抽象的な境界の切断 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

抽象的な境界の切断    

地上902m 息がつまる街 潮騒の様な喧騒 煙巻かれ 匿名に抱かれ 哀れな酔客が水と焼酎を誤飲する そして長方形から正方形が逃亡したよ 誤認或いは常飲 鯨飲または原因 失恋の失楽園 失念した後楽園への道順 左目の街はモノクロ 右目の町はイロゴト 忙しいのは生活よりも心の中さ 赤ワイン 白ワイン 赤福 大福 赤い眼の二日酔い 白い眼をして意識不明 紅白の百年戦争 彼岸花の枯れない境界戦線 此処よりは綺麗な場所に堕ちる永遠 落語家 落伍者 落ちのない物語 「ドン・キホーテを想像せよ!」 年老いた詩人が高らかに叫ぶが 僕らはディスカウントストアのことを ボンヤリと連想するだけ 売れ残りの夏蜜柑 嘲笑う炬燵の蜜柑 熱燗を手にして涎 時雨が吹雪に変わるとき 凍傷する海辺 水羊羹の凝固 夏が追われて エアコンの永眠 水の無いプール 潤いをなくした底 無表情の水色 忘れ去られた水着の痕 誰もいない12月のカレンダーを 赤で塗りたくった彼の投身は 平日の黒を休日の赤に変えられなかった


作成日時 2017-06-18
コメント日時 2017-07-02

抽象的な境界の切断 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 533.5
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:533.5
2022/07/07 19時07分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

抽象的な境界の切断 コメントセクション

コメント数(6)
花緒
(2017-06-18)

初めまして。印象に残る作品ですね。私なりの読みを書かせて頂くと、詩、というものに対する一種の諦念を書いていらっしゃるのかと、そういった感覚を覚えました。いわゆるコレスポンダンスとでもいうのでしょうか、醜いもの、卑俗なもの、と、美しいもの、高尚なものを照合させ、詩的世界をあむ。そうした手法を、中途半端には成立させないぞ、という意図を感じます。例えば、赤ワインー赤福ー赤い眼の二日酔いー百年戦争、と半ば、駄洒落的でもありつつ、イメージが高尚なものに向かっていきますが、結局のところ、ドン・キホーテを想像せよ、と言われても、ディスカウントストアを連想するだけだ、に落ち着きます。そのほかの蓮も、似たような構造を宿しているように思えます。卑俗なものから始まっって、一瞬、抽象的な世界に突入するかと思いきや、最終練のように、彼の投身は、現実世界に影響を及ぼさなかった旨が書き込まれる。今後、どういう作品を展開していかれるのか、楽しみにしております。

0
黒髪
(2017-06-18)

批評させていただきます。 これはいいですね!好きです。落ち着きがあって、浸れる。展開に無理がなく、喩えのような情景描写の、 詩的感覚、言語感覚が、優しいです。また、かなりの文学的教養も持っておられると思います。最後の 終わるところの、カレンダーに語らせる方法は、意表を突かれ、斬新です。広がりの出し方がうまい。 知的楽しみと、感性的魅惑などを、先に期待されることがあると思いますが、筋がいいだけに、小さくまとまって しまわないでほしいなあと思います。

0
北村灰色
(2017-06-18)

花緒さま コメントして頂き、ありがとうございます。 この詩は確かにそうですね。抽象的な表現、幻想や空想的な事物も、結局何やかんやで全ては現実に回帰してしまいざるを得ないような、そんな気はしています。事実は小説より奇なりというか。今の若い子(自分も一応含め)にドン・キホーテで思い浮かぶのは?と唐突に尋ねれば、恐らく9割くらいはあの巨大ディスカウントストアを連想すると思うのです。 そうした実の面を、詩という表現の中で描けたらなと考えて書きました。

0
北村灰色
(2017-06-18)

黒髪さま コメントして頂き、ありがとうございます。 季節や生活は、自らの体感以上にあの無機質なカレンダーの日月に支配されているような感覚が子供の頃からあって、それを結に持ち込むことによって終息感を描く意図はあったのですが、そのカレンダーに着眼して頂けたのは嬉しいです。 文学的教養は、一応日本文学を学んでいたのですが、自分にはあるのか無いのかよく解らない状態です。。

0
まりも
(2017-06-28)

言葉の音が音を呼んで進行していく、リズミカルであるのに軽く成り過ぎない(それは、適度に意味が加算されていくから、だと思いますが)詩の駆動力が魅力の作品だと思いました。 〈煙巻かれ 匿名に抱かれ〉ここは、煙に巻かれ、の「に」落ちでしょうか? 〈そして〉に、多少違和感があるのですが・・・あえての挿入、なのか・・・この接続詞に、説得力が感じられませんでした。 〈忙しいのは生活よりも心の中さ〉一連目は空間的な喧騒、混沌。 〈彼岸花の枯れない境界戦線〉二連目は紅白、男女、生死、正気と狂気の境界領域。 〈凍傷する海辺 水羊羹の凝固〉三連目は精神の夏と冬・・・あえてクサイ言い方をすれば、青春の記憶と、その喪失。 音によって(時にはダジャレ的に)繰り出される言葉のリズム、その展開の軽快さが、深刻に沈んでいくのを防いでいる、そんな印象を受けました。 季節の終りとしての冬と、恋の喪失を実感する(誰もいないクリスマス、のような)12月。ディスカウントストアで大量消費されていく「情熱」の成れの果てとしての詩(への批判精神)・・・を連想しつつ、だからこそ、掘り出し物、これはお宝、というような詩と出会いたい、とも思います。

0
北村灰色
(2017-07-02)

まりもさま 「に」落ちと、(そして)は意図的なのですが、そしては説得力があまり無いような気が読み直すとしました。 (そして)は私が小説を書くときにも頻度高めに用いてしまうので、その癖が綴りながら無意識に出てしまったのかもしれません……。 詩という表現の楽譜上、狂う手前の境界線のボーダーラインを変拍子でふらつくことを特に意識した詩なので、軽快さや沈むことの防止の指摘はとても嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1