作品投稿掲示板 - B-REVIEW
お知らせ

蔑まれ者   

作成日時 2018-02-11
コメント日時 2018-02-22

僕には苦手なことがある 誰にも理解はされなくて 普通じゃないと皆は言う そんなに僕はダメなのかい まあそうなんだろうなどうしても できないできないできっこない 「私だって苦手でも、毎日こなしているんだ」と そんなこと言ったって 何の慰めにもなりはしない できないという現実が さらに深く突き刺さるだけ 僕にはためらうことがある 誰にも賛同されなくて 半人前だと皆は言う そんなに僕は意気地なしかい まあそうなんだろうなどうしても いろんな不安に縛られる 「あの人だってやっている。失敗しても死なない」と そんなことを言ったって なんの励ましにもなりはしない 失うことへの恐怖が さらにきつく縛り付けるだけ そしてまた皆に蔑まれる そんな蔑まれ者の詩


項目全期間(2019/11/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:107.8
2019/11/22 20時14分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。


コメント数(13)
IHクッキングヒーター(2.5kW) (2018-02-11):

お初にお目にかかります。 実はこの詩は1年近く前に書いたものです。 処女作な上に、だれにも見せずにここまで来たので、至らない点は多々あると思いますがよろしくお願いいたします。

扇子 (2018-02-11):

痛いです。

夏野ほたる (2018-02-11):

辛かったことや嫌だったことを愚痴ると君だけがしてる苦労じゃないから気にしない方がいいと言う人が居ますが、本人は励ましてるつもりでも全く元気になりませんよね。どんな人も1人の人間として見つめ、認めてあげることが出来たらいいと思います。 私は痛いという一言でまとめてしまうのはどうかと思いましたが、気持ちをそのまま綴っただけでストレートすぎるように見えてしまったのでもう少し詩的な要素があるとダメな自分をどうしようもできないふがいない気持ちがもっと伝わってきやすくなると感じました。

IHクッキングヒーター(2.5kW) (2018-02-11):

喃語さん 自分でも痛いと思います(笑) 夏野ほたるさん 批評ありがとうございます。 この詩は、ちょっと精神的につらかった時期にどうにかして感情を吐き出したくて書いたので、ストレートすぎるというのはその通りだと思います。この詩以外にも書き溜めたものがそこそこあるのですが、読み返してみるとどうにも詩というより愚痴とか社会批判じみたものをストレートに書いただけのものが多く、ここで他の方の詩をみて勉強していけたらと思います。

蛾兆ボルカ (2018-02-11):

今日は。 この詩は、スタイリッシュでイイな、と思いました。 一番と二番みたいな構成になってるし、「まあそんなんだろうな」の所はスリリングに変調するし、その次の行はシャウトする感じがあります。また、文節は五音をベースに整えられてます。 最後のキレもイイと思いました。

花緒 (2018-02-12):

音感がとてもいいと思いました。読みやすいですし、読まれることに意識を向けられる方が書いていると思いました。 が、内容面では少なくともわたしには平坦に過ぎるもののように思われました。ルサンチマンポエムとわたしは呼んでいるのですが、<可哀想な自分>を謳うタイプの作品ってありふれていると思うので、せめて反転させて、勝ち組ポエムにしたらいいのにって思ったりなんかします。

IHクッキングヒーター(2.5kW) (2018-02-12):

蛾兆ボルカさん 指摘していただいた「まあそうなんだろうな」から次の行のところは、歌のサビ前で調子を変えてからサビにつながるようなイメージで書いたので、意図していたことが素直に受け取っていただけてうれしくなりました。ありがとうございます。 花緒さん 内容に変化、あるいはひとひねりを加えるということですね。上のコメントで書き溜めがあると書きましたが、次の投稿は書き溜めからでなく、指摘していただいた部分を意識して、新しく書いたものを投稿してみたいと思います。ここに投稿されているものやそれらに対する批評を見ていると、どうにも感心しきりでして、少し恥ずかしくなってきましたので。

羽田恭 (2018-02-12):

われはひとのそしりを忍ぼう。多くのひとは実に性質が悪いからである。 ダンマパダ(法句経) 320節より 自分も同じ様なタイプです。 やろうとしてもやろうとしても努力しても、できませんでした。 自分は精神主義を排し、客観的現実的で具体的かつ有効性実効性のある対策を練り続けました。 中道の大切さと怒りの有害性を説く釈迦の言葉を頼りに。 これはこれで偏っているので、そうしろと言う訳ではありませんが。 詩としては花緒さんが言ったように、「這い上がってやる」や、「今は落ち着き、整える」といったような方向に最後持っていった方がいいかなと。 自分も「やっちまった」と思いつつ詩を書いています。お互い励みましょう。 つとめはげむのを楽しめ。おのれの心を護れ。自己を難所から救い出せ。泥沼に落ち込んだ象のように。 ダンマパダ (法句経) 327節  

IHクッキングヒーター(2.5kW) (2018-02-12):

HAneda kyouさん 励ましていただいてありがとうございます。 僕はとりあえず目の前のことをこなしていこう、というところに落ち着きました。棚上げでしかない部分もありますが、立ち止まっているよりはましかと思いまして。精進します。

カオティクルConverge!!貴音さん (2018-02-12):

とても読みやすくて 伝わりやすい詩だと感じました。 メッセージが入ってきやすくて とても良いと思います。 私はそれを無意識に避けたり 意図的に捨てたりしてるんですが 私もまた向き合えば理解や賛同を得れるんでしょうかね… 個人的にメンタル系に勤めてるんで その人達に重なる所があって好きです。

IHクッキングヒーター(2.5kW) (2018-02-12):

カオティクルConverge!!貴音さん お褒めいただきありがとうございます。 一時期「鈍感力」という本が流行りましたが、向き合いすぎると生きていけない、ある程度スルーできる方が楽しく生きられる、ということはあると思います。それでもどうにも避けられないものというのもあったりしますが。

百均@B-REVIEW ON/ (2018-02-21):

もう既に色々書かれていると思うのですが、ストーレートに感情揺さぶられました。僕自身が、色々ごまかしながら書いてしまう人間だからかもしれませんが、一人の書き手として眩しい作品だなぁと思いました。初めて書かれた物として、いい意味で無垢だと思いました。

IHクッキングヒーター(2.5kW) (2018-02-22):

百均さん 誤解を恐れず書けば、若さへの憧れ、みたいなものですかね。感情を揺さぶられたというのは嬉しいです。ありがとうございます。

投稿作品数: 1