作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車



詳細設定を開く

旅路

 ウタ
 4   734.2   0   0 

足元には泥沼が支配し 一歩進むたびに重みを増していく 前方からは吹雪が猛威をふるって 私の前進をただひたすらに阻もうとする 後ろを振り向けば掻き消されたような 茫漠とした闇が広がっているだけだ 左右を見渡しても道を選択する立札など 当然立っている......


テキスト
作成日時 2020-01-10

あい

 黎
 10   921.3   0   0 

指先に燃え移った筆先の赤 稜線を伝うままに目が悪くなる。 潜り込んでしまった甥っ子の寝息 その一言が歩けなくなる。 肺の奥、鱗のすき間、 それらは寝床であった 後ろ足の硬直であった と 思い出した、水の薫る強風の、瞬き 盲導犬の頬の中 ......


テキスト
作成日時 2020-01-10

でも、さようなら

 Sunano Radio
 0   407.3   0   0 

哀しみはさっきよりはっきりと増していて、嫌な思い出を辿るときみたいに足どりはずっしりと重たくなる。返事に窮するときの喉の痛みはとても子供じみていると思う。だからわたしは余計に悔しくて哀しくなる。 "男"がわたしを呼ぶ声がする。 ......


テキスト
作成日時 2020-01-12

違う理由を言えますか

 玄関の人
 3   868.1   0   0 

y氏(コンプライアンス上の都合によりその様な表現に差し替えさしかえてます)につぐ学校という教育施設に関する反骨精神に基づいた意見である事深く謝罪申し上げます。今後こう言った批判精神に曲解した故人的解釈の公開に関して重々自重させて頂きます。然し乍ら、私の五感はそ......


テキスト ビーレビ杯不参加
作成日時 2020-01-05

そばにいて

 Mar-to
 0   468.8   0   0 

君は、あの空を覚えてる?僕ら、はぐれてもまた再会すると信じて疑わなかったんだ。それぞれを生きていくなんて知り得なかった。だから、見つめた太陽が沈むまで黙っていた。本当はみんなそうなることを知っていたのかもしれない。ただ一人、僕だけが「永遠」を盲信していたのかも......


テキスト
作成日時 2020-01-10

習作5.モンタージュとしての彷徨

 芳川初子
 0   401.5   0   0 

Ⅰ  あらゆる言葉はおまえのために生まれたわけじゃなく、しかしそれを知っていながら、よく懸命につかまえようとするものだね。そんな性情のおまえの黎明、あるいは低徊を、坊間が認める必定は決して無いけれど。  おまえの詩は決して多くの人に愛誦されるものでない。た......


テキスト
作成日時 2020-01-10

meow.meow

 peace.pot.microdot
 3   684.1   0   0 

遠くの山の稜線に引っかかっているその日最後の陽を眺めているようなそんな気分だよ 君の話を聞くということは 愛と憎しみは同義で僕をまた罠にはめようと企む 深い地底湖の底には真っ白なままの骨が沈んでいて僕のことをずっと待っている 全ての人は草 その栄光は花......


テキスト
作成日時 2020-01-07

冬、息絶える

 元澤一樹
 2   824.6   0   0 

生命維持装置の空回るローターは 青臭く、また、緩やかに生温かい 宗教上の理由で太陽を殺したこの惑星の僻地には 輪郭のぼやけた月が一日中浮かんでいて 不気味なほど手入れの行き届いた無菌室の 別段硬くもなければ柔らか過ぎない 殺菌処理されたスチールベッ......


テキスト
作成日時 2020-01-02
投稿作品数: 187