時鳥 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

時鳥    

ある一時  保育園のときのセリフは  小鳥の役柄だった  「ニュースだよ ニュースだよ たろうさんのお宅に あかちゃんができたよ」  小鳥役の私が 時空のかなたからやってきて、二十四時間後には だれかれ関係なしに おおきな声で 宣言するだろう ある二時 鳥のように生きることを夢想する。 いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる  ある三時 空の高さを鳥が示している 声は高くまで響いても 声の向こうにある天空は さらに はるか。  きままな鳥が、私のことを「ピープル」と呼んだ。トンビにも「トンビぃ」と言ってあげたいが 私の返事は鳥には届きはしないだろう ピープルだという鳥の声だけが リフレインする  ある四時 清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている  ケサランパサランの寝床をととのえるかのように シーツも 取り込む あまい匂いがするのは 近くに パイナップルミントが群生しているから ある五時 こんどは ホトトギスが 鳴いた 新築の窓辺にも あの鳥は きっと訪問するだろう  タンポポの綿毛は まだ 飛び立ってはいないが 植物だって鳥になる日がある ある六時 げいじゅつてきだね。 ああ ホトトギスが 「げいじゅつてき」だと言っている  夕方の花の水遣り。ホースの先で 虹が現れたことが「げいじゅつてき」 蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、  げいじゅつてき げいじゅつてきだね げいじゅつてきだね ほら あなたにも聞こえるでしょ ある七時 すこし日が影に あしもとに差し込む光 しずかに うまれるながい影 鳥のように生きることを夢想する 飛沫を思わせるような囀りで愛を語るのだ 囀りに きがつかずとも さりげない思い遣りのような言葉が しじまを彩る ある八時 そして ある九時 あるいは十時 ホトトギスが鳴いている 少女は いつしか絹をまといピアノフォルテの音楽の中で 大人となり クロスする時計のことを忘れていても ホトトギスは歌い続けている ある十一時 瞼をとじれば どんな生き物とも心を通わすことができる  なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている ある十二時 一組の恋人同士が 同じ夢をみた。 ふたりが 翼の両翼ように羽ばたいたとき ぷっくりとあたらしい命が芽生えていた


作成日時 2017-06-05
コメント日時 2017-06-30

時鳥 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 641.8
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:641.8
2022/07/07 18時53分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

時鳥 コメントセクション

コメント数(12)
黒髪
(2017-06-05)

最後まで本筋を離れない思考、実験精神(鳥として生きてみたら、どうなる……)が感じられ、特に、潔いという感触を 持ちました。「なにものでもない自分」というとらえ方をするところが、やはり精神的に、ある種の潔さ(きれいで、 さっぱりしている)に貫かれているな、と思います。鳥自体がそういった存在だとも思います。時を告げられ、いつのまにか 鳴き声が去っている。これは、人間にしてみれば、「ごめんなすって」っていうのと似た感触かもしれない。 「トンビぃ」という呼びかけ方は、心をうまく表した表現だな、と思いました。

0
kaz.
(2017-06-06)

これは凄い作品が投稿されたな、という印象。とにかく、出てくる単語の一つ一つが洗練されていて、詩の形としてとても優れたものになっている。純粋なおしどり夫婦のような愛を歌った詩なのだけど、とても良く出来ている。この作品、次回のチャかシズムに、載せてもよろしいでしょうか。

0
るるりら
(2017-06-07)

黒髪さま 潔いという 嬉しい感触の報告、ありがとうございます。 いまも みみをすますと なにかしらの鳥の声がきこえています。 「ごめんなすって」っていうのと似た感触とはまた 言い得て妙です。 おかげで なんだか ごきけんな気持ちをいただきました。ありがとうございます。

0
るるりら
(2017-06-07)

kazさま 凄い作品だったのでしょうか?だとしたら嬉しいです。チャかシズムに掲載していただけるとしたら とても嬉しいです。とはいえ 六月になって まだ上旬です。これから もっともっとチャかシズムに掲載したいとお思いになる作品が これから先になって投稿されるかもしれないなあと おもいつつも、期待させていただきます。 ただ 掲載となってくると、ひとつだけ訂正をいれさせていただきたいのです。 詩文中のある四時の連なのですが、  「パイナップルミントが群生しているから」とあるのですが、「パイナップルセージ」に変えたいです。 理由は、頭ではセージのつもりで なぜか ミントと書いてしまいましした。 ハーブにお詳しい方なら、「甘い匂い」という表現に匹敵するのは、セージだとご存じだろうから、です。

0
るるりら
(2017-06-07)

管理人の方々へ kazさまへの返信欄に書いた内容の改訂原稿をここに一応、載せさせていただきます。 どうぞご検討のほど よろしくお願いいたします。 ***** 時鳥 ある一時  保育園のときのセリフは  小鳥の役柄だった  「ニュースだよ ニュースだよ たろうさんのお宅に あかちゃんができたよ」  小鳥役の私が 時空のかなたからやってきて、二十四時間後には だれかれ関係なしに おおきな声で 宣言するだろう ある二時 鳥のように生きることを夢想する。 いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる  ある三時 空の高さを鳥が示している 声は高くまで響いても 声の向こうにある天空は さらに はるか。  きままな鳥が、私のことを「ピープル」と呼んだ。トンビにも「トンビぃ」と言ってあげたいが 私の返事は鳥には届きはしないだろう ピープルだという鳥の声だけが リフレインする  ある四時 清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている  ケサランパサランの寝床をととのえるかのように シーツも 取り込む あまい匂いがするのは 近くに パイナップルセージが群生しているから ある五時 こんどは ホトトギスが 鳴いた 新築の窓辺にも あの鳥は きっと訪問するだろう  タンポポの綿毛は まだ 飛び立ってはいないが 植物だって鳥になる日がある ある六時 げいじゅつてきだね。 ああ ホトトギスが 「げいじゅつてき」だと言っている  夕方の花の水遣り。ホースの先で 虹が現れたことが「げいじゅつてき」 蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、  げいじゅつてき げいじゅつてきだね げいじゅつてきだね ほら あなたにも聞こえるでしょ ある七時 すこし日が影に あしもとに差し込む光 しずかに うまれるながい影 鳥のように生きることを夢想する 飛沫を思わせるような囀りで愛を語るのだ 囀りに きがつかずとも さりげない思い遣りのような言葉が しじまを彩る ある八時 そして ある九時 あるいは十時 ホトトギスが鳴いている 少女は いつしか絹をまといピアノフォルテの音楽の中で 大人となり クロスする時計のことを忘れていても ホトトギスは歌い続けている ある十一時 瞼をとじれば どんな生き物とも心を通わすことができる  なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている ある十二時 一組の恋人同士が 同じ夢をみた。 ふたりが 翼の両翼ように羽ばたいたとき ぷっくりとあたらしい命が芽生えていた

0
花緒
(2017-06-08)

①まず事務連絡事項から。 えっと、チャカしずむについては、以前ビーレビュー特集もしてくださったくらいの仲なので、友好先メディアである訳ですが、基本的には、掲載にかかる交渉は、チャカしずむー投稿者間で直接やってくださいまし。ちなみに、ビーレビュー投稿作の著作権は作者に帰属するので、(いう必要はないと思いますが)無断転載はダメですし、転載にあたっては、合意の上で、トラブルにならないよう、お願いします。 なお、掲示板上での、スカウト活動、転載交渉などはウェルカムです。ビーレビューは、スカウトマン、ヘッドハンター、ウェルカムです。はい。

0
花緒
(2017-06-08)

②わたしにはまだ十分に読み解けてない作品でもありますが、時間に合わせて、作品を区切っていくという書き方は、まあ、それなりに書かれているスタイルかとは存じますが、本作は時間の経過と、ライフステージの上昇が重ね合わせられているのですよね。赤ちゃんができて、物心ついて(ピープルと呼ばれて)、恋人が新しい子供を作るまで。時計というのは、短針、長針がぐるぐる回る訳なので、その意味では、人が生まれて、子供を作ってーという円環と、時計のぐるぐる回る感じは似ていますね。優しい手触りが伝わってくる良作との印象を受けます。

0
kaz.
(2017-06-08)

るるりら様 私の直観ですが、「パイナップルミント」の方が、セージよりも良いと思います。ただ、るるりら様がどうしてもと仰るのであれば、セージにします。 花緒様 私の活動を支えてくださってありがとうございます。いつかはチャかシズム文学賞が作れるようになるといいですね。

0
るるりら
(2017-06-08)

●花緒さま 時計でくぎって書くという手法は なくはない手法のなかで、 読者に優しい手触りが伝わったのなら 成功だったようです。ありがとうございます。 また チャかシズムの件は、承知しました。 ●kaz.さま ミント&セージについて、よくよく考えてみたのです。本作品は、朗読を意識するべきではないかと。 揮発性のある言葉であるべきではないかと。 「パイナップルミント」の方が、セージよりも良いと思いなおしました。 また チャかシズムの件ですが、わたしは感謝しかありません。 今後は、掲載が決定したという事後報告で じゅうぶんに 私は、うれしいです。ありがとうございます。

0
まりも
(2017-06-08)

一時、を、ひととき、と読んだり、三時、を惨事と読んでドキッとしたり(青空の果てで、鳥打の鉄砲が鳴ったらどうしよう、とか・・・) 「いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる」 魂は、三度生まれ変わる、のでしょうか・・・生まれ変わるたびに、一回り大きくなっていく心、を夢想しました。 「清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている」 光は描かれていないのに、少し薔薇色を帯びてきた夕方の明るさを感じます。金色の光で満たされていく心。 「蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、」 食べた跡は? 食べ 後はうつくしい? どちらかな、と思いつつ・・・柔らかいところを、食べられてしまった、ではなくて、むしろそのことによって「美」が(見えなかった美が)見えるようになった、そこに目を注ぐところに惹かれます。 「なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている」 時の鳥、と書いてホトトギス。時を告げる、ということは、命の時間を告げる、ということでもあるように思います。歌の翼に、という名曲があった、と思いだし、あれはメンデルスゾーンの・・・と調べたら、歌詞はハイネでした。 「翼の両翼ように羽ばたいたとき」両翼のように、かな(すみません、仕事柄、クセで・・・) 比翼の鳥。二人の心が寄り添って、初めて一羽の鳥となる・・・ひとつの歌、となる。 心の中で歌う鳥の声に応ずる応答、他者の響きと響き合って、歌としてはばたく、その瞬間。 いのちが芽生える。それは詩の命かもしれないですね。

0
るるりら
(2017-06-15)

まりもさまへ とても丁寧に読み込んでいただいて、次なる創作意欲をかきたてさせていただいています。 ありがとうございます。 ≫一時、を、ひととき、と読んだり、三時、を惨事と読んでドキッとしたり(青空の果てで、鳥打の鉄砲が鳴ったらどうしよう、とか・・・) ↑わたしにとって、思いがけない 読み方をしていただいています。 私の脳内では 「いちじ」と きめつけて創作してました。 でも ひとときから なにかしらの物語が展開する詩が書きたくなっています。(いつできあがるかわかりませんが) 表現の稚拙な部分へのご指摘はほんとうに嬉しいです。二点もあったかと 正直 自身のアホさに おどろいています。 一、「蕗の葉のやわらかいところだけを虫が食べ跡は うつくしいレース模様なのが、」ここは、分かりにくい表現でしたね。もっとシンプルに書けたはずです。 ↓たとえば、こんなふうに 書くべきでした。 「蕗の葉が うつくしいレース模様なのは、虫がやわらかいところだけを 食べたからだ」 二、「翼の両翼ように羽ばたいたとき」わかりやすい重複表現ですよね。頭痛が痛くなります。 ご指摘だけでなく よのなかには 素敵なことは たくさんあることを予感もさせていただきました。 歌の翼に、という曲を確認してみました。おかげさまで さわやかな朝の体験となりました。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%8C%E3%81%AE%E7%BF%BC%E3%81%AB ご批評、深謝いたします。ありがとうございます。

0
るるりら
(2017-06-30)

改訂版をあげさせていただきます。改訂原稿は、これで二回目なので アップするのを ずいぶん 迷いましたが、この作品は わたしにとって大切なものとなる予感がするのと、この作品に けじめをつけないことには なにやら もじもじしてしまって 自身の次作に心を移すことができなくなってます。  投稿に際しての注意を再読して やはり のせさせていただくことにしました。 ***** 【時鳥】  ある一時  保育園のときのセリフは  小鳥の役柄だった  「ニュースだよ ニュースだよ たろうさんのお宅に あかちゃんができたよ」  小鳥役の私が 時空のかなたからやってきて、二十四時間後には だれかれ関係なしに おおきな声で 宣言するだろう ある二時 鳥のように生きることを夢想する。 いちじは 卵のようだった  にどめには 親鳥に守られ 三度めには成鳥のように生きる   ある三時 空の高さを鳥が示している 声は高くまで響いても 声の向こうにある天空は さらに はるか。  きままな鳥が、私のことを「ピープル」と呼んだ。トンビにも「トンビぃ」と言ってあげたいが 私の返事は鳥には届きはしないだろう ピープルだという鳥の声だけが リフレインする   ある四時 清潔に あらためられたカーテンを 風が部屋のこころを ゆらしている  ケサランパサランの寝床をととのえるかのように シーツも 取り込む あまい匂いがするのは 近くに パイナップルミントが群生しているから ある五時 こんどは ホトトギスが 鳴いた 新築の窓辺にも あの鳥は きっと訪問するだろう  タンポポの綿毛は まだ 飛び立ってはいないが 植物だって鳥になる日がある ある六時 げいじゅつてきだね。 ああ ホトトギスが 「げいじゅつてき」だと言っている  夕方の花の水遣り。ホースの先で 虹が現れたことが「げいじゅつてき」 虫がやわらかいところだけを 食べて あらわれた蕗の葉は うつくしいレース模様 げいじゅつてき げいじゅつてきだね げいじゅつてきだね ほら あなたにも聞こえるでしょ ある七時 すこし日が影に あしもとに差し込む光 しずかに うまれるながい影 鳥のように生きることを夢想する 飛沫を思わせるような囀りで愛を語るのだ 囀りに きがつかずとも さりげない思い遣りのような言葉が しじまを彩る ある八時 そして ある九時 あるいは十時 ホトトギスが鳴いている 少女は いつしか絹をまといピアノフォルテの音楽の中で 大人となり クロスする時計のことを忘れていても ホトトギスは歌い続けている ある十一時 瞼をとじれば どんな生き物とも心を通わすことができる  なにものでもない自分に もどるための歌を ホトトギスが聴かせてくれている ある十二時 一組の恋人同士が 同じ夢をみた。 ふたりが 両翼ように羽ばたいたとき ぷっくりとあたらしい命が芽生えていた

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1