頭上 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

頭上    

いつでも空は頭の上にある 人間は立って前を向くから 頭上にあるものは見上げないと分からない 電線なども頭上に張り巡らされている 頭の上にはいつも何かある 近いところにも遠いところにも 見えるときには圧倒的な存在感を持ち 見えないときには不安をもたらす だからいつかあそこへ いつまでも不安にならない 涙をこぼすことも必要ない あこがれの場所へ


頭上 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 22
P V 数 : 1514.3
お気に入り数: 0
投票数   : 3
ポイント数 : 0

作成日時 2023-05-06
コメント日時 2023-05-17
#現代詩
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1514.3
2024/05/30 11時31分15秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

頭上 コメントセクション

コメント数(22)
入間しゅか
入間しゅか
作品へ
(2023-05-06)

もし逆さまに歩く生き物がいたら感覚も真逆なのかなと全然関係の無い事を思いました。見えないからこそ憧れる場所、天であり地の底であるのかもしれかい。

1
黒髪
入間しゅかさんへ
(2023-05-06)

こんにちは、コメントありがとうございます。地の底に憧れる生き物は面白いですね。空が嫌いで。そういう生き物を天使と呼ぶべきかもしれません。入間しゅかさんの考えるそのような生き物も、もしかしたらいるかも知れませんね。僕は倒立ができないので失格ですが。約束を破ると、逆立ちして街を歩き回らないといけない、笑。

0
m.tasaki
作品へ
(2023-05-06)

こんにちは。 この詩を読んで、八木重吉や星野富弘の詩に、空が自分を見ている、といった意味の詩があったことを思い出しました。 圧倒的な存在感や不安、そして憧れの場所。それらの詩句を観て、何か二人の詩と共通するものがあるような気がしました。

2
黒髪
m.tasaki さんへ
(2023-05-06)

こんにちは、m.tasakiさん。コメントをありがとうございます。 そういえば、不安や存在感を感じたとき、空が見ているような感覚を受けました。人間は海から生まれ、地上に生き、空に帰っていくのでしょうか。二人の詩人はそういったことも考えていただろうと思いました。とてもためになるコメントをくださってありがとうございました。

0
たわし
作品へ
(2023-05-07)

こんにちは。 どこからが空なのか考えたことがあります。頭のあたりは違うだろうとか、その上の屋根のあたりとか、空は青いらしいのできっともっと高いところを指すんでしょうけど。短くまとまっていて読みやすいですね。

1
黒髪
たわしさんへ
(2023-05-07)

こんにちは、たわしさん。コメントをありがとうございます。 僕は、空って思えるところが空だと思うのですが、科学的に考えたり、ふと疑問に思うと気になりますね。この詩では、空と思った、感じられたという感覚を重視しています。読みやすいことは意識しました。ありがとうございます。

0
きょこち(久遠恭子)
作品へ
(2023-05-11)

空を見上げる事、忘れて下を向いて歩いていたりします。頭上には色々な景色があると、ふいに気付く瞬間を捉えた素敵な作品だと思いました。ふと、屋根の上の猫を見つけたりしたいです。

1
黒髪
きょこち(久遠恭子)さんへ
(2023-05-11)

こんにちは、きょこちさん。コメントをありがとうございます。 頭上の色々な景色についての叙述と読み取ってくださり嬉しいです。意外な空を発見し感じ入りたい。屋根の上の猫、僕は見つけたことがないなあ。ふと見かけたりしたら嬉しいですよね。あ、2階の窓から飼い猫が出ていったのを見おくったことはあります。

1
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-05-15)

感想です。作品の構造としては、まず道理を説き、そして自己の信仰を告白する。 念じ、花ひらく、イメージを感じましたが、これは前作などの踏襲としてのことかと。 しかし今作では「タフさ」、その、道理を「空」一点に絞ることによって 強固になっていると思われます。

1
黒髪
田中恭平 newさんへ
(2023-05-15)

こんばんは、田中恭平さん。コメントありがとうございます。 まず道理を得て、信仰を得たという順番で着想しました。空に関する見方です。空に対する見方がタフになったというのは確かです。頭上にあるものの正体を、知らずに来たので、見方に新鮮な驚きがありました。するとそれが信仰につながった、展開したという感じです。

1
田中恭平 new
田中恭平 new
黒髪さんへ
(2023-05-15)

そこはか、ハードロック、メタルに通じるタフさを感じましたが これは言いすぎでしょうか? その展開が、今後、様式美に至る可能性を期待してしまいます。

1
黒髪
田中恭平 newさんへ
(2023-05-15)

それはありますね!言われるまで気づきませんでしたが。空がなんとも言えない危険さを含んでハードだなと思った情景を描きました。様式美と精神の関係を考えてみたいです。

1
田中恭平 new
田中恭平 new
黒髪さんへ
(2023-05-15)

おおっ。ヒントになられたらありがたいです。 それが、私もその筋を探ろうとしていた時期がありますが、未だ墓参りもせずで。 なにか、黒髪さんとは、息が、合うのですよね、不思議な縁で。 質問に応えて下さり感謝です。(*^^*)

1
黒髪
田中恭平 newさんへ
(2023-05-15)

ヒントになりました。自分にもっと能力が欲しいところですが、無い袖は振れないです。縁というのは、前世から続いているもので、大事にしないといけないです。こちらこそこれからもよろしくお願いします。

1
もじゃお
もじゃお
作品へ
(2023-05-15)

最終連のキャッチーさに昇天しました。勉強になります^ ^

1
黒髪
もじゃおさんへ
(2023-05-15)

こんばんは、もじゃおさん。コメントありがとうございます。最終連はキャッチーだったですか。感情のままに、感じたのを大切に、工夫して書いたのが良かったかもしれません。本当はバンバン昇天してほしいのですが、なかなか真面目な話なので、簡単にはいきませんね。

0
もじゃお
もじゃお
作品へ
(2023-05-16)

お返事いただきありがとうございます^ ^ 感じたのを大切に描かれたのですね。導入からイメージが見えやすく、黒髪さんと同じように電線のかかる空を見上げた気でいました。 スマホに目を落として字面を追いながら、心の中では憧れの場所を見上げ、昇っていくような。 読み手として僕は、昇っていったのですが、黒髪さんの足が、地についていたのであれば、そこは読み手ゆえの無責任という事でご容赦ください。

2
黒髪
もじゃおさんへ
(2023-05-16)

電線を感じていただき嬉しいです。世界共有と言うのか。 バンバン昇天して欲しい、については、天国にみんな行ってほしいなという意味で言ったものです。こんな事ばかり考えているので、もう少し地に足をつけないといけないなと思います。

1
積 緋露雪
積 緋露雪
作品へ
(2023-05-16)

コメントありがとうございます。とても嬉しかったです。私もこの詩にコメントしますね。あこがれの場所へと行くまで、急ぎすぎているように思います。寄り道したりしてもいいと思います。これでも黒神様の思いは伝わるのですが、黒神様が何に涙を流すのかの一節があるともっと最後の一節が生きてくると思います。それは具象ではなく、隠喩でも構いません。と、偉そうなことを書いていますが、私もまだ、拙い詩しか書けないので、お互いに精進しましょう。

1
黒髪
積 緋露雪さんへ
(2023-05-16)

こんばんは、積 緋露雪さん。コメントありがとうございます。喜んでいただけて本当に良かった。嬉しいです。急ぎすぎていますね、寄り道が大切、本当です。涙の説明などを加えると、より作品に幅と深みが増すのかなと思いました。この作品、コンパクトと言うかちょっと短いなと思いつつもどうするべきか分からなかったので。そのためには、自分自身の涙と向き合い、見つめ直す必要があるようです。まだ僕には時間を必要とすることです。あこがれる理由、きちんと詩に表していきたいです。心の秘密の一つですもんね。お互い、一生懸命(一所懸命)に詩をやっていきましょう。

0
窓際最花
窓際最花
作品へ
(2023-05-17)

はじめまして。 そういえば最近、頭を上に上げていないなと思いました。 今度、空を見上げてみようとおもいます。

1
黒髪
窓際最花さんへ
(2023-05-17)

こんにちは、窓際最花さん。コメントありがとうございます。空を見て感じることは、気分転換になりますし、新しい見方をもたらしてくれるんじゃないかと思います。知らない空が不安を与えているかもしれないし。人間には意外な可能性が隠されていると思います。空を味方にしましょう。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1