LAST SENCE┣┳(終わってんなお前の詩)┫ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

LAST SENCE(終わってんなお前の詩)    

琴線を束にした身体は、触れる度に気がどうにかなってしまいそうさ(なんか、琴線に触れるを間違って使ってそう。) 世界で一番高い建築物から見上げる空は何時もと違って近い気がするね(実際に高い建築物を分かってなさそう。) そう言えば栓を抜いた日から海水と魚は何処に消えてしまったのだろう(もう生きていけねぇだろ…。) この青い密室に閉じ込められると、そんな事を考える余裕が出来るんだ(書いてるこいつはいつも余裕ないのにな。) 放牧してる農家に雇われている君は、減っているよりも増えてる事を恐れる(何を飼ってんだよ。何がどう増えると怖いんだよ。) きっと乱視になって来てるんだろうから眼科で診察を受けな(じゃあ、別に怖くねえだろ。深刻ぶんな。) ルービックキューブみたいに音を鳴らしながら世界は組み替えられた(随分と簡単な世界やな。ま、私は解けた事ないけどね。) 新しい交流は繁栄と争いを歴史として編んでいく(編んでいくはDNAの螺旋構造とかけてんのかな?キモ。) 神は軽快だった手を止めて長考の末に手離したのだろう(はい、神って曖昧で強い単語来ましたー。) まぁ、僕らの世代が消えた頃にはそれが当たり前になってるだろうから(いい加減やな。) 未来の事なんて考えなくて構わないね(考えなくて良いならここの節は何の為にあるの?) ロボトミーチンパンジーよ、お前には天井のバナナが三日月に見えてるかい?(猿だからバナナが三日月は安直過ぎでしょ。) ハールメンが子供達で作った大蛇が地上を舐める様に這いずる音を(態々、大蛇に例えるのね。) ただ黙って聞いているのかい?(え、なんかアクション起こさないといけないの?) 氷の花はどれも陽射しを浴びて、満開になる前に散ってしまうんだ(気候や季節にもよるでしょ…。毎回、溶けてたら子孫残せないでしょ。) それはとても悲しい事だけれど、吐き出された星屑の多くが願いを孕むなら(悲しい事なの?吐き出された星屑は流星の事を言いたいのかな?随分と遠回しな言い方するね。) 僕はそれを受け入れられそうさ(あ、そうなの…良かったね…うん。) 君のラストセンスを必要だと僕達は理解している(君って誰?僕達はどっから来たの?必要でないし、理解できない。) 日々の中で遅れていた何かが革新、急進しだす為に(何かのままでは良くないんじゃないかな…) 継ぎ接ぎだらけの言葉には、信憑性なんて生き物は住んじゃいなくて(そうだね。この詩がさっきから証明しているね。) カーテンの隙間から漏れる日光を目掛け煙を吐くと脱出を試みてるみたいだ(随分と変な物の見方をするね。てか、前の文章と繋がってんのこれ?) 感傷的になってしまう領域から急接近して形無き心臓を鷲掴みにしたい(随分と突拍子もない事を考えるね。) 生まれ変わる事が出来るのさ、流れから外された星だって(そんな星だけ生まれ変われない世界があるなら可哀想だね。) 万物に立ち向かうスペクタクルの主役になる気があればの話だけど(あ、苦労するのね…) 高く高く、高く梯子を作って登らないと雲から伸ばす手に触れられない(序盤に世界一高い建築物に居なかった?変な苦労しようとするね。) 新しい太陽が昇る時に誰もがその瞬間は孤独で繋がっている(んんんん?孤独でつながるって矛盾してない?) 泥のようになった死産が人もどきとなって忘れられた底を彷徨う(忘れられた底を書いている時点で忘れられてないよね?) 嘘で塗り固めた中でセックスだけが真実の女の結末を知る(また嘘と真実の矛盾を使ってるし、この女はさっきの君なの?何なの?) 猜疑心を植付け芽吹かせる、それと同時に変わる事を口走るが(これ読んでると猜疑心に塗れて行くよ。) もう人の心には異国の様に届かず通じもしない(異国でも国際電話とかあるし。文化の発展を舐めてんの?) 一部の虫や鳥の様に、星空の夜に雲は何処に潜んでいるのだろう(さっきから空について触れてるけど滅茶苦茶だし、一部で具体的にはどんな虫や鳥を言ってるの?) 繋ぎ止めるのは地下水源から湧き出る涙と墜落した人工衛星(新しい太陽が孤独で繋ぐんじゃないの?) 砂が金に変り、血が銅に変り出す頃に、潮の泡立ちは銀になり(金銀銅を使いたかっただけでしょここ…。) 遅れた希望が音となりやって来るのを聴き逃してはいけない(遅れてやって来る希望なんてろくなもんじゃないでしょ…。) 君のラストセンスを必要だと僕達は理解している(これさ、繰り返しているけどここがこの詩の肝なの?冗談でしょ?) 日々の中で遅れていた何かが革新、急進しだす為に(勝手にしてろ下らない)


作成日時 2020-12-13
コメント日時 2020-12-28

LAST SENCE(終わってんなお前の詩) ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 21
P V 数 : 2078.1
お気に入り数: 3
投票数   : 5
ポイント数 : 48
#現代詩
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性1010
可読性1010
エンタメ1919
技巧33
音韻00
構成66
総合ポイント4848
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性3.33
可読性3.30
 エンタメ6.33
技巧10
音韻00
構成20
総合169
閲覧指数:2078.1
2021/02/25 05時14分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

LAST SENCE(終わってんなお前の詩) コメントセクション

コメント数(21)
しのぶ
しのぶ
作品へ
(2020-12-13)

読んで、ふふっと笑ってしまいました。

0
うるりひと
うるりひと
作品へ
(2020-12-13)

暴力的な語り口に若さを感じます。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
しのぶさんへ
(2020-12-14)

お読みいただきありがとうございます。うふふふ♪

0
カオティクルConverge!!貴音さん
うるりひとさんへ
(2020-12-14)

イキリネット弁慶のアダルトチルドレンなんです。

0
沙一
作品へ
(2020-12-14)

セルフツッコミしてる詩なんて初めて読んだ、しかもルビをつかって。 詩にツッコミをいれてるのか、それともツッコミのために詩があるのか、わからなくなってくるけど、いずれにせよ、これは詩とツッコミを合わせて一つの作品なのでしょう。やったもん勝ち。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
沙一さんへ
(2020-12-14)

お読みいただきありがとうございます。 以前からルビ機能の新しい使い方について考えていまして ちょっと形にしてみました。 私はこういった詩を書くのも読むのが好きなんですが 他人が見た時にこんな感想が出るんだろうなと思ったので ()中に込めてみました。

0
のいえられこーず
作品へ
(2020-12-18)

そうなんですよね、メタ書きってもうお笑いごとになっちゃってるように思うんです。だったらもう自家発電で自己完結してるほうが見映えがいいように思うんです。その自家発電さの滑稽でいてあーなんだかこの作品はきれいだなあって方がいいように思えた作品です。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2020-12-18)

お読みいただきありがとうございます。 深夜!天才バカボンみたいなメタ加減になってしまいましたが それっぽくやれたかなと考えております。

0
せいろん
作品へ
(2020-12-20)

爽快感を味わえました! とても楽しく読めました。 ツッコミどころが面白く、こういう方と話せたら話題が尽きないんだろうな、と思いました! 良かったです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
せいろんさんへ
(2020-12-20)

お読みいただきありがとうございます。 まだ筆者名出てないですけど以前、喋っていましたよ。 めんどくさい奴だったかも知れません。

0
早坂 純一
早坂 純一
作品へ
(2020-12-22)

揺さぶられながら、興味深く読ませて頂きました。()の部分が無くてもすごいのに、さらにつっこみ?のバランスがとても新しいと思いました。特に、神・嘘・真実・繰り返しが響きました。ありがとうございます。

0
渡辺八畳
作品へ
(2020-12-24)

詩の内容より先に思うのは、ビーレビってこんな使い方もできたんだっていう驚きと感動。スーパーマリオ64のケツワープみたいな、ゲームのバグ技をはじめて目の当たりにした日のような気分。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
早坂 純一さんへ
(2020-12-24)

()が無くてもと言っていただきありがとうございます。 もし()の部分が無かったらなんやこれで終わってしまうものだと思っていたので やってみてよかったです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
渡辺八畳さんへ
(2020-12-24)

お読みいただきありがとうございます。 ルビ機能が付いた時に誰かしら思い付いてやるだろうと放置していたんですが 親しい人とビーレビの話になった時に使ってみないの?と言われたのでやりました。 私は音楽も写真も絵も出来ん身分なのでこうやって文だけで頑張ってますが 後は何やったら良いのか分からないのが正直なところです。

0
湯煙
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2020-12-24)

既視感のある表現や詩作品そのものへの批評がこめられた作品なのかなと思いました。ツッコミの可能性と力を感じました。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
湯煙さんへ
(2020-12-26)

お読みいただきありがとうございます。 当時は良いなと思っても時間が経つと何だこりゃとなる事が多いので 自虐してみました。 他の方は過去の自詩を見た時にどう思うのか気になる所です。

0
てんま鱗子
てんま鱗子
作品へ
(2020-12-27)

言葉が溢れてくるようでした。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
てんま鱗子さんへ
(2020-12-27)

お読みいただきありがとうございます。良い意味で溢れているなら嬉しいです。

0
宵月
作品へ
(2020-12-28)

0
宵月
作品へ
(2020-12-28)

コメント書く前に送信してしまいました。すみません。 書いてはツッコミ、のスタイル、読んでいて楽しかったです。 こんな詩の書き方もあるのだなと、ワクワクしました。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
宵月さんへ
(2020-12-28)

お笑いDVDで副音声ネタ解説があったのですが、そんな感じに出来たかは分かりませんが楽しめる形に出来たみたいなのでやってみてよかったです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1