お知らせ

私は耳からすべりいり・・・   

作成日時 2017-11-02
コメント日時 2017-11-26

そのときたしかに、窓際から白い雲へ、一直線の一本道が現れたのだった。すべて押し流され荒廃した空洞を抱え、風船のように膨らむ空虚を御し兼ねたまま、皮膚がうすくゴムのように伸びていくのを見ている。内壁は赤剥けに爛れ漿液がしみ出し、足裏から浮き上がる身体をつなぎとめるすべを持たぬまま、頭蓋の芯に鉛よりも重い澱みがふつふつと湧き出るのを見ている。 ――そうですね、長く見ても、あと三か月ほどでしょうか 分厚い眼鏡の奥の、動かない瞳。医師の口だけが機械的に上下する。眼も鼻も口も左右にずれ、これはモンタージュ写真だ、この人は犯罪者だと、耳の後ろから響く声が脳内を打ち壊していく。 死を恐れていたわけでは無かった。間際に訪れる痛苦を、ただひたすらに恐れていた。既に点滴も入らなくなった母の手の甲に無理やり針を刺して、ベッドわきの柵に括り付ける。腹水の迫りあがる胸で、浅くせわしく息を継ぎながら、早く殺してと呻き続けた母。転移した腫瘍が脊髄を破壊し、緊急に神経を露出させる緩和療法を施すも功を奏さず、激痛に七転八倒していた父。大量のモルヒネで意志と声を奪われ、夜間譫妄だけが訪れる夜半、逃れるようにパジャマのボタンを引きちぎり続けた指と爪の間に血がにじんでいた、それを無視し続けた娘。 膵臓に同じ病巣を受け継いだ以上、娘の私が痛苦をなぞるのは疑いもない事実だった。死の恐怖よりも、全てを自らの手で終わらせる、その甘美が、私に一歩を踏み出させた。落ちていく間も心は高く昇り続け、意志は足を持ち、白い雲への道を、そこに刻まれたきざはしを辿り続けた。 肉体を失い、青い沈黙に身を浸している今も、深い幸福感だけが私の空虚を支配している。肉から解き放たれると魂の声が色となって響く。真に不在に困惑し、激しく希求し、寂寥にくれていたのは、愛撫を求めてもつれなく距離を取り続けた愛猫のみであった。他者への説明に苦慮し、私の唐突な処断に憤り、世間を憚り誇大に悲しみを演じることに、人間は皆、忙しかった。 後悔はしていない。しかしまだやり残したことがあるという不全感には苛まれている。ゆえに最近、見よう見まねで眠りの媒介を始めた。痛苦を予期し、不安に封じ込められている人が、静かに発光している。私はその傍らに降り立ち、耳からなかへすべりいる。内側からまぶたをふさぎ、怯えが曇らせた瞳を舌でぬぐい、わが身を溶け込ませる。眠りは浸潤する。髄を辿り尾骶骨から抜けて、私は星へ向かう。ぬぐい取った汚物を飲み干して。今はただ、天と地を往復する、その繁忙に身を委ねている。 ※この話はフィクションです。


項目全期間(2019/08/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:88.6
2019/08/22 14時45分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(4)
桐ヶ谷忍 (2017-11-02):

父母の死の間際の壮絶な痛苦と、その痛みを引き継ぐことを厭い、自殺した娘…。 その娘が同じく死の間際にいる人々のそばに来て、死と痛みの恐怖を内側から眠らせることにより取り除いてやる。 ショートショートと呼ぶにはいやに生々しく感じますが、それほど上手い出来なのでしょう。 ストーリーとして面白いし、細部にまで目が行き届いているのも分かります。 生々しい痛みと、幻想的な浮遊感が混じり合って、なんとも不思議な余韻を残しました。 ただ、これは仕方ない事なのかもしれませんが、漢字の占める割合が高く、しかも横に長いものでしたから 読むのにいささか骨が折れました。 ちょうど半分くらいで娘にスポットを当てた以降は、ひらがなを多用した方がより一層、夢幻的に 仕上げられたのではないかなと思いました。

夏生 (2017-11-02):

病に苦しむ姿をどうてられることもできなかった。無視という言葉で自分を突き刺し、責めることが応急処置のようで。同じ病に罹って同じ痛苦を経験するならと自らの命を絶つ。正しいとか間違いとかではなく、生きること、生き抜くことの困難と残酷を感じました。最後は死神のような「何か」になって、苦しむ人の耳にすべいる。 生々しい雰囲気の中で永遠に癒えない痛みと癒そうとする思いの交錯を見た気がしました。

まりも (2017-11-03):

桐ヶ谷忍さん 実は、パソコン音痴というか、デジタル音痴で・・・自分のパソコンの方では、28文字35行、縦書きのフォーマットにしています。そのままコピペすると、こう、読みにくくなってしまう・・・今度、どなたかに、やり方を教わります。ひらがなの効果を活かす・・・そうですね、もう少し、全体の詩形というか詩面を考えた方がよかったかもしれません。フォルムも含めて。 >「いやに生々しく感じます」ありがとうございます。フィクション、の物語ではありますが、父や祖母、恩師や知人、友人の死・・・を重ねて、その時々に受けた想いをもとにして書いています。その意味では、事実の再構成によるフィクション、と呼べばよいでしょうか。ことばに「遺していく」とは、なんだろう。そんなことを、日々、考えています。 夏生さん 四苦八苦、なんていう言葉がありますが、苦しみや悲しみが「通常」で、喜びや楽しみが「非通常」なのではないか、と思う時があります(さすがに、日常/非日常、とは言いませんけれども・・・)特に、老いた人と接していると、その思いが深くなります。忘却は幸福なのではないか、と思うこともたびたびです。「無視という言葉で自分を突き刺し、責めることが応急処置のよう」それが正しいことだ、と言い聞かせねば耐えられないことが、必ずあるように思います。その「正しさ」を、自身が信じ切れぬ、その自己欺瞞が、またブーメランのように戻って来るわけでもありますが。誰もが、幸福に「生き切る」ことが、できますように、と、願うばかりです。

沙一 (2017-11-26):

写実的な作品だと思いました。 霊魂という不可知なものや、痛苦に対する、まりもさんの想像力を感じます。 夜空を自由に飛ぶ霊魂の開放感を味わうようでした。 肉体の束縛から解放されたら、肉体があってこその痛みや苦しみも、かえって懐かしく思ったりするかもしれませんね。

投稿作品数: 1