お知らせ

疾走   

作成日時 2018-10-14
コメント日時 2018-10-15

好きでいること 楽しいこと 意外と楽じゃない でも立ち止まれない 走り続けたい 自分でも限界だなって思いたくない 越えてみせたい 夢の先が高くて届かなくたって 声が聞こえなくたって 何故だか押し込まれてる 馬鹿になって、海に飛び込む 空を一瞬だけ飛べた 鴎になれたんだ


項目全期間(2019/09/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:77.4
2019/09/17 23時54分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(2)
no.20 (2018-10-14):

共感できる詩です 率直な意志の強さを感じました

ふじりゅう (2018-10-15):

拝見しました。 〈歌詞〉として見ます。爽やかでみずみずしく、良い印象です。主人公が挫折を味わってない感じが伝わってきて、羨ましくなります 笑 〈詩〉としても見ます。詩としての話ですが、主人公の状況や風景描写など、情報がもう少しあれば面白くなりそうな感じです。 ビーレビの詩は詩の中に毒を混ぜたような、悲しく、切なく、といったテイストが多いですので、こういった爽やかに突き抜けた作品は新鮮に感じました 笑

投稿作品数: 1