地面を舐めた - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

地面を舐めた    

こどもの頃 地面を舐めた どんな味がするのか どんな感触なのか どんなにおいがするのか 地面を見つめるほど 気になって 誰かに聞くことは まどろっこしくて 地面にうつぶせになって 舌をのばして ゆっくり舐めた 転んで口の中に砂が入ったときの 苦味と 舐めても舐めても アイスクリームのように消えてくれない もの悲しさと かたい凸凹に舌が擦れて 痛いのとが 舐めるごとに押し寄せて 舌を口の中に戻すと ざらついた後味が あまりにさみしくて 泣いてしまった 泣きながら 地面を舐めた うんともすんともいわない 地面を


作成日時 2017-05-04
コメント日時 2017-05-06

地面を舐めた ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 441.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/05/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:441.4
2021/05/07 01時12分27秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

地面を舐めた コメントセクション

コメント数(6)
泥棒
(2017-05-05)

赤土と黒土、砂を、実際に食べて確かめる、ということをやらかした幼稚園時代(だと思っているのですが、わりと鮮明な記憶なので、小学校低学年かも知れません)を経験しているので、共感しながら読みました。 赤土は渋くて、黒土は甘くて、砂は傷口の味、血の味というのか・・・砂鉄の味がしました。 後半の、さみしさに踏み込んでいくところは、夏生さんの独自性が現れているところでしょう。なにも応えてくれない、という、不毛感のような寂しさ、空虚感。 転んだ時、あるいは転ばされたとき、の屈辱や傷みを思い出してしまった、というような、全体をメタファーとしても読めると思います。 地を舐めるほどあなたに近づいたのに、応えてくれない、というような(そこまで読むと、恣意の方に引っ張りすぎになってしまいますが)

0
泥棒
(2017-05-05)

スマホから、です(まりも)

0
朝顔
(2017-05-05)

これはいいなと思いつつ、どう批評すべきかと思っているうちにコメントが遅くなりました。申し訳ありません。 地面を舐める、という行為が、素直に丁寧に、なんのてらいもなく書かれているがゆえに、かえっていろんな暗示的なことを想起させる良作だ、と感じました。 地面。地って、本来「母なる大地」と表現するくらい、暖かくてどっしりとしたイメージが形而上的にはありますよね。でも、実際に舐めてみると苦くてかたくて痛い。・・・それが、実際の舌のざらついた感覚から書かれているところが素晴らしいなと。 現実って、おうおうにして文学的なイメージ。一般的通念からはズレている。なにも応えてくれない大地の感触が鮮烈に残ります。

0
黒髪
(2017-05-05)

経験を共有できる詩だと思いました。 子どもというものの、純粋さが、土からたちのぼるようで、もし、ぼくが同じことをしても、同じように思うだろうという想像が出来た ということを考えます。主観と言うものの透明さを教えてくれたように思いました。さみしいという気持ちを、あまり感じてこなかった ので、もともとさみしいのが人間だよ、だから、そこから立ち上がったり、駆けて行ったりするんだよ、というような、いろいろと 考えさせられる詩でした。ストレートに提示されるところに、潔さも感じました。潔さからのストレートさというのは、いいことに 思いました。

0
夏生
(2017-05-06)

まりも様 拙作にコメントくださり、ありがとうございます! なぜか地面の味に興味を持って、舐めてしまった記憶がありまして。そこからイメージ広げて書いた詩でした。細部までお読みくださり、ありがとうございます。 朝顔様 良作との評、とてもうれしく思いました。ありがとうございます。読んでくださる方が楽しんでイメージを広げられる作品になれたらと。 黒髪様  経験を共有できる詩、との評、とてもうれしく思いました。ありがとうございます。こどもの頃の興味や行為は後に何かを残す、心のどこかで消えないさみしさ      があって。書きながら、良いこと、悪いことの二つ以外にあるものが活かされる面白さを感じました。細部までお読みくださり、ありがとうございます!

0
クヮン・アイ・ユウ
(2017-05-06)

夏生さま 舐めることで、「得ているはずなのに失っている」という事実にとても惹かれました。能動的に得ているのに、です。 ワンシーンが、いくつもの他の事象に置き換わるだけの力を持っている。与えられている。 大人になってからも、(乱暴な言い方ですが)やめりゃあいいのにやってしまうことが多くあるということを考えさせられます。詩の役割のうちの重要なものの一つを体現されていて、かっこいいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1