はじまりの世界へ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

はじまりの世界へ    

終わっちゃったの? うん、そう、終わっちゃった もう 続かないの? うん、もう、続かない ずっと ずっと 終わったまま? そう、ずっと、終わったまま また 何か 始まる? うん、始まる、きっと 向日葵の芽が伸びて 誰かが 支柱を添えるように 私たちも この「終わり」を支えに 伸びていける ここから先の 暑い季節を 精一杯に 突き抜ける程の 沈み込む程の 青い空と 流れる汗と 一緒に 世界って とても 綺麗

scroll


作成日時 2021-05-11
コメント日時 2021-05-26

はじまりの世界へ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 1602.8
お気に入り数: 3
投票数   : 3
ポイント数 : 9
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻11
構成33
総合ポイント99
 平均値  中央値 
叙情性0.81
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧00
音韻0.30
構成0.81
総合2.32.5
閲覧指数:1602.8
2023/02/09 07時54分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

はじまりの世界へ コメントセクション

コメント数(17)
沙一
作品へ
(2021-05-11)

意図されていない読みで失礼にあたるかもしれないのですが、前半は官能的な行為の後と重なりました。心地よかった春の終わりは惜しい気分にもなりますけど、暑さの厳しい夏が始まっても、嬉しかった思い出が生きる励みになるなあと感じます。

1
宵月
沙一さんへ
(2021-05-11)

ありがとうございます。 全然、官能的な思いはなかったですが、そんな読み方もしてもらえるんだなーと、感動してしまいました。 自分の書いた文章でも、いろいろな読み方してもらえて、嬉しいです。

0
mimi
mimi
作品へ
(2021-05-12)

初めまして、こんにちは。 誰かと対話しているのか、自分自身と対峙しているのか、読み手の想像次第なのかな? 始まりがあるから終わりもある。 終わりがあるから始まりもある。 向日葵の初芽の時期は今でしょうか? 季節感も感じてリアリティーがあります。 青い空からの文面からの「世界ってとても綺麗」が丸い青い地球儀を汗からの雫から連想しました。 沈む気持ちを心だけは汚さず(地球もなんだけど)今の時代を突き抜けたいと思う、そんな気持ちになりました。ドキドキ☆ ありがとうございます(人 •͈ᴗ•͈)

1
三浦果実
作品へ
(2021-05-12)

こんばんは。前回、宵月さんの作品は普通な感じを上手く使っているという主旨のコメントをしました。言い方を換えれば、読者側を意に介さず本来あるべき(かは判りませんが)詩の書きなのかなあと、本作を読んで思いました。もう少し平たく云えば、アクロバットな書きを排除されている、と表すればよいのかもしれません。私は俳句の良さを感受する感性は開かれておらず、(詩を感受する感性もありませんが)ただ、何といいますか、私には何かが見えていない、そのような気づきが、宵月さんの作品に接するたびにあります。それはもしかしたら、宵月さんが作中に多く用いられる季語にあるのかとも。本作でいえば、向日葵という語句です。はじまりの世界とはオリジンなもの、新しく迎える朝のような気持ち。述べてきました私がもつ作者宵月観に沿っていえば、本作の4連までが無く、いきなり向日葵から始まる方が、宵月さんらしいようにみうらは思いました。

1
宵月
mimiさんへ
(2021-05-12)

コメント、ありがとうございます。 どんな時も、空を見上げることを忘れないようにしてます。 世界が綺麗って、いつも感じたいって、思います。

1
宵月
三浦果実さんへ
(2021-05-12)

コメントありがとうございます。 読んでいただき、嬉しいです。 読んでくれる人を考えて、深く考察して、詩を書いている皆様に、申し訳ないくらいに、私は自分の為だけに書いているんでしょうね。 それでも、気に留めて、何か感じていただけたなら、やっぱり、世界っていいなと思います。

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2021-05-12)

終わったこと、と 初夏との間が良かったです。読んでいて気持ちが良かったです。

1
作品へ
(2021-05-13)

こんばんは。ちょっと重い(そして単調な)読みになってたら申し訳ないのですが、冒頭から、幼い子に「どうしてぼくはここにいるの(存在するの)?」と根源的な質問をされてしまった大人みたいな気持ちになり、引き込まれました。 「終わり」(あるいは喪失)というテーマは、みんなにあるのでみんなが(濃淡ありつつ)そうなのかも知れませんけど、私の創作のメインモチーフの一つなので、気になったこともありました。 後半、向日葵が倒れないように支柱を添えるという物理的、情景的な行為から、「終わりを支えに〜」という生き物の中でおそらく唯一人間だけが、自分に終わりがあることを知っているから、その重みのもとに生が成り立っている、という人として根本的なことが、詩として書かれているように感じました。 それでいて、言葉使いが前半は子どもらしく、後半は、世界や季節の自然な肯定の言葉に繋がっていて、その、テーマと文体の比重というか、対比がなんだか爽やかというか、自然体?てらいがない?そんな感じがしました。 たぶん私は実世界との繋がりが薄いから詩を書いているタイプなので(錨を自作している感じ?)、世界との繋がりや、世界と自己との連続性を強く感じる詩に対して、興味深く対岸を見るような感じでついつい眺めてしまうのかもしれません。 でも最初に書いたとおり、突然子どもに根源的なことを聞かれたような衝撃が、詩に襟を掴まれた感じで、それが私的にすごくいい体験でした。

1
宵月
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2021-05-17)

ありがとうございます。 次の季節を、新しい気持ちで、迎えられたら、終わりを終わりとして受け止めて、次の季節への支えにしたいと思います。

0
宵月
朝さんへ
(2021-05-17)

ありがとうございます。 私はこれまでも今も、沢山の子どもと一緒にいて、子どもはきっと、何もかも分かっていて、大人になるってことで、生きやすいように、いろんな何かを少しずつ、忘れていくんじゃないかなぁと思ったりします。 でも、何かのタイミングや、出来事で、胸が苦しいと思うくらいに、戻る気持ちがあったりして。 そんなものを、文章にしていけたらいいなと、思っています。

1
Thukiniko
Thukiniko
作品へ
(2021-05-18)

タイトルが「はじまりの世界」なのに、出だしから ▷終わっちゃったの? ▷うん、そう、終わっちゃった ときたので、少し意表をつかれた感じがしました。 「終わり」についての捉え方の表現が ▷ 私たちも この「終わり」を支えに ▷伸びていける ここから先の と、説教じみてないけれど、真理をついている感じを受けました。 また、 ▷ また 何か 始まる? ▷うん、始まる、きっと という連では、「きっと」と含みを持たせた感じにしつつ、詩の最後 ▷ 世界って とても 綺麗 と言い切る表現によって詩が締めっていると感じました。

1
Thukiniko
Thukiniko
作品へ
(2021-05-18)

と言い切る表現によって詩が締まっていると感じがしました。 です。失礼しました。

1
まさ
まさ
作品へ
(2021-05-19)

冒頭の会話、 「終わっちゃった」「続かない」「終わったまま」 に死を連想しました。 詩全体に、死と、死があるからこその精いっぱいの生、 という雰囲気を感じます。 「終わりを支えに伸びていける」という表現に 死んでいくものと、残されたものの関係が あらわされている感じがします。 向日葵の発芽時期は、調べたらちょうど今頃ですね。 そして開花時期は真夏ですが、 真夏というとお盆があります。 向日葵がもっとも元気に咲いている時、 死者と向き合う時でもあるような。 それらを踏まえたうえでの、 最後の四行の描写、 ほんの短いあいだの精いっぱいの生のきらめきに、 感動をおぼえました。

1
宵月
Thukiniko さんへ
(2021-05-19)

ありがとうございます。 終わりが、はじまりにつながるものであったら、終わりを怖れることなく先に進めるのかな、と思いながら書いてみました。 そして、どんな時でも、世界は綺麗なものに溢れている、そう思いたいです。

1
宵月
まささんへ
(2021-05-20)

ありがとうございます。 死、を意識することは、やはり、生 を意識することと同じくらいに、生死というか、終わりとはじまりを同じくらいに、大切にしたいと、思うようになりました。 文章を書く、ということは、私にとってあまり深く考えてする行為ではなくて、申し訳ないくらいに、わがままな書き方になっているのかもしれません。 ただ誰かが、少し、気に留めてくれたら嬉しいなといつも思います。 向日葵は大好きな花です、今年も見るのが楽しみです。

1
楽子
楽子
作品へ
(2021-05-26)

すごい良いです。 >向日葵の芽が伸びて >誰かが 支柱を添えるように ここが大成功ですね。 これが無かったら締まらなかったと思いました。 水泳の時間、クロールで息継ぎをしたときにだけ見える空の青さのような、 息苦しくて美しい作品です。

0
宵月
楽子さんへ
(2021-05-28)

ありがとうございます。 クロールの息継ぎ、すごくわかります。息継ぎの瞬間、空が見えました。思い出します。 終わりたい、始まりたい、そんな感じをただ書いてみたのですが、褒めていただき、嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2