アングリマーラ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

アングリマーラ    

 僧が歩いていく。 「去れ! 立ち去れ! アングリマーラよ、立ち去れ!」 糞尿で黄色くなった衣を、僧の血で赤く染め上げながら、僧が歩いていく。 罵声と投石を投げつけられ、棒で殴打されながら、僧は歩みを止めない。 「去れ! 立ち去れ! アングリマーラよ、立ち去れ!」 目を伏し、割れた鉢を大切に携えながら、僧は何も言わず一歩一歩と村人の中へ行く。 全てを布施であるかのように、受け入れながら。 「去れ! 立ち去れ! アングリマーラよ! 指蔓外道よ! かつての首飾りの中に、この村の人々の指が何本あったのだ! 去れ! 立ち去れ! ここより消え去れ!」  血が、僧を赤く濡らす血が、僧自身と人々の思い起こさせる。 アングリマーラと呼ばれた僧は、赤く塗ったような自らの手を、ふと眺めた。  指を切り取り、首に吊るしたかつてのような、手。 簾のように無数の指で体を飾り、乾いた血と鮮血で彩られた、悪鬼ごときかつてのアングリマーラを。  でももう、身に着けるのは粗末な衣と手にある壊れた鉢だけだ。 「死に穢れしものよ! 入ってくるな!」 小屋に入るなり、老婆から熱湯を浴びせられた。 血と怪我に汚れた皮膚は、瞬時にただれる。  それでも僧はまっすぐに見る。一歩一歩と歩む。 苦しむ女。 難産にあえぐ、その元へ。  幸せな人を、ひと時思い起こす。 悪神ごとき所業を行っていた頃。 輝きを放つような一人の出家者が目の前を通った。  九九九人の九九九本の指を揺らし、千本目の指にするために振るう刀は、空を切った。 放つ矢は虚空へ消え、突き刺す槍は虚無を突いた。 「動くな、止まれ。出家者よ」 思わず出た言葉に対して、出家者は振り返る。 「私は止まっている。アングリマーラよ、汝が止まるがよい。 私は生きとし生けるものを害する心を捨て去った。故に私は止まっている。 汝は自らを制していない。故に汝は止まっていない。 アングリマーラよ、かつての師に邪見を与えられしものよ、止まりなさい」 「消え去れ! 外道!」 怒号と共に与えられた痛みで、意識を取り戻す。 手にしている鉢の如く、剃り上げた頭を割られた。 施される痛みを気にも留めず、掴みかかる男たちに動じず、女の腹へ手を差し伸べる。 「私は正しい生を得てから、故意に生きとし生けるものの命を奪った事はない。安らかなれ、安産なれ」 「罪業に穢れし手をどけよ!」 男たちと老婆の怒鳴り声と女のうめき声の中、静かなつぶやきが続く。 「私は正しい生を得てから、故意に生きとし生けるものの命を奪った事はない。安らかなれ、安産なれ」 ぐる、と女の腹が動いた。 頭が見え始める。 「もう生まれる」との老婆の声と共に、怒りに満ちた声は消え、女がこの世とは思えない声を張り上げた。 静かなつぶやきは、それよりも大きく聞こえる。 「私は正しい生を得てから、故意に生きとし生けるものの命を奪った事はない。安らかなれ、安産なれ」 産まれた。  素早く僧は子を受け止める。膨大な血と羊水と共に産まれた子を人々は見る。 息をしていない。 「私は決して生きとし生けるものの命を奪うことはない。汝を祝福する。安らかなれ、安らかなれ、幸せなれ」 「私は決して生きとし生けるものの命を奪うことはない。汝を祝福する。安らかなれ、安らかなれ、幸せなれ」 「私は決して生きとし生けるものの命を奪うことはない。汝を祝福する。安らかなれ、安らかなれ、幸せなれ」  部屋一杯に泣き声が響いた。  老婆は改めて湯を沸かし始める。 僧は血と羊水に汚れたまま、衣に子を入れ、温めた。 人々は見守る、女と子と、傷とただれた皮膚にまみれた僧を。 かつて死の血で穢れた体は、誕生の血と羊水で清められる如く飾られた。  僧は一礼だけして、歩き去る。 女も子も安らかに眠りに伏した。 人々は何も言わず、その僧の背後に向かって手を合わせた。  アングリマーラは尊重すべき者たちの一人となっていた。  村から出る時、別れを惜しむような子の泣き声が、僧の耳にも届いた。


作成日時 2019-03-03
コメント日時 2019-03-06

アングリマーラ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 739.3
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 1
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性11
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント11
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合11
閲覧指数:739.3
2023/02/09 08時44分05秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

アングリマーラ コメントセクション

コメント数(4)
滝本政博
(2019-03-04)

なにかの聖典の、いちエピソードのような感じをうけました。 羽田さまにとって、“穢れ”というのがキーワードというか、大きなテーマのような気がいたします。

0
滝本政博
(2019-03-04)

遅ればせながら、アングリマーラをネットで調べてみました。こんな背景があったのですね、無教養ですみません。でも、これ知らなくても、この詩の中で上手くアングリマーラのことは紹介されていると思います。

0
滝本政博
(2019-03-04)

<罵声と投石を投げつけられ> この部分のみ気にかかりました。 罵声を浴び、石を投げつけられ とかに変えた方がいいかもしれません。

0
羽田恭
(2019-03-06)

galapaさん、こんにちは。 阿含経の中に出家したアングリマーラが難産の女性を癒したエピソードがあり、それを下敷きに書いてみました。 >「私は正しい生を得てから、故意に生きとし生けるものの命を奪った事はない。安らかなれ、安産なれ」 この個所は、釈迦から難産の女性に唱えるよう言われた言葉をほぼそのまま引用しています。 結果的に穢れが大きな要素となりましたが、エピソードを下敷きにした作品を書きたかったのです。 釈迦の弟子の中でも気になる人物でしたし。 >罵声と投石を投げつけられ ここはご指摘の通りでしたね。変えるべきかなと。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1