桜の雨 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

桜の雨    

わたしにとって、桜とは空から降ってくるもので、それは天気の一種であります ビニール傘の薄い膜が、わたしを花びらから護っています なぜならわたしは弱く溺れており 水溜りを撫でる北風が、わたしの姿を(あるいは、誰かを?) 際限なく細切れにして 際限なく傷ついてゆくとき かつて、空へとなびいた黒髪や(今はもうなびかない) 水溜りを犬のように蹴って、こちらを振り向いたひと(あるいは、扉を?) 使うとなくなってしまう言葉を使ってそれらを書き留めてゆきます 次の日は、一匹の翅虫が降りました きっと地に留まるための翅だったのでしょう かわいそうに 天気によってひとが傷つくことを 知っていたのでしょうか また会えるのでしょうか ゆっくり話す人になりたいと思います ゆっくり笑う人になりたいと思います (春風が吹いている)

scroll


作成日時 2020-03-30
コメント日時 2020-04-13

桜の雨 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 1823.0
お気に入り数: 3
投票数   : 0
ポイント数 : 38
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/01/20現在)投稿後10日間
叙情性1313
前衛性33
可読性33
エンタメ00
技巧88
音韻44
構成77
総合ポイント3838
 平均値  中央値 
叙情性2.61
前衛性0.60
可読性0.61
 エンタメ00
技巧1.61
音韻0.80
構成1.41
総合7.64
閲覧指数:1823.0
2021/01/20 06時45分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

桜の雨 コメントセクション

コメント数(17)
石村利勝
作品へ
(2020-03-30)

すばらしい、の一語。ほかに言葉がない。

1
石嶋ユウ
作品へ
(2020-03-30)

はじめまして。 春の雨の表現と “使うとなくなってしまう言葉を使ってそれらを書き溜めてゆきます” というフレーズが素敵だと思います。

0
ariel
ariel
作品へ
(2020-03-30)

「決意」という言葉が持つ堅さとは裏腹な、柔らかくて丸い最後ですね。桜の花びらに傷ついてしまうくらい繊細な方の優しい詩に出会えて、とても嬉しくなりました。 電気の周りを舞う羽虫の大群を掃除機で吸いまくる私には、到底書けそうもない優しさです。←

0
星空そとば
石村利勝さんへ
(2020-03-31)

>>石村利勝さん ありがとうございます

0
星空そとば
作品へ
(2020-03-31)

>>フィフティーさん 空から落ちてくる桜が天気の一種だという着想は、自分が言語学者になって、未知の言語を話す部族のところにフィールドワークに行く妄想をしていたときに、その部族が話す言葉では、空から落ちてくるという意味の接尾語が名詞につくことで天気を意味するようになる(例:光-空から落ちてくる=晴れ、水-空から落ちてくる=雨、等。ただし僕の頭の中でこの世界は200年前から小氷期に入っており、『雪』だけは200年以内に隣の部族から入ってきた外来語で、この法則に従わない という論文を書くという妄想をしていました)というアイデアを得て、これは詩にも使えそうだなと思い、とっておいたものです。 “使うとなくなってしまう言葉を使ってそれらを書き溜めてゆきます” は、以前Twitterで「言葉は使ってもなくならないんだから、もっとありがとうとか口に出していこう」的なツイートを見て、逆に言葉が使うたびになくなっていったらめっちゃ面白いなと思い、これも詩に使えそうだなと思い、とっておいたものです。

0
星空そとば
作品へ
(2020-03-31)

>>フィフティーさん 隣の部族→北の部族

0
星空そとば
arielさんへ
(2020-04-03)

ぼくも羽虫の大群が電気の周りを飛び交っていたら掃除機で全部吸ってしまうと思います。ぼくは優しくも繊細でもないですし、他より多少偏執的なだけの人間にすぎないです

0
トビラ
作品へ
(2020-04-06)

返(物語)詩です。 「桜観測所」 桜観測所では、ネムネムおじいさんが、世界中の桜を見守っています。 ネムネムおじいさんは、春風望遠鏡を通して、全ての桜の木を見ているのです。 ネムネムおじいさんの足下をトタターと走り回ってる男の子は、パチクリくん。 ネムネムおじいさんの助手として、一緒に桜の木を見守っています。 パチクリくんは、春風望遠鏡を覗くより走り回ってる方が多いのですが。 たった今、今年、世界で初めての桜の蕾がほころびはじめました。 ネムネムおじいさんは、春風望遠鏡の焦点をそこに絞り、じっと見つめました。 桜の蕾が、今にも咲き、花へとなろうとしています。 ネムネムおじいさんは、パチクリくんを膝の上にのせ、パチクリくんと一緒に、その開花を見守りました。 パチクリくんは、桜を応援するようにふうふう息を送ります。 ネムネムおじいさんは、パチクリくんの口を手で優しく押さえて言います。 「ゆっくり、あの蕾の咲きたいようにさせてあげなさい」 パチクリくんはこくこく頷くと、息を送るのもやめ、ネムネムおじいさんと一緒に蕾の開花を見守ります。 桜の蕾は、震えながら、今、桜の花びらに開花しました。 その花をさきがけとして、次から次へと、桜が開花していきます。 世界中の桜が咲きました。 桜の花の季節です。 ネムネムおじいさんは指差しました。 「あっちの桜の下にはたくさん人がいるね、こっちの桜は山奥で静かに咲いているね。人が見ていても、いなくても、ちゃあんと咲くんだねぇ」 パチクリくんは目をまるまるにして、春風望遠鏡を覗きました。 ネムネムおじいさんは、パチクリくんの頭をくしゃくしゃ撫で、聞きました。 「どの桜がいい?」 あれかな?、これかな? 右に、左に、首を傾げて、でもなかなか決められませんでした。 なぜって、どの桜もとてもすてきだからです。 ネムネムおじいさんは、言い方を変えました。 「どの桜が好きだい?」 パチクリくんは、たくさんの桜をつぶさに見て、一つに決めました。 緑あふれる家の庭にある、小さな桜の木。 ネムネムおじいさんは、確認しました。 「本当にあの桜にするんだね?」 パチクリくんはこくこく頷き、ネムネムおじいさんの方を見ました。 その目があんまりにもまんまるだったので、ネムネムおじいさんはにっこり微笑みました。 ネムネムおじいさんがにっこり微笑むので、パチクリくんもにっこり笑いました。 ネムネムおじいさんとパチクリくんは、桜の花びらが最後の一片まで散りきるのを一緒に見守りました。 さあ、葉桜の季節です。 * 返歌です。 君は今、入学式にいるのかなずっと見てるよ桜観測 * 散っても散っても咲く、 桜のように生きることを願って。

0
夢うつつ
作品へ
(2020-04-06)

かわいい、かわいい詩です。最近のそとばさんの作風はかわいい方向に向かっているような気がします。共感覚的で、詩句にはその感覚、雰囲気に身を委ねたような物も多いのですが、全体として統制が取れていて良いと思います。最後の(春風が吹いている)は少し陳腐かなとも思いましたが、それでも上手く読ませ切るだけの言葉の流れ、暖かさがあります。

0
萩原 學
萩原 學
作品へ
(2020-04-08)

僕の車を停めている駐車場は、裏手に桜並木がありまして。この季節には花開くこと、車の屋根に差し掛ける傘の如くでありますから、花吹雪の文字が実感できるほどには、我が車は桜を浴びております。出掛けるには先ず花を払うのがひと仕事でありまして。花弁やら萼からが車体に張り付き、必ずしも愉快な仕事ではないのだけど、それで駐車位置を換えようという気にはなれず。黄砂を齎し花を散らすというより樹を揺する春風は優しくはなく、できれば乱暴はしないで欲しいものですが。これを止める力など僕にはなく、風々吹くなと呟くばかり。ビニール傘はお勧めできかねます、あれは余りに安価で職人の仕事を奪い、余りに透けて見えるので恥知らずにも、つい傘をさしたまま天を仰いで仕舞うのです。

0
田中修子
作品へ
(2020-04-09)

綺麗です。なんだか、泣きたくなってしまう詩だなあ。

0
星空そとば
トビラさんへ
(2020-04-10)

返詩ありがとうございます。

0
星空そとば
夢うつつさんへ
(2020-04-10)

詩がかわいいというのは多義的な感覚だと思うし、夢うつつさんが具体的にどういった意味でそう言っているのかは、私にはわかりませんが、うれしいです。私は、かわいいと言われることがとても好きです。かっこいいよりも好きです。

0
星空そとば
萩原 學さんへ
(2020-04-10)

桜吹雪のなかにいると、傷ついたような、早死にしたいような気持ちになってしまいますね。凡庸と言えば凡庸ですが、たまには凡庸なものを書いてもいいかと思い、この詩を書きました。 ぼくはビニール傘が好きです。透明なので。

0
星空そとば
田中修子さんへ
(2020-04-10)

そう感じていただけたならうれしいです

0
鈴木歯車
作品へ
(2020-04-10)

第一行目が一番の好みです。言葉のつながりがスムーズすぎないので、その隙間に自分の想像いっぱい詰め込めるというか。 「詩は読者が作るもの」とはよく言ったものです。

0
星空そとば
鈴木歯車さんへ
(2020-04-13)

詩の冒頭はなるべく強くしたいので、温めておいたとっておきのアイデアを使うことが多いです。(空から落ちてくる桜が天気の一種だという着想を得た過程はフィフティーさんへの返信に書いてあります) 行間の多い詩だという意識はあまりなかったので意外です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2