作品投稿掲示板 - B-REVIEW
重要事項
お知らせ

偏に、例えられたとて   

作成日時 2017-10-13
コメント日時 2017-11-27

裸にされ、体を大きくさせられた 過去の創造のように 無作為の作為 羞恥心は持ちようもない もっと大きくて姿すら分からぬものたちに見られている 元の大きさのものたちにも見られている 変化が欲しいか 否、変わらぬ 至らぬ脚光では体を成すことだけが存在である 喉が渇き、与えられた水を垂れ流す 街は洪水が起き、ある日の姿を思い出す それでも 私は 水を飲んだだけ リネンのシーツに包まれ裸で眠る 夏近くの朦朧とした風で目が覚める バルコニーの植物は元気よく ベッドで昨日の日記をつける パンツを履き、Tシャツを羽織りトイレに行く 開けっ放しの扉 用が終わるころを見計らい黒猫がやってくる 手を洗わずに中空にて遊んでやる 何をそんなに嫌がるんだい 笑止 アホみたいに柔らかな体が欲しい 誰も見てないので無理くりストレッチ 届くはずのない場所 グッドモーニングが口から滴る 昨日、レストランで見かけたコーヒーショップの店員にカフェラテを貰う ジャングルジムで待ち合わせ 青と黄色と赤の間にて 口紅を替えてはタバコをすう 地面に落ちた吸殻をベンチに並べる 希望は色を添える 臍まで伸びた髪の毛 タール色素を吐き出す 歯が欠けたかと思えば胡桃 足蹴にす 笑っていられるうち カラスに連れ去られる恋人 12秒のキスをする 地面から足が離れるとそっと唇を噛んだ 何処、何処へ 彼方まで マスクを被せられ光を失い、FUCKすらこぼせない 愛してるを奪われた 陰を組み悪者を退治 それでも日常は変わらない 黒いドレスの3人組が目の前でダンス 2色に分けられた世界 卓越された職人技術 黒猫がじゃれてくる 今晩に日記をつける とてもとても丸い字 日が暮れててマスクを外す 今日、何も食べていない キュウリを薄く切り塩もみ ディジョンマスタードとポマードバター 猫に毒見 一緒に眠る 夢でテーブルサッカー ドライトマトとアンチョビでいためただだちゃ豆 鳩が朝、恋人を連れてくる 私ははだか 心地よいリネンを纏って


項目全期間(2020/01/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:210.5
2020/01/22 18時34分13秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。



コメント数(4)
完備 (2017-10-19):

まあまあ良いのにコメント0ですか。breviewの1投稿作品あたりの平均レス数を計算したら悲しい現実が露になりそうですね。

まりも (2017-10-20):

完備さん、「まあまあ良い」と思われたのはなぜなのでしょう、そこを書いていただけると、そこから新たな展開があるような気がします。 偏と旁、「へん」と「つくり」・・・偏に例えられてしまう、喩えられる、の方が意味としては相応しいかもしれないですね。構えていて、そのカテゴリーをしめしたり、ジャンルを示したり、そんな指示的な役割を果たす、それなのに、脇役的な扱い・・・というようなニュアンスかな、と思いながら読みました。 一連目、よくわからないながら、〈もっと大きくて姿すら分からぬものたちに見られている/元の大きさのものたちにも見られている〉このイメージが印象に残りました。〈体を大きくさせられた〉と〈体を成すことだけが存在である〉この響き合いも気になります。〈水を飲んだだけ〉水を向ける、水を差す、様々に用いられる言葉ですね・・・う~ん、やっぱりよく、わからない。 二連目に描かれた、さわやかな「日常」のイメージと、最終連のちょっとおしゃれで美味しそうな「日常」。その間に挟まれた部分。〈アホみたいに柔らかな体が欲しい〉の一節と、一連目の一行との連関が、作者の中ではあるのだろう、猫は、いったいどのような「存在」なのか・・・知りたいことが、たくさん湧いてくるような作品でした。

完備 (2017-11-27):

完備 (2017-11-27):

誤操作です。お許しを。

投稿作品数: 1