最終小節 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

最終小節    

あなたが奏でる音に わたしは魅了されました それから ライブハウスにも 通うようになりました 淡いオレンジ色が揺れていて それは揺れ動く鼓動のよう その声だけが わたしの生きる糧でした 春になったら あなたは何処へ行くのでしょう 誰にも言わずに 風のように消えてしまうのでしょうか ギター片手に 何処かへ消えてしまう…それだけは止めてください わたしが掛けた声に あなたは笑顔で応えてくれました それから あなたのことが 気になったままなんです 褪せたセピア色が愛しくて それは止まらない時のよう あの声だけは 二度と忘れることは出来ないでしょう 夜が明けたら あなたは普通の人に戻ってしまいます サヨナラも言わずに 星のように消えてしまうのでしょうか あの音色と共に 何処かへ消えてしまう…それだけは止めてください 「あなたの存在こそがわたしの青春でした」 そんな発言も大袈裟じゃないくらい あなたは輝いていた どんなに激しい一目惚れも いつか終わりが来るけど わたしが忘れない限り この想いは止まらない スポットライトを浴びる あなたが余りに眩しくて こんな つまらない人生さえも 少しマシに見えてくる だから 何処にも行かないでほしい あなただけは 此処に居てほしい ライブハウスの片隅で 明日もあなたの声が聞こえる それがすべて 「幻」だったとしても…


作成日時 2017-03-26
コメント日時 2017-03-30

最終小節 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 536.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:536.0
2022/09/28 11時53分42秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

最終小節 コメントセクション

コメント数(3)
花緒
(2017-03-26)

投稿、ありがとうございます。また投稿いただきたいと思っていたので、嬉しく思いました。前作と合わせて考えたときに、創作者として優れているという印象を明確に持ちました。本作、途中までは、直球のラブポエムかよと。痛ポエム感が強いかなと。しかし、書かれた文の全てを宙づりにしてみせるオチが秀悦で、ゆるふわポエマーに愛されそうな書きぶりなのに、ゆるふわポエムになり切らない良さがあるように思います。ギリギリのバランスを上手く保っていると感じました。初読の印象を綴るライトレス。

0
百均
(2017-03-30)

 最後のパフォーマンスというか、ラストライブを見届ける感じですね。いい感じに直球的な作品。これもいい感じで青春だと思います。  >ライブハウスの片隅で  >明日もあなたの声が聞こえる  >それがすべて  >「幻」だったとしても…  ここの締め方も面白い。ラストライブを終えたアーティストがライブ会場に立って再び語り手の前に立って歌を歌ってくれる事はない。けれども頭の中にその歌のイメージは残り続けるという事。その歌の精神みたいな物は残るという事をそこを明瞭に「幻」という言葉に詰めて表現しているという所が、なんとも潔いです。多分同じ思いをした人にとっては思いの伝わる詩になっている、ような気がします。やっぱり自分の応援するアーティストの演奏、一回くらいは直に聞いておかないとなぁとか、読んでて後悔が吹き出してきました。解散してからじゃ、色々おそいですもんね。。。  自分が体験した思い出を思い出すように、それは思い出の曲を頭の中でリピートしたときに溢れ出てくる感情、を思い出させてくれる詩だと思います。(回りくどくてすいません。)

0
まりも
(2017-03-30)

最終小節、という題名。最終小説でもあるのかな、歌詞の形を使った書簡体小説を連想しました。 4343と続く整った詩形の美しさ、リフレインまではいかないけれど、脚韻を踏むように余韻を重ねていく音感の良さ、対句的な印象の刻印の仕方、このあたりが魅力の作品だと思います。 「淡いオレンジ色が揺れていて それは揺れ動く鼓動のよう」 「褪せたセピア色が愛しくて それは止まらない時のよう」 こうした比喩が素晴らしい。素晴らしいだけに・・・風のように消えてしまう、とか、(朝が来たら消える)星のように消えてしまう、これはいささか常套句的で、モッタイナイ、と感じます。 五連あたりが、盛り上がるところ、のはずですが・・・ひとめぼれは~というような一般的な言い方で留めるのではなく、もっとここを掘り込んでほしい、と感じました。彼の輝きが、いかに語り手の心に深く刺さったのか、残ったのか、あるいは心を奪い去ったのか。そのあたりを、もうひと押し。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1