作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

売人   

作成日時 2018-08-01
コメント日時 2018-08-11

ボールペンの芯から生まれた僕は 太った人の筆圧に潰され インクが滲む それ、僕の涙ですよ 修正液で白くなる前に 誰か高く買いませんか 黒い涙なんて真珠のようで 綺麗に光るネックレスにして 街を歩けば皆が 見つめてしまいます 古い日記の鍵穴をこじ開け あなたのへそくり数えてみたら 僕の持ち主が書く卑猥な言葉より 美しい愛の言葉が並んで 思わずおしっこ漏らしちゃったけど それ、僕の涙ですよ


項目全期間(2019/10/23現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:126.4
2019/10/23 19時35分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(4)
かるべまさひろ (2018-08-02):

「僕」がなにものなのか、どこかわくわくして考えさせられます。 タイトルも決して答えになっているわけではなく、おもしろく読ませていただきました。

ミナト螢 (2018-08-02):

かるべまさひろ様 コメント頂きありがとうございます。ふと、ボールペンの芯を見ていたら思い付いた気楽な作品です。楽しんで頂けて幸いです。

stereotype2085 (2018-08-11):

気楽で面白味のある作品の割には「売人」という悲劇性を持つタイトルがとても興味をそそります。これらを総合してミナトさんの作風なんだろうなと思いました。

ミナト螢 (2018-08-11):

stereotype2085さま コメントありがとうございます。いつもは、甘くなりがちな詩が多いのですが、ビーレビには不向きと思い、こちらの作品を投稿致しました。

投稿作品数: 1