芝生に入るべからず Keep off the grass. - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

芝生に入るべからず Keep off the grass.    

 偬(わたし)は今、もの云わぬ銀川や、月、こはくと、此(こ)う莽えます。統合勿つ其だ円をコピー為(す)るや、人格の水巻き、紅、芝蘭。 人格としてのからふるな如呂(じょうろ)。 瀧(たま)、宗右衛門は二人連れ弥、町、と聞く。女と嘘噏を好(す)て、青いの諍いの溜まり、憧焦れそのものだ覚う、その娘(こ)「我、銀」と云う枯れた花、二十の星に居た、居(お)ると云うからには偬、此胸ヲ、刄とメヒシバの莽(くさ)い。あの娘、紙の様な顔が、菓子みたいに好う、偬、書けぬと云うのが劣かで、只此れで有ると云うが、ちぎるるのでも失くて、二人は、毅(つよ)い星男を、 臨むよ。 非らずとすれば、奏(か)なこ星思い出す。友情たる概念の輪郭を何たる、偬は確かめ触り、君が誰だか覚える。此れは、未来を、どう訳すのか程に、切ない。飴、君が、偬の目の中に居(お)っても、名を「お前」と云えぬ。此様、に。 見えず、と 非んずは異なり。  偬は今、もの云わぬ花。男の叶える赤色丁字、偬も男が居る。宵う、と思える位置に関して、優しさそのものを偬聞こえる、咲(さ)がる。人格的音楽。にー、とナく。此肬の方向、成人。女は、精神成長が只早い。関心が何も無いから、目が絞れとるわ。災いしらず。 片くは、豐次(とじ)り。

scroll


作成日時 2022-04-15
コメント日時 2022-04-21

芝生に入るべからず Keep off the grass. ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1616.2
お気に入り数: 1
投票数   : 6
ポイント数 : 0
#現代詩 #画像 #縦書き #受賞作
項目全期間(2022/08/10現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1616.2
2022/08/10 19時20分12秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

芝生に入るべからず Keep off the grass. コメントセクション

コメント数(13)
柳煙
作品へ
(2022-04-15)

かみさまみたいやしでねて

0
作品へ
(2022-04-15)

こんにちは。てんまさんの作品ってよく、同じ時代に生きている人が書いた詩だとあんまり思えない、異世界的(神秘的)な意味でルールのない文体であることが多くて、例えば違う国や部族の詩や聖典の、誤訳を含んだ翻訳の一部みたいに見えることが多いです。そういった文体を眺めていると私には絶対に書けないなーとよく思うんですが、理解はできないけど致命的な破綻はしていない(危うくも、それでも詩情を私的に感じる)点がとても興味深いです。極私的な詩と言えるかもしれない。添付の絵もてんこさんの世界であって、創作と自分だけの世界、そしてそれ孤高に耐え得るだけの価値と精神とは?みないなことを考えます。まとまらない評を失礼しました。基本的に賛辞を書いております。

1
きょこち❤️久遠恭子
作品へ
(2022-04-16)

はじめまして。陰部は卑猥ですが、いけないとは思いません。これは素晴らしい芸術的な絵だと思います。詩もとても素晴らしい出来栄えで感嘆いたしました。

1
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-04-17)

2022年4月16日の【お知らせ】画像・映像投稿規準に関して を読んで初めてあの画像がビーレビのふつうの芸術的な画像だと思っていたから 投稿されたものと知って再度見ました。かなり芸術性の高い感性のものだと思われます。 わたしは子供の頃から絵を描いていました。だからといって絵画の鑑賞能力はまったくないのですが それでも、なんとなくいいなあと想いました。弾けてます。 すみません、詩本文のほうはわたしには難しくて未だに読解の途上です。

0
三浦果実
作品へ
(2022-04-17)

詩作品を読解するのをやめていて、詩作品は、、いや、私の場合はネット詩として語る。ネット詩を私が読むとき、曼荼羅と対峙するのに近い。てんまさんの作品は特にそう。で、時にてんまさんは作品に画像を添える。今作もそうだけれども、この画像はいうまでもなく、曼荼羅の一部だろう。

1
てんま鱗子(揶白)
柳煙さんへ
(2022-04-18)

コメントありがとうございます。

0
てんま鱗子(揶白)
朝さんへ
(2022-04-18)

世界理解が丁寧で、自分でも気づく事があり、面白かったです。神秘と自我の関連。 私も孤高に耐え得るだけの価値と精神とは?を考えます。孤高という言葉の内容が形の無いこととして、また高徳という形の見えるもの、耐えるもの、対比して、物が足りない事。その辛さだけを黙って聞く時間が「有る」こと。今、無碍が嫌しいこと、など。自分を卑しい、と既から悟っていたマリアについて。そして、「世界」という主体に何となく客観性があり、その客観といったら自己的な主観を定めることではなく、それを綺麗にした上で間に合おうとする赦された自分。

0
てんま鱗子(揶白)
きょこち❤️久遠恭子さんへ
(2022-04-18)

絵は載せてみた後で私も驚きました。お話しくださりありがとうございます。詩も褒めて頂いてありがとうございます。

0
てんま鱗子(揶白)
室町礼さんへ
(2022-04-18)

お知らせ下さったことはあまり嬉しくありませんでした。そういう仲を自分として思う事が出来ないことだからです。絵を褒めて頂いたことは嬉しいです。ありがとうございます。

0
てんま鱗子(揶白)
三浦果実さんへ
(2022-04-18)

普段から読経をされているような気が致します。わしも無心を磨きます。曼荼羅、ことばとして助けてくださりありがとうございます。 整体師の方は、オン、オフが有る、つまり緩める時(部屋)と、締めるとき、があることを仰ってた。体とは神のものでヨガ、太極拳、色んな道、のように、もともと美しいものとして意味重く感じていたい。どんな良いことがある噂で、通信機を取るような、完璧な退化や安物とは向き合いにくい。誰もが出来ることではない難解な部分が、初め、だと思う。どこを、何を初めとしたか。「気」は作るものではなく、こう馬鹿にするものではなく、他人に分からない気持ちなどでかってに繋がる。これが星のようだと思う。

0
室町礼
室町礼
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-04-19)

てんまさん、何か誤解をされてませんか? わたしはただこの絵に関心をもった経緯を書いただけで、 あなたに何も知らせてませんが? 知らせなくともこのサイトの玄関に書いてあることですよね。 それを見て絵に関心をもっただけです。わたしは作品に関心があるだけです。 「嬉しくありません」ということですが、 わたしのうほうも意味不明な不快感を表明されてまったく不愉快です。まして 「そういう仲」って何ですか? コメントをすることがあなた個人との「そういう仲」 になるのですか? なにか一方的に考えすぎじゃないですか? コメントされるのが嫌というのなら今後は控えますが。

0
野良 茶太郎
作品へ
(2022-04-21)

何度読んでも、理解出来ないんだけど、字面は美しい。理解しようとして読んだというより、字面の美しさを何度も眺めた。 今作品は、詩だけで、充分他人を満足させられると思う。詩を眺めるだけで、お腹いっぱいすぎて、絵は要らないと思った。

1
作品へ
(2022-04-21)

フォーラムの方に意見を寄せさせて頂いたので、やはり作品に対してコメントさせて頂かないと不十分だと思いますので改めて失礼します。 作品を読んで直ぐにコメントしなかったのは、正直な所、詩の方の意味を全く読み込めなかったからです。野良さんのコメントを読ませて頂いて、自分がどう感じたかを書けるヒントを頂けたので書きます。 確かに字面だけでも美しいと感じるんですが、私は絵が全てを物語っているようにも思えて絵の効果を十二分に感じた派です。絵に嫌なわいせつさは感じませんでした。美しいです。久しぶりに詩的な絵に出会えたような気がします。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 4