それでも「僕ら」と呼ばれた時代に戻りたい - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



批評対象
作品を読む

それでも「僕ら」と呼ばれた時代に戻りたい    

<批評対象作品>
夜空に連れて行ったのは「僕ら」


 私は詩を読む時、つい意味を追求する癖がある。ところがこの詩は意味など分からなくても心地よく脳内に染み込む詩だった。今回は普通のコメントではなくどうしても推薦文を書きたかった。そのためにはそれなりの理由がなければならないと思うので私なりの推薦理由を述べたいと思う。  まず、日本語と英語、カタカナのバランス、タイミングがこれ以上でもこれ以下でもないというくらいバランスが良い。読み手の感情に訴えかけてくるものがある。わざとらしくもなく、勿体付けてもない。 大切にしていた言葉、強調したいセリフが英語になっている。 ずっと昔の「僕ら」の時代。大切にしていた >≪shake hands≫ >≪touch your brain≫ これらの言葉が「僕ら」と共に消えていく様子が儚い。 それでも、 >一人きりで見上げた濃紺の空は、沈む気持ちを包み込んでバターみたく溶かし、胸に蕩けさせ少女を呼び戻す のは、何度も繰り返される と、どこか温かい表現で「一人」になった僕を、君を支えているのは >≪keep diving inside≫ の精神なのだろう。目まぐるしく変わる環境に於いても、常に自分を見失うことなく、自分であれと。 しかし、ここで面白いのが、第四連で再び戻ってくる >≪shake hands≫ >≪touch your brain≫ だ。成仏できないでいる亡霊が現世を彷徨っているようだ。そう簡単に「僕ら」は消えない。 >試験管の向こうの星屑 タイトルにもある「夜空」を飾る額縁が試験管というところが、決して広くなくでも二人にしか見えない星空であることがわかる。「君」の苦しみや悲しみが星を砕くほどのパワーを持ち、もし砕けたとしても二人にキラキラと降り注ぐ風景が見たい。 第五連で具体的な≪keep diving inside≫の取扱説明書のような文章がカタカナで書かれているところがより意味合いを持ち素晴らしい。「僕ら」であることは温かく、安心であるけれども、見えない何かで縛られていたのかという気もする。 第六連では、まさに「僕ら」の崩壊。既にそこには無い「僕ら」を必死で探した後に行きついた場所。一人で佇む「僕」も「君」も「透明」になったのではない。 >透明な色に染まりゆく 染まったのだ。そこにはあらゆる苦しみや悲しみを乗り越えた跡が見える。無数の亡き人とともに。 最終連では、≪keep diving inside≫自分自身を静観する「僕」の様子が伺える。そしてきっと「君」も。 >≪can I touch your brain?≫ は、今まで相手に頼っていたこと、自分でできているかを問うている。  しかし、「僕ら」でいた時代があったから、独りでも生きてゆけるようになったのではないか。初めから一人で≪keep diving inside≫できる人間はそう多くないだろう。おそらく第一連、第二連は昔を思い描いている「僕」なのではないかと推察すると、やはり「君」の存在は大きかったに違いない。  コロナ禍で人々の触れ合いが薄れてきている。一人きりの部屋であなたが思い出すのは誰ですか?ソーシャルディスタンスなど気にせずに笑い合った仲間?どうしても寂しい夜に一緒に居たい大切な人?私はやはり「僕ら」と呼ばれていた時代に戻りたいと、この詩を見て強く感じる。



それでも「僕ら」と呼ばれた時代に戻りたい ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 2
P V 数 : 941.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0


作成日時 2021-10-01
コメント日時 2021-10-01

それでも「僕ら」と呼ばれた時代に戻りたい コメントセクション

コメント数(2)
エイクピア
作品へ
(2021-10-01)

私もこの詩を読んでコメントしたのですが、もう一回読んで見たい詩でした。キープダイビングのところはキープディヴァイディングと読んで居たりして、誤読が有った訳ですが、そういうことも含めてもう一回でも二回でも読んでみたい詩かと。

1
つつみ
エイクピアさんへ
(2021-10-01)

そうですね!お気に入りの曲を何度もリピートして聴くような感覚で読みたくなる詩だと思います。≪keep diving inside≫の解釈は少し難しかったですが、周りに左右されず自分のペースでって意味なのかなと。私も、日々の中で印象深かった出来事を英語にするような習慣、取り入れてみようかなと思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3