湯灌 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 霊視も出来るアーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

湯灌    

意識の雨が降りしきる 足もとに積まれた小石 開封された町並みには 軽く輪ゴムがかけられて 終いの無音が 足裏を濡らしはじめる 這いだす百合の匂いに 止めようのない なだらかな坂のうえに横たわり 生まれついた哀しみと 生き終えたうたかたが 花びらとなって 肛門から漏れだす    いつから夜は    つかめるように    なったんでしょうね 握りしめた指を折る雨音が 東雲の歩みよる畳に響く    滴のような幸せを    いただきました 息を捨て 逃げてゆく聴覚 もう何色も映すことのない瞳 渇かない母たち ひとりが一人を産み また一人を産む 母たちの数珠は つめたい膝頭でできている 百八の膝頭のまるみが 此岸を発つ舟を漕ぐ 背を向けることのない後ろ姿 さっきまで上下していた胸 頬に残されたシミ すべての重さが計られ 生きていた匂いを消し去って 言葉をもたずに慰められる つかむ すべる 意識のなかに もうどこにも逃げることのない 雪が降りはじめる ほんとうと 言い終えぬうちに 湯はとまる この世の際は あたたかい


作成日時 2019-02-21
コメント日時 2019-03-03

湯灌 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 919.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2023/02/09現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:919.1
2023/02/09 07時42分38秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

湯灌 コメントセクション

コメント数(7)
鈴木 海兎 ??
(2019-02-28)

自分がこの詩を読んで ふと頭によぎることがありました。 答えを熱烈に求めている訳ではありませんが、死のスケッチのなかで、なぜ肛門を言葉に選んだのだろうということでした。 普通の人は肛門という言葉を聞けば抵抗があるでしょう。そこをあえて使う理由。もしかしたらなびかの経験の裏付けがあったのだろうかと想像したりもしています。 肛門ときいて こんな話を読んだのを思い出しました。 体が不自由になり、手足が動かなくなった人がいた。最初は口で会話もできたが、口も動かなくなり、まばたきで話をする。まばたきすら出来なくなったらどうするか。 それは最後は肛門の筋肉の伸縮をつかっての合図という話です。 肛門には排泄をする機能以外の他に肛門を使った意思伝達という機能を知ったとき、私の肛門にたいするざっくばらんに汚いというイメージが少し変わりました。 もちろん、その話は体が不自由ながらも 生きている人間の最後の筋力の話であって、死人の最後の筋力が肛門かどうかは別の話です。 そられと同じというわけではないでしょうが湯灌をされているなきがらの詩の前で生きている人間の常識だけでとらえてはダメだろうなと想像しています。 つまり死人と生きている人間は別物なので生きている人間の常識で死人の清められた、それは純潔ともいえる肛門を、汚いなぁと感じるのはナンセンスなんでしょうね。 さて、しかし脳ミソパープリンのわたしにはこの詩を感想という文字に置き換えることは不可能だなという確信もありますのでここらで退散いたしますが 詩を読むなかで 死んだ人間にも意識が残されており それは雨のように降ったり だんだん、死後硬直を匂わすかのように雪へ変わる。 意識は無意識を具現化するがごとくをつかめるようにかわっている 生きている頃は、追いかければ消えて行く無意識が死んで行くことによって 不思議なことに生きている頃より 意識というものが純度を増している そういう雰囲気を感じました。 そしてその雰囲気がどうにも、 たぶん死んだらこうなのかもなと 不思議と納得もしているのです。 飛躍的に解釈しておりますが なにぶん、生きている人間の解釈なものですからどうぞお平らにお願い致します。ありがとうございました。

0
fiorina
(2019-03-01)

くつずりさん、おひさしぶりです。 くつずりさんのお作は、息を詰めるように、次の行をおそれるように読ませていただくのですが、 大切なかたを送られた直後の、特別な時間が特別な作品となっていると感じました。 くり返し読むたびに新しく、作者のぬくみと怜悧をともに感じます。 そっと落としたものを拾って ああ、ここね!と詩友とまた何度でも語りたくなる、、、 また読ませて下さい。

0
fiorina
(2019-03-01)

本日3月1日(金)21時より、【突発的弓庭夜話】を実施します。 場所はtwitter 作品は、くつずり ゆうさん「湯灌」→https://www.breview.org/keijiban/?id=3031 ご参加予定、閲覧ご希望のかたは、fiorinaをフォローして下さいませ。→@bara20006 初の試みで、どんな風になるのかわかっておりません。まずは、ふるってご参加下さい!

0
滝本政博
(2019-03-01)

言葉のチョイスの感覚がずば抜けてよいのだと思いました。 読者への理解の配慮と言う点では、付かず離れずのいい感じだと、私見ですがそう感じました。 私見だというのは、この詩を読みきれていないと強く感じるからです。 五感をフルに使って書かれているのは分かります。 また、飛躍や語句の新鮮な結びつきも感じられました。

0
くつずりゆう
(2019-03-03)

鈴木海飛さま コメントありがとうございます。 お返事遅くなりまして、申しわけございませんでした。 色々な角度から吟味していただいて、とても嬉しくおもいます。 わたしとしましては、肛門も指先も、あまり変わりなく、愛しいひとのいちぶであると感じます。 ただ、詩として言葉を置くときには、より自分の気持ちが嵌るものを選ぶようにしています。 今回の詩は、湯灌の際に納棺師の方がしてくださった様々なことがらの中から、自然と選んでいった語句でした。 そして、生き人と死人は、ほんのすこし糸のような細い境目で隔てられているだけで、とても近いものであるとも感じます。

0
くつずりゆう
(2019-03-03)

fiorinaさま ご無沙汰いたしております。 仕事が忙しく、久しぶりにこちらへ伺わせていただきました。 また、ツイッターでは何か催しをしていただいたようで、ありがとうございました。参加できなくて、残念でした。 また、ご縁ありましたら、よろしくお願いいたします。

0
くつずりゆう
(2019-03-03)

galapaさま コメントありがとうございます。 他サイトでは、何年もお世話になっておりますが、こうしてコメントを頂いたのは初めてのように思います。 とても嬉しかったです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1