夜空に連れて行ったのは「僕ら」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

夜空に連れて行ったのは「僕ら」    

卵を割り黄身をコップに落とす。白身はトロリと分離して流しの底へ。 飲み干す卵黄が喉に触れながら胃袋に落ちる時、目眩を起こすほどの彼女の恍惚が聴こえる。入道雲が見えるビルの一室から始まるのは、分裂気質の男が見せる祝宴。 瞼を開いては目の前にある合わせ鏡を見てる。その奥に立ち去るのは眼帯の少女。帰る気配はない。 ≪shake hands≫ずっと昔に大切にしてた≪touch your brain≫「僕ら」という一人称、砂を噛むように消える。 一人きりで見上げた濃紺の空は、沈む気持ちを包み込んでバターみたく溶かし、胸に蕩けさせ少女を呼び戻す。 ≪keep diving inside≫。不規則に変化する信号。行き来する迷い子の車。夜行性の人々。時に行き場を見失ったのは君だけではない。≪keep diving inside≫。 傷だらけの手にリストカットの痕。泣き腫らした瞳。夢を見たあとで苦し紛れに泣き喚いたのは児戯さ。 ≪shake hands≫置いてきぼりにしてた君の癇癪のあと≪touch your brain≫「僕ら」という言葉がまた夜を泳いでいく。 二人で肩を並べ数え上げた、試験管の向こうの星屑は今にも砕けて弾けそうで、君の気持ちを掬いあげて。 ≪keep diving inside≫。ヤリタイコトヲヤリタイヨウニ。ジユウナスガタデアリノママニ。ソコニアルベクシテ存在シテ。コワレルママニマカセテ。≪keep diving inside≫。 僕らは痺れたまま空を仰ぎ、無数の亡き人の、ドラマと呼ばれる時間の果てに情愛を注ぎ込んで、瞬いて。 僕らは壊れた一人称を探してはつまずいて。拠り所のない感情の行きつく場所を見つけ出し、透明な色に染まりゆく。無数の亡き人の。無数の亡き人とともに。 ≪keep diving inside≫。砂がジャリと口元から零れていく音。 規則正しく整った呼吸音。 目まぐるしい時間に一呼吸。 赤子のようにぐずっていた僕はどこか、 知らない場所へ。 ≪can I touch your brain?≫。

scroll


作成日時 2021-10-01
コメント日時 2021-11-11

夜空に連れて行ったのは「僕ら」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 748.0
お気に入り数: 1
投票数   : 6
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:748.0
2021/12/02 09時40分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

夜空に連れて行ったのは「僕ら」 コメントセクション

コメント数(8)
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-10-01)

なんとなく、人肌を思いました。しょぼん。(´・ω・`) 個人的には英語を使うより日本語で全部勝負したほうがいいような気もしますが。カタカナ語もそうですが。古い人間なので。

1
stereotype2085
湖湖さんへ
(2021-10-01)

湖湖さん、コメントありがとうございます。僕も普段、英語を使った詩には懐疑的で、自分も英語を使う時には慎重になるのですが、今回はならなかったですね。なぜでしょう。理由は今のところ分かりません。こういう詩も時にいいのではないでしょうか。

0
エイクピア
作品へ
(2021-10-01)

ああ、いきなりロッキーのトレーニングの場面が思い浮かぶのですが、白身と黄身を分離するとは、ちょっと清新です。眼帯の少女でアニメチックだと思ったのですが、詩文のそつのなさからあまりそんな感じはしません。英語のフレーズが矢継ぎ早に出て来て歌のタイトルかとも思ったのですが違うようです。リスカの跡などはステレオタイプの常識的な内容かもしれませんが、詩文の緊迫感がそう言った考え方を許さないような。でもやはり読み進めて行くと、英語の歌詞を翻訳した詩文が引用されているのかとも思いました。

0
うたたね 宥樹〔記〕
作品へ
(2021-10-01)

作詞家・三浦徳子を彷彿とさせる挿入される英文フレーズのリズムが、とても興味深い音楽的な作品と感じました、意味の世界との距離を上手くとりながら流水プールに揺られているような心地です。

0
stereotype2085
エイクピアさんへ
(2021-10-01)

エイクピアさん、コメントありがとうございます。僕も書いていてついロッキーを思いだしてしまいました。笑えてしまいますが。詩文の緊迫感とそつのなさから常套的な印象に「陥らなかった」とすれば、それに勝る評価はありません。英語。なぜ使ったのか考えたのですが、コピーペーストのように切り貼りされる記号的で機械的な印象をその箇所箇所で表したかったのかもしれません。

0
stereotype2085
うたたね 宥樹〔記〕さんへ
(2021-10-01)

うたたねさん、コメントありがとうございます。今作は意味よりも音やイメージに読み手を誘い出したかったので、意味の世界との距離を上手く取っている、との評は嬉しいです。三浦徳子さんについて詳しくないのでより調べてみたいと思います。一先ずはこの詩の目標、着地点の一つ、流水プールに揺られているような「心地良さ」を感じてくれたとしたら、この詩は幸せ者だなと思います。

1
エイクピア
作品へ
(2021-11-10)

不断に繰り返される英語のフレーズがポイントだと思いました。卵のエピソードは古事記の国生みの話とも映画のロッキーのトレーニングのエピソードともとれます。眼帯の少女がボクシングの試合の幻の様に現前する。ボクシング試合の結果の様に。リストカットや泣きはらした後の瞳。メンヘラ少女とは即断できないにしても、地獄の亡者、煉獄のエンマ大王、壊れた一人称は何を意味するのか。他人の脳に触れることの意味。

0
stereotype2085
エイクピアさんへ
(2021-11-11)

エイクピアさん、二度目のコメントありがとうございます。他人の脳に触れるとは、ある意味では共鳴、共振の最終型とも言えるのではないでしょうか。唯脳論的と言いますか、ただそこに脳がある、とだけ考えると情緒も詩情もなくなるかもしれませんが、分かち合う喜びの未来形、進化型とも言えるかもしれません。「can I touch your brain?」

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3