火星の生活 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

狂気、ファック、バイ、そし……

自由 暴力 そして 輝き

虹がある。 邂逅と官能、詩。  現場からでした。

湯煙

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


火星の生活    

僕たちの欲望には 音楽が欠けている だとしたら ねえ デヴィッド 僕たちの音楽には 何が欠けているのだろう 逆立した呪術か 宇宙感覚か それとも高貴な欲望か 二十一世紀に入って もうずいぶん経ったのに ミッキーマウスは 相変わらず牛みたい 兵隊たちはダンスホールで 喧嘩ばっかりしている あ また爆弾が破裂しちゃった ねえ デヴィッド 僕たちの世界には 何が欠けているのだろう 魔法の技か 優しさか それとも燃えあがる忍耐か 灰から灰へ 臆病者から臆病者へ 爬虫類のように笑いながら 悪意の氷を砕く斧もない まだスペックが低すぎるのかな ねえ デヴィッド 僕たちの想像力には 何が欠けているのだろう デヴィッド・ロバート ヘイウッド・ジョーンズ 西部劇のナイフから 名前をもらい ブリキ缶に乗って 青い地球を頭上に眺め 犬になり英雄になり 男になり 女になり 赤い靴を履いてブルースを踊り 聖職者になり 独裁者になり 世界を売り飛ばし 人生より大きなドラマを 生きた君だもの 日本から来た猫のように 何度でも生まれ変わって 本当の嘘を言ってくれ ねえ デヴィッド 戯れの墓碑銘には なにが書いてあるの? 火星にもライフってあるのかな 地球に新しい音楽は生まれるのかな


作成日時 2019-09-07
コメント日時 2019-09-21

火星の生活 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 733.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 41
#テキスト
項目全期間(2020/04/02現在)投稿後10日間
叙情性60
前衛性60
可読性60
エンタメ80
技巧50
音韻50
構成50
総合ポイント410
 平均値  中央値 
叙情性66
前衛性66
可読性66
 エンタメ88
技巧55
音韻55
構成55
総合4141
閲覧指数:733.8
2020/04/02 15時22分49秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

火星の生活 コメントセクション


コメント数(2)
ふじりゅう (2019-09-19):

難しい詩だな、と感じました。後半、「君」=「デヴィッド」と読むしかないのですが、君、はあらゆるものになり「人生より大きなドラマ」を生きたとあります。つまり、役者かな、と読みましたが、主人公とデヴィッドは冒頭「音楽」を共同でたしなんでいることが示唆されています。また、「欲望」には「音楽」がたりない、しかし音楽に足りないもののリストの中には「欲望」がきっちり入っています。このずれ、符号のかみ合わなさをどう読めばいいのか、力不足で読み解くことが出来ませんでした。しかし、近未来っぽい、外国ナイズな描写はイカスな、と思います。

0
agath (2019-09-21):

ふじりゅう様。お読みくださり有り難うございます。 この詩は(詩というより、頌詞かもしれませんが)少し補足説明が必要だったかもしれません。 これはデヴィッド・ボウイの一周忌にあたり、ファンの人々のために書いた、ボウイへのオマージュのような文章です。中に出てくる様々なイメージ(20個ほど)は、いずれもボウイの作品のタイトルか歌詞を踏まえたもの。冒頭の「僕たちの音楽には欲望が欠けている」はランボーの「イリュミナシオン」の一節です。稀代のトリックスター、ランボーとボウイを重ね合わせた構成です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1