金木犀 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

B-REViEWは終わった

詩を愛するすべての方へ

詩投稿サイトは終わったのか、そもそも始まっていたのか、ただひとつわかっているのは、作品をとおした交流が求められているということ——

沙一

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子 アーティスト

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

金木犀    

季節の変わり目が嫌いだ やっと夏に慣れてきたところだった 私の家の庭には何も無い 雑草もすべて除草剤で枯らしている 家の周りの2キロ圏内 春には土手に桜がさいて 夏にはどこかに庭に ひまわりがさいている あまりにもバランスがよすぎて 気味が悪いくらいだ 香りはなぜ嫌な記憶しか運ばないのだろう 学校であいつらに呼び出されて 無視して帰宅していたときの香り こんな日々があと2年も続くのかと 明日はどうなるんだろうと そんな記憶しか思い出せない ブロック塀を爪で撫でながら すぐ先にある掘っ立て小屋にいる 野良猫に会いに行った ちょうど雨が降ってきたから ずっとここに居ることができた 私には彼女が必要だったが 猫は私に興味などない 明日はどうすればいいんだろうね と、話しかけながら撫でた 彼女は迷惑そうに 激しく首をふっていた 雨がやんで、小屋の屋根から 雨水がポタポタと落ちてくる 2人でずっと見ていた やがて猫はどこかへ行ってしまった ここは私の場所ではない 鍵を探すため補助バックをあさる 冷たい鍵が手に触れて 立ち上がり小屋を出た 次の日の朝 激しい下痢がやっと止まって 少し遅めに学校に着いた 昨夜見た悪い夢のように 笑えるくらい その通りのことが起こった 私はあいつらに興味などない そんな気持ちを裏切るような この香りや、悪い夢、下痢症状 不快だった 教室中の机や椅子を蹴り倒し、 何を叫んだかは覚えていない そんなことだけで あっさりと全てが終わった そんなことをした自分が嫌いだ やっと今の生活に慣れてきたところだった 私の家の庭には何も無い 雑草もすべて除草剤で枯らしている


作成日時 2022-09-23
コメント日時 2022-10-11

金木犀 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 908.8
お気に入り数: 1
投票数   : 3
ポイント数 : 0
項目全期間(2022/12/01現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:908.8
2022/12/01 06時51分19秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

金木犀 コメントセクション

コメント数(19)
作品へ
(2022-09-23)

なんでも、嗅覚を司る大脳辺縁系は他の感覚よりも扁桃体に近いだとかで、臭いは嫌な記憶と結びつきやすいらしいですね。 この作品の肝はなんといっても >私の家の庭には何も無い 雑草もすべて除草剤で枯らしている ですね。これが前半では話者の人格(几帳面?無駄が嫌い?)を想像させ、後半では在学中の嫌な記憶から逃れようとする身振りを表しています。 家と学校というある意味で閉鎖された場に閉じこもる/閉じこめられる話者が物悲しいですね。

1
つつみ
&さんへ
(2022-09-24)

コメントありがとうございます。物悲しさだけで作ったので、それが伝わりより悲しい気持ちが増してなんとも言えない気持ちです。ありがとうございます。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-09-25)

太陽を憎く思うような、自然への拒絶が、日常の不幸と連動して凍える淋しさです。サボテンでも植えるといいかも。石を並べてみる、とか、私は若い乱れていた頃、太古の年月の悠久を思わせる石が安楽を感じました。パワーストーンは真実です。、、除草剤の殺意を感じます。

1
エイクピア
作品へ
(2022-09-25)

草や野良猫、カツアゲらしき記憶。庭に何もない、除草剤の作用。自分の決意、意志の発露は全てを解決する訳ではないのかもしれませんが、その発散が次に繋がる契機となるのかもしれません。

1
つつみ
湖湖さんへ
(2022-09-25)

コメントありがとうございます。何故太陽が昇るのでしょう。ずっと夜なら良いのにと思います。私は自分を不幸だとは思っていません。私に襲いかかるものは全て自分で消せると思っています。しかし、感情を態度で見せるという醜いことはしたくなかった。 どんなに暑い場所でも花を咲かせるサボテン。怖いです。 私は決して乱れているわけではないのです。パワーストーンの店、見たことがあります。色々な効能が書いてありました。何故人はこの石を自然界から掘り出してしまったのでしょう。石の居場所はこの店でよいのだろうか。人間につけてもらいたかったのか。真ん丸に磨いてほしかったのか?そのようなことばかり考え店をでました。 除草剤をまき、全てを枯らす私が言うべきことではないのですが。自分を守るために自然のものに頼るのに抵抗があります。

1
つつみ
エイクピアさんへ
(2022-09-25)

コメントありがとうございます。自分の決意については、ここ最近少しずつはっきりできているような気がして、それは、エイクピアさんのおっしゃていただいているような『カツアゲらしき記憶』があったからこそなのですが、金木犀の香りを感じる季節には、あの時の、決意もなにもない自分に戻ったような気がして憂鬱です。自分の意志の発露というのは難しいものですね。自分は自分、他人は他人。『発露』しなくても、自分の中の芯のようなものがもっとしっかりしていれば、わざわざ香りごときに揺らがなくても済むのですが。

0
湖湖
湖湖
つつみさんへ
(2022-09-26)

そうですか。若い頃、シクラメンの花がティッシュに見え、花も汚い、という感覚や酷いショックの時に満天の星空が空虚な和紙のように見えたこともあります。虐めにあったり、家庭不和やDVが酷かったりすると、全てを憎んだり、それが矛盾的であってもなってしまう苦しい状態に人は置かれることがあります。私は逃げ場に森や清流を空想しましたが。月の裏側に住む幻想や。世の苦しみは人、それも誰か、特定の人、であることが多い気がします。でもそれが世界になってしまう弱さが人にはあって、虚無感や自殺願望や憎しみ、世界を呪う気持ち、安らかさを追いかけてくださいね。自分を愛するために自分を守るのが先決です。他害によって傷つきすぎるという自己否定や人間疎外を羽根布団のようなもので労わって。

2
stereotype2085
作品へ
(2022-09-26)

街頭のパブリックビューイングで、BUCK-TICKの「GALAXY」が流れていて、VOの櫻井さんが「真夜中君は夢見て泣いている。何も悲しいことはない」と歌っていたのですが、誰も目に止めることなく足早に歩いていました。ただ僕だけが路上に立ち止まり聴いていました。この作品とそのエピソードで合致するのは、悲しげな「夢」だけですが、筆者様の悪い夢は悪い夢のままであればよいのにと願いました。悲しいことは何もない。そんなことを僕はビーレビのサイトで一つ足を止めて書き留めておこうという気持ちになりました。

1
つつみ
湖湖さんへ
(2022-09-26)

コメントありがとうございます。私、前回の湖湖さんへのレスは、湖湖さんに嫌われてしまうであろうと思いながらも、正直な気持ちを書きました。今回の詩は、私の中のかなり深いところを書いていたので、コメントでも嘘をつきたくなかったんです。それでも、湖湖さんは再度コメントを残してくださった。しかも今回の湖湖さんのコメントは、私でもよくわかっていなかった深いところをストレートに突いてくださっていて、思わず涙が溢れました。 >それも誰か、特定の人、であることが多い気がします。でもそれが世界になってしまう弱さが人にはあって、 ここですね。そうなんです。今回の詩は色々なものに例えられていますが、特定の人について考えていたら浮かんできた詩で、それは父です。 今までも父のことについて書いた詩はあるんですが、また色々と心境の変化があって。 父は人付き合いが苦手で、とても短気で、頑固な人でしたが、とても優しい人でした。仕事が嫌でたまらないみたいでしたが、それでも家族のために63歳まで1度も転職せず、私達が結婚するまで養ってくれました。私は本当にいつも感謝しています。 しかし、63歳で脳出血を起こして、障がい者になってしまいました。第2の人生のために、父が色々と計画していること、お酒を飲みながら楽しそうに、私に話してくれていました。それが全て叶わぬ夢となってしまいました。 少しお金の話になり申し訳ないですが、父がもし、亡くなったら、死亡保険金がおりるし、家のローンも弁済制度で無くなります。しかし、父は気管切開して胃ろうもしていますが、昏睡状態ではない。人工呼吸器で生きているわけではない。つまりこれは一般的にいう延命処置ではない。 父は、私達を育てるのに、母を支えるのに精一杯で、貯金はほとんどなく、家のローンもまだあと20年残っていました。 本当にお金のことは、色々な情を捨てないと解決しないことばかりで。私はご先祖様のお墓にお参りした後、父の気持ちを1度、自分の心から追い出すことにしたんです。 『高度障害認定』を受けるための診断書を主治医に書いてもらうこと。これが母が生きるために必要な手続きでした。私はこの手続きを数ヵ月に渡り淡々と行いました。父の気持ちはお墓に置いたまま。結果的に家のローンは無くなり、多額の保険金も入ったので、母の生活は守られることになりました。 しかし、再びお墓を訪れた時、私は泣き崩れてしまいました。父の気持ちを思ったから。診断書の内容は思っていたよりもショックな現実だった。生きる人を守らなければならないけど、私はお金のために、父を精神的な死に追いやるような書類を残し、現実にしたんだと。 しかし、そのような気持ちに駆られたところで、自分が悲しんでいてもなにも良いことはありません。頑固で短気な父でしたから、リハビリを嫌がり、自分から積極的に回復していこうという姿は見られなかったし、私達も鼓舞するほど、寄り添うことができなかった。本当は1発殴ってでも、『このままではお父さんの人生終わるよ?!』と言ってやれば良かったのかもしれません。 昼間は、そういうわりと強気な気持ちでいて、生活も、旦那や子供のことで手一杯でしたし、自分のことも忙しいのでやり過ごせていました。 でも、どうしても夜だけが駄目なんです。 父がいつも怒っていて、時々一家心中的なことを起こそうとする。そんな夢ばかり見るのでした。 そういった矛盾やどう言い表して良いかわからない気持ち。そしてこんなことを母や妹には絶対に言えません。悲しむから。 でも、今回の詩をビーレビに書いて、少し救われたというか。コメントがひとつもつかなくていいから、この詩を書けたことで少し楽になりました。それどころか、湖湖さんから頂いた、2回目のコメントを読んだことで、ここまでの文章となるくらい、心の中に渦巻いていたことが言葉にできたことがとてもありがたいです。 本当は、『何故この詩を書いたか』なんて話さない方がいいと思っているのですが、今回はごめんなさい。でも、ほんとうにありがとうございました。

3
つつみ
stereotype2085さんへ
(2022-09-26)

コメントありがとうございます。 >真夜中君は夢見て泣いている。何も悲しいことはない そうですね。今回の場合は、『悲しい』で良いのかなと思っています。あちこち矛盾しているかもしれませんが。悲しいことを認めることで楽になるというか。 どなたかのレスでも書いていますが、私は不幸だとは思っていなくて。先ほど湖湖さんへのレスで全てを書いておりますが、今回の詩に関しては、昼は『悲しい』と思っていないはずなのに、夜の夢や体に何かしらの影響を与えてしまっていることへの矛盾について、『何故?』と疑問に思っているような感じでした。 そんな気持ちを何かに例えてこの詩を書いたとき、『悲しい』でいいのかもしれないと思いました。父と現実では意志疎通できていないけど、もしかしたら、夜だけ父の悲しみが私に疎通して、父が楽になっていればなぁとまで思います。 音楽の話に戻りますが、私はここ数年、夜の夢や色んなことで眠れなかったときに必ず聴く曲があります。その曲を聴くと必ず安堵してまた眠りにつくことができます。音楽の力はすごいと思いました。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2022-09-26)

大変な問題を抱えてご苦労なされたんですね。苦しみと共に生きていても詩を書くことが杖のようになることは私もあります。こちらこそ丁寧にご返信くださりどうもありがとうございました。

2
三浦果実
作品へ
(2022-09-27)

なんだろう、読んでいる途中、ところどころでちょっと稚拙な書き方だなあと感じながらも、とてもいいものを読んだ気になりました。何か持っている書き手さんだと思う。

1
つつみ
三浦果実さんへ
(2022-09-27)

コメントありがとうございます。ただ思ったことを書きました。いいものかどうかはわかりませんが、書いた後は自分自身救われた感じでした。

0
如月
如月
作品へ
(2022-09-27)

私はこの詩が本当に好きだという事を先に伝えさせていただきます。 最初はあまり刺さらなかったのですが、読んでいくうちにクセになってくる良さがあると思います。 ここから詳しい感想を述べさせていただきます。 書きたい事だけが書かれている。初見でまずそう感じました。 私は、文の美しさのためなら本心じゃ無いことや現実じゃ無いことも書いたりしても良いと思っていたのですが、この詩を読んで、矛盾こそあれど嘘をつかない詩の魅力を感じました。 あまり内容の無い素人意見で申し訳ありません。

1
つつみ
如月さんへ
(2022-09-28)

コメントありがとうございます。 >書きたい事だけが書かれている。 確かにそうです。 ただ、この詩自体はフィクションで、私の中で思ったこと、感じたこと、悲しみを何かに例えているので、嘘といえば嘘になるのかもしれません。 しかし、心の中の渦巻いたものを全て吐き出しているので、そういう意味では嘘ではないといえます。 かなり強い感情で書いているので、詩としては巧くなく、敢えて推敲もしませんでした。例えばすごく腹が立って、誰かに感情むき出しで話すとき、私の場合、言葉の使い方がおかしくなったり、言ってることが矛盾してたり、かんだりします。 それをそのままにしたかったので、このような形となりました。 今回の場合、そのような経緯があるため、この詩を好きと言っていただけるのは、少し恥ずかしい気もしますが、やはり嬉しいです。ありがとうございます。

0
てんま鱗子(揶白)
作品へ
(2022-09-28)

とても心にぐさっと来る詩でした。心地良く受け止めています。

0
つつみ
てんま鱗子(揶白)さんへ
(2022-09-28)

ありがとうございます。

0
エイクピア
作品へ
(2022-10-10)

不快なのは、私と彼女と猫の三角関係から来るものなのかもしれませんが、この詩では「あいつら」の存在がキーとなるようです。あと「香り」ですね。物に対する八つ当たりは、さらに自己嫌悪が深まっただけなのかもしれません。

0
つつみ
エイクピアさんへ
(2022-10-11)

コメントありがとうございます。色々とエイクピアさんが想像していただけたことがとても嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1