きららか聖誕 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

きららか聖誕    

竜巻きにもへその緒があるのだよ。 突然、発生するものには、 かならず親がいるのだ。 + トルネードなんて、 ぐるぐるとへその緒を首に巻いて 勝手に窒息してゆく、ただの赤さんさ。                     駄々をこねる生きかたしか、できないのだね。 でも、竜巻きも憐れなのだよ。 自然という出産中毒の親のもとで生まれてしまった。 + 母親がジャンキーだと、 ただしい生きかたを子どもに教えられないのだ。 + だから、泣きわめくかのように、 ぼくたちの街を壊して、 自らも旅だって、 しまったと、 いうわけ さ。                     誕生ではなく、発生だといった認識か。                     自然のなかでは自殺も消滅なのだろうね。                     +                     街は、あんなになっちゃったけれど、                     きみ、これからも、ちゃぁんと生きるのだろうね。 赤い血を垂れながしながら、 いつか、夕陽に溶けこむように、ゆくさ。 そのとき、ジェヌエは骨のかんむりをかぶって、 かぷかぷわらっておくれよ、ぼくの骨の…………さ。                     …………お墓にも竜巻きは容赦ないね。 赤さんは死人なんて、 みたことがないから、 しょうがないよね。                     ぼくらの信じているものが、ほんとうに、                     自然のなかで通用するのか、不明になったよ。 ぼくは土葬なんてごめんだけど、ジェヌエに、 ぼくの骨をみせたいという願望だけはあるのさ。                     骨のかんむりなんて、いらないよ!                     どうして、いつも、きみは死にたそうなんだ? …………ちがう。 骨をみせたいだけだよ。                     それを死というの! そうかい? 身体の表面からさわっても、 内臓の動きは、わからないよね。 もちろん、心臓はちがうのだけれど。 + でもね、骨は確かに、 そこに存在しているのが、わかる。 ぼくは、すごく、自分の身体がにくいんだ。 こんなに立派なかたさを持ちあわせているのに、 ニクの厚みが、それにふれることを拒否している。 + ニクって、とっても、いやらしいよ。 自分たちは骨とぴったりより添っているのに、 ぼくに、そうさせないんだ、痛みとして伝えやがる。 + ぼくは、そんな感覚いらないよ、 純粋に骨と向きあいたい。                     なんで、                     その、大切な骨をぼくにみせたがるの? それは、きみを想っているからさ。 + ぁ…………衝動ではない、愛を、愛をね。 つまり、この世の性に属さない、もっと、 天上的な美しさの愛だよ。 + ………ぇえと、これから、 ぼくたち、どこまでも、逝けるってことだよ。                     どこまでも? そうさ! イノチは、ただ、 生まれるためだけにあるのではないのだ。 + こころにだって、イノチはあるんだ。 それを唯一証明できる方法が、 プラトニックな愛だよ。 + ぼくたち、倖せぢゃないか。 ニクは所詮、ニクしか生まない。 ニクヨクの愛、なんて、天国には必要ないよ。                     ぼくたちも、死ぬの? いつか、いつかね。 + ニクは、はじめから腐ることを約束されている。 だけど、腐ったニクのなかにも、 潔白の気持ちがあるってことを、 想像してごらん。 + ぼくたちは生きているだけで、 どうしようもなく穢れてゆく。 だが、うちの白さだけは神に誓うことができる。 その白さは天上世界への切符に他ならないのさ。 + これで、ぼくがジェヌエに、 骨をみせたいといった理由がわかったことだろう。 + ジェヌエへの愛を骨に喩えたのは、 ゆびきりするよりも、かたく抱きあうことよりも。 + もっと、もっとね、もろくないってことを、 ぼくは、お伝えしたかったんだ。                     でも、ぼくは、                     きみの骨をみるなんて、想像したくないよ!                     骨が愛の証明だなんて、ぼくには耐えられない。                     +                     きみは、ちゃんと生きて、ぼくのまえで息をして、                     ふれて、かんじられるものでなくては、                     ならないんだ。                     +                     きみは、骨にもこころが宿っているということを、                     本気で信じているの? 想像以上に骨は語るものだよ。                     骨に愛は語れない。 なぜ?                     だって、骨は忘れ去られてゆくものぢゃないか。                     誰も、そこに未来など、みちゃいない。                     骨になれば、そこで人生は、                     おしまいなんだよ。 そうかい? + それでも、 ぼくはきみに骨をみせたくて、たまらないよ。                     うちにだって、かたさがあるんだ。                     想いのこと…………だよ。 永遠に気持ちを残したいのならば、 骨に頼るしか、他ないよ。                     虹色の雨、だ。 きっと、もうすぐ、 ぼくたちの身体は、 あとかたもなくとろけてしまうことだろう。                     一度、骨になっちゃえば、                     きみと別々の棺桶のなかにはいるのだろうね。                     それでも、まだ、ぼくへの愛を信じてくれる? あゝ ぼくらは、もう、大丈夫さ。 子孫を残せない分、それ以外のものを、 たくさん、たくさん、産もうぢゃないか。 + ニクは腐る、断言できる。 だから、ほんものの愛は、 こころにこそ宿るのだよ。                     …………きみ、                     ぼくに骨をみせたいのではなかったの? …………そう、だね。もちろん、みせたいさ。 ジェヌエは骨も、うつくしいのだろう。 ただ、矛盾しているようだけど、 いまのジェヌエだって、 うつくしい、よ。                     ン、ぼくたち、眠りたいね。                     いつまでも覚めないゆめをみつめていたいよ。                     +                     お互いの骨を差しだすように、                     ぼくたち、抱きあえるのだね。 うん。 ぼくらのかたさは、 ニクのかたまりなんかぢゃないんだ。 だから、ぼくは、愛のことを骨だといいきったんだ。 + でも、それは喩えだよ。 ジェヌエが、熱さを喪ったのならば、 ぼくは、もう、立ってはいられないよ。 + ねえ…………いまは生きて、 かんじてみせようよ。                     骨は、ぼくたちの絆なのだね。                     +                     人類は性差を喪くしたうえでしか、                     世界平和をお祈りすることが、                     できないのだろうか。                     +                     いつか、そこに、ぼくら、ひとり、                     残されていないとしても。 セカイはつづくさ!                     そうだね。死ぬことは、                     なにもかも喪くなすことではないのだね。                     +                     逝けることって、素晴らしいんだ! ぢゃあ、はじめようぢゃないか。 ともに、逝くための準備をしよう。                     あゝぼくたち、                     かならず、結ばれるんだ。                     +                     きみに、ぼくを預けるよ。                     愛しているから、ね。 こころを産んで、愛をはぐくもうよ。 そこに、骨のカタチをした、 未来をえがきたい。                     いつでも、ホネのこころできみを愛す。 気持ちのいい、ホネ、を、築くの、さ…………


作成日時 2019-10-20
コメント日時 2019-10-22

きららか聖誕 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 668.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 20
#テキスト
項目全期間(2020/07/09現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性77
エンタメ00
技巧66
音韻00
構成44
総合ポイント2020
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性2.32
 エンタメ00
技巧21
音韻00
構成1.31
総合6.73
閲覧指数:668.6
2020/07/09 21時10分02秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

きららか聖誕 コメントセクション


コメント数(2)
エイクピア (2019-10-21):

結婚するとは同じ墓に入る事とか、そんなことを思い出しました。この詩では骨を築くだとか、お互いの骨を差し出すように抱き合うとか独特な表現が秀逸だと思いました。

0
AB (2019-10-22):

とてもうまいな、と感じます。 ひきこむちから、感情、一つ一つのことばのバランスがいいのでしょうか。 個人的な好みでは、好きと、そうでもない表現がまざっていてとても気になる作品です。 とくに、こころのイノチ 好きです。 失礼しました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1