呼称 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


呼称    

名付け難いものが溜まって スライドショーにして流す。 眺める目、顔付き、思惑 次々に移ろい偶然宛がわれた氏を、 呼び合う声、呼応、艷 流してしまえば、そこにいない我々 引き金を引くように共鳴した情景は、 呼べない泡になって飛沫、、、。 寧ろポストに投函すべきだった宛名が、 もう知らない顔として横切る 叩き売りだ誰誰の、名無しというだけじゃない 影、膨張、痕跡、、 足取りを追え、必ずや尻尾つかむことになる 首洗いの池が待っててくれる 擬態した呼べない生命やら、俺やら、 おっかねえという呼称 近いぞ警告が鳴る、呼鈴が鳴る、顔付きを捜索せよ、 飛沫した散文精神かな、氏神様の井戸から己出る、 名付け難いものが溜まって ボートに乗って湖へ出る 沈めるため 鎮魂、忘却、燃やす、、ボートに顔付きだけが浮かんでいる 浮遊、ドッペルゲンガー現象、 冷たい沼みたいな湖だ、ここに沈めるため 意志を括りつけて二度と浮き上がらない我が名、 命名されたその日から今日まで、 結晶、覗く、顕微鏡で名が透けるそこに豊な文字、文字だ。


作成日時 2017-02-21
コメント日時 2017-03-05

呼称 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 212.5
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:212.5
2020/04/02 14時29分09秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

呼称 コメントセクション


コメント数(6)
三浦果実 (2017-02-21):

私は詩作品を本格的に読み始めたのは、この半年程度で、ネット上で書き込みをするという行為も、同じく半年前から始めたばかりの超ビギナーなもので。何が云いたいか。作品を優劣する自己の基準みたいなものが、もしあるとすれば、それは、かなり脆弱なものであるということ。昨日「この作品はよくわからない」と思っていたものが、今日になると「なんだかこの作品は良い!」と真逆に変化したりする。そこで、作品『呼称』について。 残念ながら、私には、上手く呑み込めなかった一読目の印象。しかし、それは、私にとって未見・未知なものだと思う。他人を通して自分を観るように、他人が自分を呼称する、その名は、真実とイコールにはならないけれども、他者から与えられた記別であることは事実である。もしかしたら、自己の未開拓なゾーン突破する為には、与えられた記別の呼称を捨てることも一つの手段かもしれないし、詩の創作でいえば、当たり前になってしまった、自分が依存する「物語」を捨てることも大事なのだろうかと。作品『呼称』を読んで、そんな思索をしました。 徐々にでいいから様、投稿有難う御座います。

0
徐々にでいいから (2017-02-22):

三浦果実さん。コメントありがとうございます。素敵なコメントについて、もう少しじっくり考えてみます。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2017-03-03):

呼称というタイトルから始まって >名付け難いものが溜まって >スライドショーにして流す。 テーマがまず提示される。テーマっていうよりはスライドショー的に色々流していくよ。みたいなものかなと思いました。そこから「、」で区切られる色々な語の羅列、に微妙なニュアンスを含んだ形容する何かや文がまとわりつきながら、スライド的に流れていく言葉の川があって、それが尻の >意志を括りつけて二度と浮き上がらない我が名、 >命名されたその日から今日まで、 >結晶、覗く、顕微鏡で名が透けるそこに豊な文字、文字だ。 名前という文字、という呼称に向かっていく。そういうオチで終わるという意味で凄い好感をもった。書いている事は貫徹している…と思います。ただ、その過程の部分で悪い意味で無駄を感じました。「宛名」はいい着眼だと思いました。始まりが「目」や「顔付き」なんかで始まるのも名前を付ける対象であり、呼称の対象であるのであればいいのかなと思ったりするのですが、他の多くの部分に対しても同様にオチという発見に結びつくような発見へのプロセスが語られている。けれども、それがただ開陳されているだけのような印象があります。個人的にはもう少し整理が付くと読みやすいかもしれないと思いますが、それが作者の目指している表現じゃないとは思うので、多分これ以上は、徐々にいいからさんにちょっと話を伺ってみて色々聞いてみたいなぁと思いました。

0
繰原秀平 (2017-03-03):

スライドショーのように流れていく「名付け難いもの」、「そこにいない我々」、匿名の何者かが幽霊のように通り過ぎていくイメージを、「首洗い」「氏神様」といった和のガジェットが際立たせる。どこか不気味な客観性の中、 「意志を括りつけて二度と浮き上がらない我が名、 命名されたその日から今日まで、 結晶、覗く、顕微鏡で名が透けるそこに豊な文字、文字だ。」 と、不意に「我」が現れるシーンが印象的です。

0
もとこ (2017-03-03):

それを何と呼べば良いのか。スライドショーにして流される「名付け難いもの」たち。大切なものは大切さゆえに、どうでも良いものはどうでも良いから、名など付けられない。名前にこだわる、名前を否定する、名前を捨てる、名前を葬る。それでも顕微鏡を覗くと、そこには名前がある。それは生に似ている。素敵なことだ。それは死に似ている。恐ろしいことだ。実に巧みな構成の詩だと思いました。

0
徐々にでいいから (2017-03-05):

hyakkinnさん、繰原秀平さん、もとこさん、コメント本当にありがとうございます。 素直に告白していいものか、少し迷いましたが、みなさんの真摯なコメントに、自分も正直に応えたいと思います。 今回アップした呼称はかなり未整理のまま、殆ど推敲をせず、スマホのメモ機能で一気にイメージを書き上げたものでした。 本来ならば、詩と向き合い、時間をかけて、にらめっこする時間が必要なのですが、今回は、推敲なしのものを載せてしまったことを少し反省しております。 しかし、みなさんのコメントを読んで、詩は、書きて以上に読み手のほうが、その詩に深く触れていること実感しました。 正直、こんなに反応を頂けるとは思っていませんでした。 たった今こちらを開きまして、これからちょっとスマホをいじれないので、また後程、コメントさせて頂きたく、思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1