グラスハープ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

路地裏空想

日常の狭間のアトラクション

とてもいい。程よいユーモアに張り詰めた気持ちもほぐされる。

ほば

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

グラスハープ    

正しい流れ星になるために、ぼくは学校に通っていた。紙 飛行機で届けられる人間の子供の願い事を、きちんと叶え ることが正しい在り方で、仕事を終えたら綺麗に燃え尽き ることが正しい生き方だと教わったのに、先生はいつまで たっても燃え尽きない。友達は、毎日のように一人ずつ消 えていく。空席には、やがて新しい生徒が現れて座る。 ぼくは落ちこぼれだった。いつでも先生の言うことと逆の ことしかできなかった。ぼくの身体は、カルメ焼きみたい だった。お日様に憧れていた罰だ。ぼくは時々アルマジロ になる。みんなは丸まっているぼくを使ってサッカーやド ッジボールをして遊ぶ。授業中、ぼくは言葉がわからない ので、ひとりで日記を書いていた。今日はリンゴが空に実 りました、今日は風がウソをつきました・・・。友達が親切そ うに取り上げて、みんなの前で読み上げた。みんなが笑っ た、先生も笑った。ぼくも笑おうとしたけれど、からから の目玉だけがカタカタと鳴った。  家に帰ると、目玉がクラゲのように膨らんでいたので、網 に入れて物干しざおに吊るして干した。したたる水が綺麗 だったので、グラスを探して下に並べた。並べたグラスに 指で触れると、ウィイイイイイン・・・と部屋に響く。音はオ ーガンジーのスカーフのようにぼくを包み、するすると部 屋にほどける。ぼくは窓を開けた。青や紫に光りながら、 音は風に運ばれていく。


作成日時 2017-06-25
コメント日時 2017-07-04

グラスハープ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 934.7
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/12/05現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:934.7
2022/12/05 03時27分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

グラスハープ コメントセクション

コメント数(6)
AB 脂喰坊主
(2017-06-27)

うまいなあ と感じます。 一連と三連のある種のワンダーランド感が好きです。 と好みの話になってしまいますが、二連の比較的に直接的な表現はは構成としては頷けます。が、一連、三連と同じ世界観で 表現してもいいのでは、と感じました。

0
完備
(2017-06-27)

上手に書けていると思います。こういう作品が好きな人も多いし、評価もされるでしょう。 しかし私はこの詩を好みません。かろやかな詩語を用いて美しく痛みを描くという形式が、あまりにも手垢にまみれていると感じるからです。B-REVIEWの先月の大賞「新宿のシャンゼリゼでベトナムごっこをしたいだけ」も、同じような指摘が可能な作品であると感じました。この掲示板ではウケる形式なのかもしれません。 痛みを描くとき、ややポップな方向にずらす、あるいはユーモアを織り交ぜるという手法の裏に、「痛みを真っ向から描くのはダサい」というような意識が感じられることがあります。しかし私はそれには同意できません。 作品の批評ではなくなってしまいました。そう思う人もいるのか、程度に読み流してくだされば結構です。

0
まりも
(2017-06-27)

コメントありがとうございます。 二連目、確かに、日常性から、突き抜けてないというか、ぶっとび感、デフォルメの勢い、そのあたりが、まだ足りないかもしれません。 アルマジロ的な防御、の生真面目さ、よりも、エリマキトカゲ的な、どわーっと駆け回るユーモアというのか、あっけにとられるぜ、的な感覚の方が、突き抜ける強さに繋がるような気がします。

0
右肩ヒサシ
(2017-06-30)

まりもさん、こんにちは。 僕には『銀河鉄道の夜』のジョバンニのモノローグを聞いているように思えました。物語の少年が躍動しています。 どんなに日常的な描写があっても、いい意味で地に足がついていない。地面からの浮遊に成功していると思います。 80年代の良質な少女漫画の幻想のようでした。

0
村田麻衣子
(2017-06-30)

自分の身体をカルメ焼きに比喩した作品に始めて出会い、興奮いたしました(^^) 最初の連が、あまりにもよくできているんですが そうすると最終連に行くに連れて着地に困ることはありませんか?しかし、最後まで想像力が炸裂していましてそこに大変好感もちました。 素敵な作品をありがとうございました。

0
まりも
(2017-07-04)

完備さんへ 率直なコメントありがとうございます。痛みを美化する、ストレートさを削ぐ、あるいは真綿でくるむ・・・という、守りの手法だけでは、自分の鬱屈を別の言い方で言い換えたに過ぎない、逃避なのかもしれません。単なる言い換えではなく、そこに新たな詩的世界を現出する、その方向に多少なりとも踏み出しているか否か・・・その部分を、常に自省していきたいと思います。 Migikata さんへ 元々は童話の形態で書き出したものでした。学校、という閉ざされた空間で、複数の登場人物が主人公を追い詰めていく会話となり、他者を外したモノローグの形になりました。賢治の世界も響いているかもしれません。 村田さんへ カルメ焼って岩石(火山岩)に似ているな、と常々思っていたので、このような比喩がイメージされたのかもしれません。 全く種類が違うけれど、外見や性質や状況が似ている・・・という連想ゲームのようなやり方で、物事を見ることが多いです。コメントありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1