be - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

be    

僕らがまだ冷たい壁に耳を当てているとき 透明にまみれた罪は背骨を渡って名残の秋を惜しんでいた 僕らがまだやわらかな素足を浮かせているとき 知らない僕らはまた誰かの耳をかじっていた 黄昏というエリクテュールが喉元を通過して ほのかに色づいた血液の落葉が音を立てる時 僕らは僕らの髄液から僕らを解き放つ それは眩しかった目の先をゆく蝶のようで それは結んだ手のひらから零れる砂のようで 僕らが僕らと銘打たれた僕らを計測するゆらぎのようで 神話の日常に満たされる水 乾いたくちびるを潤す作用によって ReとReのやりとりの隙間を埋めていく 僕らが僕らと呼ばれた時代の歌声が聞こえてきて 消費されるべきクリシェ  午睡をまたぎ越す福音のようで 高速に過ぎゆくそれらは偽りではないかと 歯型をつけながら彷徨する 観測して初めて存在するという僕らの存在を 感触なしに確かめるように 言葉は僕らを傷つけ 僕らは言葉を傷つけ 無音というのに絶えずつき纏う理と利とその差分を そんな御大層なものと笑い飛ばした僕らは再び耳をつける 僕らの祝祭は僕ら自身のうたごえによってもたらされる 簡単に消費されていく快楽の俎上 失われる前に あるいは舞い落ちるように 重力に骨を委ねる 僕らは常にあるという動詞によってささえられ いやおうなしに訪れる冴えていく時間 どうしても伝えておきたかったことがあるんだ そうして僕はゆっくりと濁りはじめる


be ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 769.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2017-10-17
コメント日時 2017-11-02
項目全期間(2024/02/26現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:769.5
2024/02/26 23時09分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

be コメントセクション

コメント数(5)
もなか
(2017-10-17)

yさんへ

0
まりも
(2017-10-20)

不思議な作品ですね。僕ら、と連呼しているのに、なぜか気配が漂っている感覚で、一人の人間の身体の各部がせめぎ合っているようなテクスチャーでした。 意図的に用いているのだと思いますが、あまりにも美しすぎるフレーズや(黄昏というエリクテュールが喉元を通過して、など・・・エクリテュール?)綺麗に決まっているフレーズ(僕らが僕らと呼ばれた時代の歌声が聞こえてきて/消費されるべきクリシェ)情景描写や、詩の空間が生み出す抒情ということよりも、文体そのものが生み出す抒情性に傾いてしまわないか、そんな危惧を持ちました。 〈背骨を渡って名残の秋を惜しんでいた〉ところから、〈黄昏〉を経て〈血液の落葉〉のざわめきへと体感が移り、〈僕らは僕らの髄液から僕らを解き放つ〉ここまで、観念的ともいえる世界を、粘り強く秋のイメージの中で捉え直し、なおかつ背骨、神経、髄液といった精神の集中する場所へと意識を集めて、ひといきに開放する。この流れがとても美しいと思いました。 神とか世界、といった言葉は、扱いがとても難しいと言われますが、〈神話の日常に満たされる水〉このフレーズの「神話」も、神話という言葉が醸し出すイメージというのかニュアンスのようなものに、寄り過ぎているかもしれない、そんな甘さを作品に加えてしまうかもしれない、という気がします。 〈ReとReのやりとりの隙間を埋めていく〉この一行が、とても繊細だと思いました。ネット空間でのやりとり、その「現実感」がありながら、非現実の手ごたえの曖昧さも同時に持っている。そんな浮遊感を、丁寧に埋めていこうとする意識、願いのようなものを感じます。 この一行を経ているせいか、〈高速に過ぎゆくそれらは偽りではないかと/歯型をつけながら彷徨する〉このあたり、詩の空間を彷徨うイメージと共に、いわゆるサイバー空間で、確かなものを求めながら彷徨い歩くイメージが伝わってくるような気がしました。 〈観測して初めて存在するという僕らの存在を 感触なしに確かめるように 言葉は僕らを傷つけ 僕らは言葉を傷つけ〉 このあたりも、とても面白いですね。観測不能性を持った存在、ではない。気づくことで、そこにある、ことを知る、気配、音、響き、詩情といった曖昧なもの・・・が、言葉になっていく、あるいは言葉を纏おうとするときのズレのようなもの。 〈僕らの祝祭は僕ら自身のうたごえによってもたらされる〉 体の深部で沸き起こり、身体的な悦楽のように背筋を抜けて、血を沸き立たせるもの。そうして、消えていくもの・・・。そうした、一人の人間の内部で沸き起こる、詩情の出現と消滅のドラマのようなもの、それが音や響きを経て、言葉へと形を成しては消えていく経過・・・が、〈ReとReのやりとりの隙間を埋めていく〉この一行によって、一人の身体感覚を越えて、サイバー空間にまで感覚が拡張される。 感覚領域が拡大されていく、拡散していく、と言えばいいのか・・・うまく言葉に出来ないのですが。そんな、ひとり、の枠組みを超えて行き交う「僕ら」とはなにものなのか。そんなことを、体感的に感じさせ、考えさせる作品だと思いました。

0
弓巠
(2017-10-21)

もなかさん  初めに、僕のようなものに宛てて詩を掲載していただき、ありがとうございます。返信が遅くなってしまって申し訳ないのですが、その間に、この詩を幾度か反芻し、僕なり色々と思うものがあり(どのくらい妥当なことを言えているか自信がないですが)、そうしたものを書き込ませていただこうと思います。 何ぶん、個人的な書き方になってしまいそうですが失礼します。  実を言うと、初めに僕はこの詩をあまりわかることができませんでした。イメージや、感覚がとめどなく広がっていき、読者として置いていかれたように思ってしまいました。 けれど、この詩について、また憚りながら、この詩をもなかさんが掲載されるきっかけになった僕の詩について、様々に考え、考え、読み直すと、少しずつ、この詩が近くなったように感じられました。 「僕らは常にあるという動詞によってささえられ いやおうなしに訪れる冴えていく時間 どうしても伝えておきたかったことがあるんだ そうして僕はゆっくりと濁りはじめる」  僕はこの末尾の部分こそが、この詩の軸である、と考えました。 「常にある」、ということ、「いやおうなしに訪れる」時間、こういう、自分の意思とは関係なしに、そこに何かがあってしまう、という感覚。その中で、「どうしても伝えておきたかったことがあるんだ」という、「僕」の願い。ここから見返すと、この詩全体が、両義的に、「いやおうなし」に降ってくる感覚と、そのなかで、そうしたものに支えられながらも、自ら言葉を伝えようとする、という二つの要素を帯びているように思えます。すでにあってしまっている、という「透明な罪」、それらを確かに感じていようとして、「耳を当てる」こと。それは同時に、自らの感覚から自らを解放していくことでもあり、「観測して初めて存在する僕らの存在を/感触なしに確かめるよう」な、どこまでも不可能な、そうして、どこまでも自由で可能性を秘めた試みでもあります。  そのような、危うい葛藤を、「僕ら」はどこか優しげに身体に落とし込んでいく。「それは結んだ手のひらから零れる砂のようで」。「僕ら」はそうした身体性のうちで、互い、あるいは「僕ら」という一つの主体を確かめようとしているのでしょうか。けれど、最後に、「僕はゆっくりと濁りはじめる」。濁りはじめる時に、「僕」は、もう「僕ら」ではないのですね。この最後の行があるために、この詩全体が「僕ら」には気付きえなかったものを「僕」が「僕ら」(あるいはそれを構成するもう一人の存在)に伝えていく、というニュアンスを帯びるのだと思います。「僕ら」の時間が、「いやおうなく」過ぎていった中で。  もなかさんの詩を読んで、世界とか、すでにあってしまっているもの、自分自身、そうしたもののなかで、それを切り刻むことなく、けれどそれらを組み替えながら、詩を書けていけたらいいな、と僕は考えました。  長くなってしまいますが、ここで、僕の詩にもなかさんがくださったコメントへの返信も兼ねさせていただきたいと思います。(こちらも個人的な書きぶりになってしまいそうです)  僕はあの詩を書いた時、なるべく単純に、自らの周辺を見ようとしていたのですね。なんといいましょうか、理知的に、世界を切っていくような、あるいは、認識を疑ってかかるような姿勢、というものを、詩のなかで持ちようがない、あるいは、持たないことが一番自然に思えたのです。もちろん、どこかに戦略性のようなもの、突き詰める胆力のようなものがないと、詩はちゃんとした詩にならないのかもしれません。けれど、そういったものの根幹には、やはり、ある種切り取ることができない、核のような何かがあるのではないか、僕はそう思って、いや、むしろ、そうありたいと思って、あの詩を書きました。結果として僕自身も、この詩、このイメージや主題には、もっと手をかけてあげることができた、という風に思います。けれど、もなかさんがおっしゃったように、この詩にある種の純粋さ、幼さが見出せるのだとしたら、僕は本当に良かった、と思います、素直に。  もなかさんのこの「be」は、僕の目には、また違った形で、そうした核のようなものを見せているのではないか、と僕は思いました。勝手ながら、書き手の、なぜ書くのか、というものの根っこのようなものを感じました。(人と人との関わりや、言葉を言う事、という主題としても、確かに似ているところがあるように思います)僕のこうした幼い作を見て、自らの大切な詩を送ってくださり、感謝しかありません。  ありがとうございます。長文乱文失礼しました。

0
まりも
(2017-11-02)

もなかさん、ご返信ありがとうございます。 >「文体そのものが生み出す叙情性」に関してわたしは肯定的な観点を持っています。 (まりもさんが危惧されているのは、様式然とした陳腐化による内容の消滅なのではないかと思われますが、齟齬がありましたら申し訳ありません。) まさしく、その通りですね。語り口そのものが奏でる情動、色彩感や質感のようなもの、言葉にできない、その部分を楽しむのもまた、詩歌であろう、と思い・・・おそらく、翻訳で伝える時に、もっとも苦労するのが、その部分であろう、とも思い・・・またいずれ、ゆっくりお話しできたら嬉しいです。とりいそぎ、御礼まで。

0
弓巠
(2017-11-02)

もなかさん 返信の返信になってしまいますが、一言だけ。 作品をお読みくださったようで、非常に嬉しいです。 こちらこそ、もなかさんの詩の読者として、楽しませていただければと思っています。 ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1