屋烏の愛 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

屋烏の愛    

 烏が一匹旅をしている。西へ行ったり、東へ行ったり、北へ進むと思えばまた西へ。  列島を縦横無尽に羽ばたく――。  とある夏の日、烏はひとつのビルへ降り立った。 「都会というのは食うには困らんが、全くやかましいことだ」  眼下の人間世界を見下げて、ガァーとひとつ鳴いてみた。鳴き声はすぐ夏の蝉時雨にかき消された。  陽炎立つ屋上をキョロリと振り返ると、一人の女が座っていた。 「なんぞ食べ物でも持っとるかな」  ヒョコヒョコ女に寄ってみたがそれらしいものはない。  やれやれと覗いてみた女のその顔は、死相に満ちている。 「おやおや。お前は死にたくて仕方がないのか」  せっかく烏のような髪を持っているのに。  さっさと飛び立ちかけた瞬間、 「……わかるの?」  ボソッと女が呟いた。  おや? 「……今、この烏に話しかけたのかい?」  バサバサと翼を広げる烏を見据え、そうですよ。アナタに言ったんですと言う瞳は死相で濁っている。 「……なんで私が死のうとしてるってわかるの?」  珍しいこともあるもんだ。 「はてね、分かるものは分かるとしか言えんな」 「……」 「物のついでに聞くがね、なんぞ食べ物でも持っとるかな」 「……えぇ、ありますよ」  女はブリーフケースに入れていた菓子パンを取り出し、 「……どうぞ」  袋を裂いてからそっと足元に置いた。 「……アナタ達は本当になんでも食べますよね。……人間さえも」 「そうさね。お前たちは、不吉だとか、神の使いだと騒いでたことも、あったな」  パンをついばむ烏を見つめながら女は尋ねた。 「……烏さん、人間食べたこと……、ある?」  忙しなく貪りながら、烏は答える。 「あるぞ。今時死んだ人間は、ついぞ見かけんが、昔は、よく転がっておったから、な」  濁る瞳に驚きを宿して、女はまた尋ねた。 「……アナタは何歳なの?」 「知らんな。ただ食って寝ておったのが、いつからか、モノを、考えるようになったわい」  烏は飢饉が当たり前の時代に生まれ、動乱の時代に自我を得た。  女は、この烏は神に似た存在だと感じこう願い出る。 「烏さん、……私が死んだら、食べてくれる?」  顔を上げクイックイッと首を捻り、 「腹が減っておればな」  と答えた。そんな情の欠片もないさらっとした返事に、女はハハッと笑った。 「そういうの好き……」  乾いた笑いに、ため息が混じった。 「アナタ……、話し相手はいるの?」  動きっぱなしで、しっかり話を聞いているのか疑わしかった烏の体が止まった。  都会の騒音が響く。 「……」 「寂しくない?」  ヘリコプターが空を飛ぶ。 「……」  蝉時雨が屋上へ届く。   「人間はね……、寂しい気持ちが行き過ぎると、死にたくなっちゃうのよ。でもアナタは生きている」  身を屈めて足元の烏へ問う。 「……でも、寂しくないの?」  クイックイッ。  空を見上げたその仕草に、女は自分の問いかけが振り払われたように感じた。 「寂しいというのが分からんな。食って寝るだけよ」 「……そう」  ヒョコヒョコ屋上を歩き始める烏を、女は目で追っていたのだ。  夏の陽射しに照らされて、彼女の髪が輝いた。  ――黒く艷やかな女の髪を、濡烏と昔の人は呼んだ。  巨大な入道雲を仰ぎ、烏は振り返った。 「お前は……」  女はいなかった。  屋上に立つのは陽炎ばかり。  遠くから悲鳴があがった。  しゅしゅっと身を震わせ、烏は羽ばたいていった。  とある明け方のこと。色づくイチョウ並木をジョギングする男は、ふと車道に目が向く。 「あら、烏が轢かれてる。へぇ〜、珍しいこともあるもんだ」

scroll


作成日時 2021-07-22
コメント日時 2021-07-22
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

屋烏の愛 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 0
P V 数 : 202.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#縦書き
項目全期間(2021/07/26現在)
叙情性0
前衛性0
可読性0
エンタメ0
技巧0
音韻0
構成0
総合ポイント0
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:202.4
2021/07/26 07時45分06秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

屋烏の愛 コメントセクション

コメント数(0)
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1