毯 プリーーーツスカートに ......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-02-13

咆哮

 べんもう
 10   875.3   0   2 

さあ右手を回せ 周りがすべて死の場所でしか生きていることを実感できない愚かなお前 一つの迷いも許されぬ 一つの緩みも許されぬ 全てが許されると思うな 私はお前を助けはしない 周りに気を取られるな それはお前を生かしはしない 真っ直ぐに建......


現代詩
作成日時 2021-02-09

深呼吸お花見

 せぶんた
 2   382.4   0   0 

舞い散るこの花弁はだいたい偽物 外出は自粛するべきらしいですね ここは地下のダンジョンだから良いんじゃないですかね 少しお花見には早いんじゃないですかね ここはダンジョンだから良いんじゃないですかね キミとの会話はそれがい......


ビーレビ杯不参加 縦書き
作成日時 2021-02-14

ままならない決意

 いけい・るか
 2   510.6   1   1 

さりげない時間だろうか 赤色を 指摘されながら 横断歩道の 並行に五メートル離れたところを 平気で渡ってしまうように 倫理を刺激する警戒線が 流動する 去り得ない質感だろうか 同極の磁石の 間に起こる 反発力のごとき 義務みたいなもの それ......


現代詩
作成日時 2021-02-11

思い出すことと思い出さないこと。あるいは、語ることと語ら……

 中貝勇一
 2   587.7   0   0 
<批評対象作品>
クロソイド曲線

afterglow「クロソイド曲線」は、小林素顔の推薦文「人にやさしい曲線」(https://www.breview.org/keijiban/?id=6871)もあり、様々に読まれている作品である。これについて、あえて個人的に仕切り直して論じてみたくなったた......


現代詩 批評
作成日時 2021-02-14

 依
 1   289.5   0   0 

いつから私はこの足の 歩みを止めていたのでしょう 気付かぬうちに悲しみが 泥濘のように足を汚しましょう そうすれば私はもう 生きるに値しない道化師なのです 春の陽射しは絶え間なく降り注ぎ 冬の湿雪はこんこんと降り積もる 過ぎ行く季節の合間に......


現代詩 縦書き
作成日時 2021-02-14
投稿作品数: 230